運輸

運輸

Road Management HUB(RMHub)プロジェクトは、 高速道路管理用に開発された追加拡張可能な最新のシステムです。 本システムは、気象情報、 監視カメラ 、 交通ロガーなどの路側デバイスから情報を収集し、オペレータ向けに視覚化することが可能です。 RMHub は多様なエコシステムで運用されており、 多数のプロトコ ルとデータ形式を使用してさまざまなシステムと通信します。

  • テクノロジー:クラウドネイティブ、 動体検知、 画像処理、 Docker、 Kubernetes メッセージキュー、 マイクロサービス、 Prometheus(プロメテウス)
  • プログラミング言語:Java
  • フレームワーク:Spring Boot、Angular 6、Bootstrap
  • 管理ツール:Jira、GitLab プロジェクト管理方法:ハイブリッド(ウォーターフォール、 アジャイル)
  • プロジェクトタイプ:プロジェクトベース
  • チームサイズ:35人月