お客様が抱える課題

ITエンジニアを確保できない

年々開発コストが上昇している

コロナ禍の影響で開発が遅延

CMC Japanは、開発コストや人材不足の課題を、柔軟に対応・解決

提供サービス一覧

オフショア開発

ベトナムオフショア開発&切り出し提案

デリバリー支援

エンジニアが常駐し、開発をサポート

契約窓口

ベトナムとのお取引が、日本国内で可能です

販売促進

日本・ベトナム間におけるサービスや製品の販売

ベトナム第2位のICT企業 「CMC Corporation」初の日本法人

CMC Corporationは、ベトナム・ハノイの本社のほか、ベトナム国内及び海外に10の子会社を擁し、システムインテグレーションサービス、ソフトウェア開発、通信・インターネットサービス及びICT製品の生産・販売等の事業を行っています。世界の大手ICT企業の主要パートナーとして、27年の実績を重ね、現在ではベトナムのICT市場で第2位の売上高を誇っています。

Webセミナー|【事例で解説】ストレスレスなオフショア開発を実現させるためには?

第2回ソフトウェア・アプリ開発展【秋】(Japan IT Week)に出展

Japan IT Week【秋】

▼概 要▼

10月28日(水)~30日(金)幕張メッセにおきまして開催されます、「第2回ソフトウェア・アプリ開発展【秋】」に出展します。

同展は、ソフトウェアやアプリの開発・保守・運用のための製品・技術が一堂に出展する専門展となり、毎年多数の企業の情報システム部門、ソフトウェア開発部門の責任者ならびに担当者が来場し、出展企業と活発な商談・受注を行っています。

弊社ブースでは、ベトナムオフショア開発の基本から成功事例の紹介、リスク回避のポイントなど、貴社のお悩みにお答えしながらソリューションをご提案します。

その他にも、弊社グループ会社が開発・運用している「顔・画像認証システム」や「SOC」サービスのご紹介する予定です。

オフショア開発拠点(CMC Global)について

オフショア開発拠点について

世界基準のITサービスをご提供

CMC Globalは、3000人の従業員を抱える「CMC Corporation」の27年に及ぶ実績・ノウハウを受け継いでいます。ベトナム主要3都市(ハノイ、ダナン、ホーチミン市)に開発拠点をもち、世界のお客様のプロジェクトを支え続けてきました。

日本では、従来型のオフショアサービスのみならず、スクラムなどアジャイル的なプロセスで、システム開発サービス及びサイバーセキュリティソリューションを提供します。

CMC Globalの紹介ビデオ:技術や人材、そして事例について

提供サービス一覧

01

従来のサービス

  • アプリケーションサービス
  • マネージドサービス
  • 移行
  • テスティング

02

DX

  • 人工知能
  • ブロックチェーン
  • クラウド
  • データ分析/ビッグデータ
  • IoT
  • モビリティ
  • ロボットプロセス自動化

03

コンサルティング

  • SAP ERP
  • SAP S/4HANA
  • MSダイナミックCRM

04

製品/ソリューション

  • インフラ・ ソリューション
  • インフラ・ サービス
  • テック及びソフトサービス
  • eGovソリューション
  • FSI Biz ソリューション
  • ENT Biz ソリューション
  • SMB

技術力を証明する認定資格

 

 

 

ベトナムの特長

安定した経済成長

政府がハイテク産業を支援

若く技術力のある人材

実績

circuit brande
corp zone
logo-lg-cns
logo-lotte
logo-oneconnect
logo-samsung
logo-systic
logo-yellow-pages

事例

【お役立ち資料】ベトナムオフショア開発入門書

これからベトナムオフショア開発を始めて検討される方に役立つ、

「【お役立ち資料】ベトナムオフショア開発入門書~ベトナムの『今』とオフショア開発のメリット・デメリット~」を無料公開!

ベトナムトップクラスのオフショア開発なら、CMC Japan

「CMC Japan」は、ベトナムの大手ICT企業「CMC Corporation」グループ内初の日本法人です。

CMC Corporationは、ベトナム・ハノイの本社のほか、ベトナム国内及び海外に11の子会社を擁し、システムインテグレーションサービス、ソフトウェア開発、通信・インターネットサービス及びICT製品の生産・販売等の事業を行っています。世界の大手ICT企業の主要パートナーとして、27年の実績を重ね、現在ではベトナムのICT市場で第2位の売上高を誇っています。

まずは常駐エンジニアから始める

ブログ