CMC Telecom社、フロスト&サリバン 「2022年ベトナムで最も競争力のある戦略を持つデータセンターサービス賞」を受賞

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

同社グループのCMC Telecom社は、米国大手リサーチ・コンサルティング会社Frost & Sullivan(本社:米国カルフォルニア州、以下「フロスト&サリバン」)が主催する「2022 ベストプラクティスアワード」の「2022年ベトナムで最も競争力のある戦略を持つデータセンターサービス 」を受賞しました。

同社グループのCMC Telecom社は、米国大手リサーチ・コンサルティング会社Frost & Sullivan(本社:米国カルフォルニア州、以下「フロスト&サリバン」)が主催する「2022 ベストプラクティスアワード」の「2022年ベトナムで最も競争力のある戦略を持つデータセンターサービス 」を受賞しました。

国際的に有名で権威ある賞

フロスト&サリバン賞は、地域や世界の市場で優れた成果を上げた組織を表彰する国際的な賞です。通信、技術、金融、銀行、不動産金融、建築、消費、トレーニングなど19のビジネスカテゴリーを対象とし、約60年の歴史を持つ賞です。フロスト・アンド・サリバン社は、米国、カナダ、メキシコ、インド、中国、韓国、タイ、マレーシアなど、世界30カ国に45のオフィスを構えています。

フロスト&サリバン賞について(英語版): https://www.frost.com/about/best-practices-recognition/

1,200人以上のフロスト&サリバンの業界アナリストが独自にインタビューを行い、企業の市場パフォーマンスや業界への総合的な貢献度を評価し、比較検討します。セカンダリーマーケットプレイスの創設、評価、調査を行います。フロスト&サリバン賞では、参加企業は以下の基準や指標に基づいて、強い市場競争力を示すことが求められます:売上成長率、市場シェア、リーダーシップ能力、製品の多様性。

 

6つの "黄金の要件 "を打ち破る

フロスト&サリバンは、通信・技術分野のアワード「2022年ベトナムデータセンターサービス競争戦略リーダーシップ賞」について、会議、インタビュー、詳細な分析を行い、特に6つの厳格な基準に基づいて評価しました。戦略の有効性、戦略の実行、ステークホルダーの統合、競争力のある差別化、経営陣の連携、顧客サービスの経験という6つの厳しい基準に基づいています。この部門にノミネートされるためには、事業戦略、実際の価値、世界レベルのサービス基準において優れた実績を示す必要があります。

CMC Telecom社は、3ヶ月間の厳しい審査過程を経て、この名誉ある賞を受賞し、フロスト&サリバン2022で表彰された唯一のベトナムの通信会社となりました。同年、CMC Telecom社の戦略的投資家であるマレーシアのトップ2通信グループTIME dotCom傘下のデータセンター企業AIMSが、フロスト&サリバン社のデータセンター部門で主要な賞を獲得しました。

ベトナムのデータセンターのリーダー

フロスト&サリバン社のこのカテゴリーでの評価は、データセンターソリューションにおけるCMC Telecom社の市場リーダーとしての地位を継続的に裏付けるものです。CMC Telecom社は、これまでに3つの中立的なデータセンターを所有しています。これらのデータセンターは、金融・銀行業界向けのPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)の支払いセキュリティ認定を受けたベトナム初のデータセンターです。すべてのデータセンターは、CDCE、CDCS、CDCP、CDFOMなどの国際的な資格を持つ、よく訓練された専門家や技術者のチームによって管理されています。

 

CMC Telecom社のタントゥアンデータセンター(ホーチミン市)はベトナムで最も洗練されたデータセンターです。2022年3月に正式にオープンする予定ですが、2021年12月、タントゥアンデータセンターは、世界で最も著名なデータセンター評価機関であるUptime Instituteから、データセンターマップシステムに関する世界的なTier3国際基準を満たしていると認められました。

 

今回の受賞について、CMC Telecom社のDCEO/CMOであるダン・トルン・ソン氏は次のように述べています。「フロスト&サリバン社の受賞は、ノンストップの努力、技術インフラの強み、サービス品質、競争力が評価されたものです。CMC Telecom社には、素晴らしい機能と顧客の信頼を得てきた長い歴史があります。今回の受賞は、CMC Telecom社の成功した開発戦略の証でもあり、データセンターサービス分野における同社のリーダー的地位を裏付けるものです」

2021年、インターナショナル・ビジネス・マガジンは、CMC Telecom社のデータセンターサービスを “Best Data Center in Vietnam 2021 “に選出しました

CMC Telecomについて

CMC Telecomは、ベトナムのケーブルシステムとしては初めて、東南アジアを経由して、A-Grid通信インフラネットワークと05海底ケーブルシステムに直接接続するCVCSバックボーンシステム(Cross Vietnam Cable System)を有しています(その他にも、AAE1、APG、A-Grid、Unity、Fasterの5つの海底ケーブルシステムに直結)。また、同社は現在、Tier III規格のデータセンターを3箇所所有しています。さらに、2017年12月に開設されたハノイの新データセンターは、ベトナムで初めて、かつ唯一のPCI DSS*(Payment Card Industry Data Security Standard)を取得したデータセンターです。

*決済カードを保存・処理する企業に義務付けられた規格。

Webサイト

https://cmcts.com.vn/