ベトナム発の高性能顔認証システム
CIVAMS.Face(シーバムス・ファイス)

CMC Intelligent Video Analytics and Management Solution
顔検出・識別、性別・年齢判定、感情認識、入退室記録などに必要な機能を搭載したソリューション製品

CIVAMS.Face(シーバムス・ファイス)とは?

CIVAMS.Face (シーバムス・フェイス)とは、「CMC Intelligent Video Analytics and Management Solution – インテリジェントな画像処理技術を用いた映像解析・顔認識ソリューション」。つまり、顔検出・識別、性別・年齢判定、感情認識、入退室記録などに必要な機能を搭載したソリューション製品です。

「CIVAMS.Face」の開発の背景は、ベトナムの情報通信省が、新型コロナウイルス感染を防ぐため、IT・先端技術を応用したソリューションの開発要請がありました。

CIVAMS.Faceの特長

CIVAMS.Face(シーバムス・ファイス)は、顔認証システムを既存のIPカメラに接続するだけで使用可能です。
認識精度も99%以上かつマスク着用でも検出・認識可能、さらにナンバープレートの識別や動く対象物の検知も可能です。

既存のIPカメラ製品に設定するだけ使用可能

既存のIPカメラ製品に設定するだけ使用可能

アルゴリズム処理はクラウド上で行われ、既存のIPカメラに、当社開発のAPIを介して簡単に組み込むことが可能です。そのため別途専用のカメラ機器を必要としません。

99.88%の認識精度、マスク着用でも検出・認識可能

99.88%の認識精度、マスク着用でも検出・認識可能

4000枚の画像で99.88%の精度と0.2秒の識別速度をマーク。マスク着用の場合でも98.5%以上の精度で認識、最大8人の顔を同時に認識可能。ベトナム市場で最高クラスの精度を誇っています。

ナンバープレート識別や動く対象物の検知も可能

ナンバープレート識別や動く対象物の検知も可能

顔認識に加えて、自動車やバイクなどの登録番号標の認識、不審者の侵入、火災検知、既存の勤怠管理システムとの統合など、様々な業種で必要とされる機能にカスタマイズ可能です。

ユースケース

99%以上の高精度、10,000 IDの大容量データベースと0.2の高速認識により、
入退室管理、 従業員の勤怠管理、身元確認、不正検知、ナンバープレート識別など様々なユースケースに応用できます。

店舗にて、VIPなどロイヤリティの高い顧客を識別、顧客データを従業員へ即時に連携し、接客業務の品質・顧客満足度の向上を図る

店舗にて、VIPなどロイヤリティの高い顧客を識別、顧客データを従業員へ即時に連携し、接客業務の品質・顧客満足度の向上を図ることができます。

最大8名まで同時検出が可能。これにより、顧客のデモグラフィック(人口動態)をデータベース化し、マーケティング戦略に活用

最大8名まで同時検出が可能。これにより、顧客のデモグラフィック(人口動態)をデータベース化し、マーケティング戦略に活用することができます。

ホテルやオフィスのロビー 、ATMなどの公共スペースにて、ブラックリストに基づいた人物検知により、トラブルを事前に予防

オフィスのロビー や公共スペースにて、ブラックリストに基づいた人物検知、立ち入り禁止エリアへの侵入検知、トラブルを事前に予防することができます。

自動車やバイクなどのナンバープレートを認識し、出庫管理を効率・自動化。スピード違反した車両に対して、ナンバープレートを記録し、違反切符の即時発行も可能

自動車やバイクなどのナンバープレートを認識し、出庫管理を効率・自動化。スピード違反した車両に対して、ナンバープレートを記録し、違反切符の即時発行も可能です。

導入事例

勤怠・入退室管理システム

新型コロナウイルス蔓延防止のため、既存の指紋認証からCIVAMS.Faceによる顔認識の勤怠管理システムへ代替。
約1か月の運用で99.88%の精度を実証。従業員の新型コロナウイルス予防に有効活用されました。

勤怠・入退室管理システム

店舗にて顧客を識別し、接客品質・顧客満足度を向上

来店時の顔認証から、顧客管理システムに記録された対応履歴を、従業員に表示。
過去の接客で起きたトラブルやロイヤリティに基づいて、ひとりひとりに対してカスタマイズされた接客が可能になりました。

店舗にて顧客を識別し、接客品質・顧客満足度を向上

日本市場展開に向けて運用テストを開始

CMC Japanでも2021年7月から、日本市場への展開に向けて、「CIVAMS.Face」の試験運用を行っています。

現在、希望する企業さまへ「CIVAMS.Face」のデモを実施しております。
勤怠管理システムだけではなく、ロジスティクスやECの現場における物品検知や施設の防犯・火災検知、交通量の分析、ナンバープレート識別など、
ご希望に合わせたデモを実施させていただきます。

「Japan IT Week 2021【秋】@幕張メッセ」で、CIVAMS.Faceのデモをご体験いただけます!

2021年10月27日(水)~29日(金)で開催される「Japan IT Week 2021【秋】」にて、
CIVAMS.Faceのデモをご体験いただくことが可能です。

当日のデモでは、上記のような顔認証システムの他に、「侵入検知・警告」や「人物の移動経路の追跡」を実施する予定です。

会場にてデモ体験をご希望される方は、下記より事前アポをぜひご利用ください!

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan