【お役立ち資料あり】「失敗しない」ベトナムオフショア会社の選び方とは?

【お役立ち資料あり】「失敗しない」ベトナムオフショア会社の選び方とは?

opengovasia」によると、2019年はテック企業、スタートアップ企業、スマートシティに後押しされ、ベトナムのIT産業が記録的な成長を遂げました。ベトナムはグローバルIT市場で台頭してきているため、アウトソーシングサービスを探している国内外の企業からの支持が高まっています。今回は、ベトナムの最適なオフショア会社を選択するための包括的なステップバイステップガイドをご紹介します。

※本内容をさらに詳しく解説したホワイトペーパー(日本語)は、下記にてダウンロード可能です。

Step 1. ゴールを明確に

意思決定は簡単ではありません。特にベトナムのような成長市場でのビジネスのためにITサービスプロバイダを選択する際には、明確で関連性のない目標は、物事をより混乱させる原因となるかもしれません。ここでは適切な目標設定に効果的なフレームワーク、「SMART」を紹介します。

「SMART」とは

• Specific – 十分に定義され、明確であるか。
• Measurable – ゴール達成に向けて、進捗状況を測る具体的な基準があるか。
• Achievable – 達成可能であるか。
• Realistic – キャパシティーを超えておらず、現実的であるか。
• Timely – 開始日や納品日など、明確に定義されたタイムラインがあるか。

ITアウトソーシングサービスを探すという点では、SMARTはアウトソーシングの優先順位、モデル、タイムラインなどに関する疑問を解決するのに役立ちます。その後、これらの洞察は、各プロバイダーが何を提供しているか、また、次のステップでベトナムの状況にどのように適用されるかと比較することができます。

Step 2. ベンダーリストの比較

コネクション
ベトナムにネットワークがある場合は有効活用するべきです。彼らにIT業界のことや、関連情報につい
ての見識を尋ねたり、サービスベンダーと直接的にアプローチするための支援を依頼することができる
はずです。コストカットにも繋がります。

Web検索
「Clutch」や「Crunchbase」、「Goodfirms」そして「Vinasa」など、ベトナムのトップITサービスプ
ロバイダーの情報を揃えたサイトを訪問して情報収集することが望ましいでしょう。
CMC Globalは、Vinasaから「Sao Khue 賞(Best Outsourcing Service in 2020)」を受賞しました。

コンサルティングベンダー
ベトナムのITパートナーと仕事をする前に、市場の詳細な理解を得るため、「ニールセン社」や
「マッキンゼー・アンド・カンパニー」が提供するレポートを参考にすれば、ベターなパートナー選択
をできるはずです。

弊社のホワイトペーパー及びブログ
弊社のホームページでベトナムのITサービス業界のインサイトを提供し、この分野で
培ってきたノウハウや経験を後悔しています。

*ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

Step 3. 都市の選択

ベトナムで実際にITサービスベンダーを探すことになった場合、どの都市をみていく必要があるのでしょうか。まず、誰もが知る主要都市であるハノイとホーチミン市には、ITアウトソーシングサービスプロバイダーが数多く存在します。特にホーチミン市は、ベトナムのシリコンバレーとして期待されているダイナミックな都市です。国家技術プロジェクトの一つである「サイゴンハイテクパーク」を設立しました。その背景には、政府の支援や安定した社会状況、GRDPの増加、恵まれたITインフラ、そして高い生活水準があります。

ハノイは経済発展が著しいベトナムの首都です。社会的・政治的条件は極めて安定しており、ビジネスを安全に発展させていくことが可能です。実際に、「Intel」や「Nokia」、「Samsung」のような巨大企業が、ハノイにオフィスや工場を置いています。

一方、ダナンは日本にとってメジャーなアウトソーシングのハブとして、台頭してきています。2017年には、ダナンのソフトウェア産業の売上高の47%を日本のIT企業が占めています。これからますます多くの企業がダナンを訪れ、事業展開していくことでしょう。

「CMC Global」は、上記で挙げた3都市を中心に事業所を開設し続けています。2019年にホーチミンとダナンに事業所の開設。今後もさらに事業所を増やし、ベトナムを代表するICTサービスプロバイダーになることを目標としています。