製品開発プロセス
Facebook
Twitter
LinkedIn

製品開発プロセスとは?ITプロダクトが成功するためのポイントを解説!

目次

はじめに

成長企業にとって、製品開発プロセスでは、効果的な製品開発計画を策定し、期限内に実施することが重要です。効果的な製品開発計画の立て方を知れば、企業は予算とリソースをより効果的に配備できます。

製品のコンセプト作りから市場調査、開発、テスト、ローンチまで、製品を開発の初期段階から進めていくには多くの段階があります。新製品をリリースする際には、失敗するリスクが非常に高いため、製品開発がなぜ重要なのか、そして成功のためになぜ製品開発プロセスを採用すべきなのかを理解すべきです。

この記事では、製品開発の概要やメリット、製品管理との違いなどをご紹介いたします。

関連記事

製品開発とは?

製品開発とは、新しく開発した、あるいはブランドを変更した製品やサービスを構想し、設計し、開発し、発売するプロセスのことです。製品開発の目的は、消費者のニーズを満たし、企業の市場シェアを拡大・維持することです。

製品開発プロセスは、新しい製品を提供する場合でも、古い製品を改良する場合でも、開発されるずっと前から始まっています。このプロセスには、最初のコンセプトの考案から、戦略的な計画、構築、市場投入、そしてパフォーマンスの分析に至るまで、すべてが含まれます。

今日の製品開発では、方法論もさることながら、製品を「どのように」開発するかということ以上に、「なぜ」「何を」「いつ」開発するかについて検討しなければなりません。プロダクトマネジメントやエンジニアリングから製品マーケティングまで、部門を超えた協力が必要です。お客様に喜ばれる製品を作り、発売し、改善するために協力することが使命と考えられます。

「製品開発」と「製品管理」の違い

製品管理と製品開発は、似ているようで、根本的に異なる概念です。

製品開発

製品開発とは、あるアイデアをコンセプトから市場に出すまでのプロセスを指します。ソフトウェア開発者、デザイナー、エンジニア、品質保証テスターなどが協力し、理想の製品を実現するために、製品開発チームに所属する場合もあります。

製品開発チームは、プロダクトマネージャーの要求を受け、会社の品質基準に適合する実用的な製品に仕上げます。

製品管理

一方、製品管理は、構想から販売まで、製品のライフサイクル全体を網羅する戦略的な機能です。プロダクトマネージャーは、企業のビジョン開発を支援し、提供される各製品がクライアントの要求と要望を満たすことを保証します。

市場調査や顧客調査を行い、消費者のニーズを要件に変換し、その要件が最終製品で満たされていることを確認します。製品企画を維持する仕事であり、製品を作る仕事ではありません。

製品開発の種類

製品開発には、破壊的、急進的、持続的、漸進的の4つのタイプがあります。

破壊的

現在の市場を破壊するような技術や、新しいビジネスモデルを位置づけるもの。

急進的

産業を変えるような技術革新や、新しい市場の創造につながるもの。

持続的

既存製品の大幅な改良で、市場を維持しようとするもの。

漸進的

既存の製品・サービスを段階的、継続的に強化するもの。

製品開発プロセスとは?

製品開発プロセスとは、企業が製品を構想から市場に投入するまでのすべての段階と定義できます。このプロセスには、市場ニーズの定義、市場調査、機会の可視化と検証、製品ロードマップの作成、実用最小限製品の構築などのサポート業務が含まれます。

ビジネス面では、新製品は企業が市場シェアを獲得し、成長するのに役立つだけでなく、新しい収入源によって経済的な安定をもたらします。製品の設計段階から、販売や流通の準備が整うまで、開発チームには何年もかかる場合があります。そのため、開発を成功させるためのプロセスを確立することが重要なのです。

製品開発プロセスを活用するメリット

新しいアイデア、製品、システムを導入する前に、徹底的に検証する必要があります。そうしなければ、新しいコンセプトはお金を失い、評判を落とす可能性があります。そこで、ビジネスでは製品開発プロセスを利用する必要があります。

コスト削減

製品開発プロセスでは、アイデアの可能性と既存の市場シナリオを評価し、組織における失敗製品のリスクを最小限に抑えることを目的としています。新製品を市場に出す前にその効果を確認し、コンセプトを市場のニーズに合わせたり、完全に捨てたりすることで、時間と費用を節約できます。

このような情報を手元に置いておくことで、可能性のないビジネスアイデアを防ぎ、長期間にわたって財務的安定性を維持するための秘密兵器として役立つのです。

顧客満足度

製品開発プロセスを通じて顧客満足度を向上させます。製品開発を通じて、お客様の要望を会社に伝えることができ、消費者インサイトと情報に基づいた設計や開発の決定が可能になります。

また、お客様の喜びは、企業のブランドロイヤリティを高めることにもつながります。

イノベーションの促進

新製品開発プロセスは、社内に新鮮なアイデアを生み出すきっかけとなるものです。新製品の実現可能性を検証するためのフレームワークを持つことができれば、その実現につながります。革新的な文化を発展させ、育てることは、会社と商業的な成功に不可欠です。

競争力の強化

競合他社と比較して、企業が消費者に製品を宣伝する能力を「競争的市場性」と呼びます。製品開発プロセスでは、特に競合他社の調査を実施し、企業の競争的市場性を高めます。

この調査は、現在の市場の選択肢やソリューションに存在するユーザーの悩みを処理する方法を決定する上で、企業を支援できます。

製品開発プロセスの6段階

一般的な製品開発プロセスは、6つのステップで構成されています。

アイデア創出

既存製品の更新や変更を含め、新しい製品の機会を継続的かつ体系的に探索することをアイデア創出といいます。目標は、市場のギャップを埋める新しい製品やサービスのコンセプト、あるいは既存の製品やサービスのアップグレードを考え出すことです。

効果的なアイデア管理手法の構築は、製品開発におけるアイデア出しの段階を通じて重要です。アイデアを収集し、レビューし、均一かつ透明性のある方法で採点できます。優れたアイデアは製品を前進させますが、それはアイデア収集の段階を越えて考えた場合のみです。企業や顧客のニーズを満たすために、アイデアを実用的なソリューションに重点を置くべきです。

ターゲット市場

製品を設計する際の顧客ペルソナは、ターゲット市場と呼ばれます。ターゲット市場を中心に製品コンセプトを構築するため、最初から知っておくことが非常に重要です。

製品アイデア

企業が市場に提供する可能性のある製品に関するアイデアです。

製品コンセプト

製品の品質、属性、性能は、すべて製品コンセプトの中で扱われます。

消費者は量より質を好むと考えられています。

製品機能

この段階では、製品の機能についての詳細なレポートは必要ありませんが、その機能が果たすべき大まかな概念は持っておく必要があります。製品の見た目や使い勝手、そして、なぜその製品を買いたくなるのかについて、考えてみてください。

SWOT分析

製品の強み、弱み、機会、脅威を分析するSWOT分析は、革新的なコンセプトのベスト版を設計するのに役立ちます。

これにより、製品が競合他社に差をつけ、市場の空白を埋められます。

製品定義

ビジネスケース(事業投資を行う理由や、その論理的根拠を記した書類)を完成させ、ターゲット市場や製品の特徴について話し合った後は、製品を定義します。

この段階は、スコーピングやコンセプト開発とも呼ばれ、製品戦略の微調整に重点が置かれます。

マーケティング戦略

開発者と経営陣は、新製品の主要な差別化ポイントを調査し、その概要を説明します。このステップを誤ると、製品化までの時間が長くなったり、市場のニーズを読み違えたりする可能性があります。

このステップは、チームの人員が揃う前に行われるため、製品開発戦略との整合性が非常に重要です。

事業分析

どのような組織においても、変革をもたらすプロジェクトを開始する前に、事業分析の段階から始めることが重要です。このプロセスでは、事業分析が、組織がステークホルダーに提供する価値を最大化するためのソリューションを特定し、定義します。類似製品の調査や競合分析、Eコマースを含む流通戦略の立案などを行います。

価値提案

価値提案とは、その製品が解決する問題の解決策です。市場に出回っている類似製品とどのように差別化できるかを考えてみましょう。この数値は、市場調査やマーケティングプランの確立に役立てます。

プロトタイピング

プロトタイプの段階では、チームは製品に関する広範な調査と文書化を行うとともに、より完全なビジネスプランを策定し、それを構築していきます。

この工程は、新製品の市場リスクを低減するために非常に重要です。

実行可能性の研究

新製品の実行可能性の研究とは、マーケティング担当者、営業担当者、製品開発担当者が次に何をすべきかを決めるために、予測分析を行う市場調査手法です。

市場リスク分析

製品が物理的に開発される前に、その製造に関連する潜在的なリスクを評価すべきです。製品の発売が後々までずれ込むことも予防できます。また、リスクを予測・管理でき、危険性がチームに伝達されることも保証されます。

MVP(Minimum Viable Product/実用最小限製品)

MVP(Minimum Viable Product/実用最小限製品)とは、プロトタイプ段階の最終成果物で、必要な機能をすべて備えた完成品と考えられます。MVPは、開発工程の早い段階で、初期アダプターの顧客を引き付け、製品コンセプトを検証するのに十分な機能を備えた製品です。MVPを作成することで、必要な機能をすべて構築するよりも早く製品を発売し、より迅速なフィードバックと最適化できます。

関連記事:

製品設計・開発

このフェーズでは、製品設計と製品プロトタイプの改良に焦点を当てます。多くの場合、顧客とプロトタイプのアルファテストを行い、顧客のコメントをプロトタイプに反映させるというプロセスを繰り返していきます。

フレームワーク開発、依存関係計画、スプリント、品質保証などの活動を通じて、製品実現のためのさまざまな部分が発生します。この製品開発プロセスの第4段階は、一般に「開発」と呼ばれます。プロジェクトが進むにつれて、製品に固有の技術文書が開発されているはずです。

製品設計を成功させるためには、何度も繰り返して完成度を高め、必要な情報やフィードバックを得るためにステークホルダーとのコミュニケーションが必要です。

確認とテスト

新製品を発売する前に、まず検証し、テストする必要があります。これは、一般消費者に配布する前に、制作から販売まで、製品全体が正常に動作することを保証するものです。

また、この段階で、顧客や市場から見た製品の妥当性を確認し、製品の財務モデルの実行可能性を判断もできます。

ビジネスケースに書かれる情報、そして消費者から学んだことはすべて、可能な限り「現実の世界」のシナリオで検証されます。この段階で、マーケティング手法の確認も行われます。ビジネスケースやプロトタイプに変更が必要な場合は、最終製品を市場に送り出す前の最後のチャンスとなります。

コンセプトテスト

製品コンセプトテストとは、顧客が購入したいと思う製品やサービスを導入する可能性を高める、初期市場調査の一種です。コンセプトテストは、実際に発売する前に、製品やサービスの考えやアイデアについて顧客に質問する調査プロセスです。その結果、発売前に顧客の受け入れ態勢や購買意欲を評価し、重要な意思決定を行うことができます。

フロントエンドテスト

フロントエンドテストでは、開発コードに問題がないか、フロントエンドの機能に消費者向けの欠陥がないかを調べます。この段階では、機能をテストし、本番稼動が可能かどうかを確認します。フロントエンドは、ユーザーが主に製品を操作する場所なので、この段階ではほかの種類のテストと同様に、特に注意が必要です。

テストマーケティング

最終製品の製造を開始する前に、マーケティングプランの機能性や間違いをテストしましょう。

これは、すべてのキャンペーンが適切に設定され、準備万端であることを再確認できるタイミングでもあります。

製品化

製品化とは、新しい製品やサービスを市場に投入することです。チームは、製品開発プロセスのこの段階で、市場デビューのためのマーケティングや販売計画など、完成した製品を市場に投入するために必要なすべてのことを実現します。この段階では、ターゲットとなる消費者に新製品を知らせるためのマーケティング戦略や、顧客になってもらうためのキャンペーンを実施します。

最終段階であるにも関わらず、多くの企業は製品を発売した後、顧客の意見や市場の発展に応じて時間をかけて製品を更新し、可能な限り最高の顧客体験を継続的に提供することを保証しています。

製品開発を成功させるための留意点

製品開発を成功させるためには、次の4つの点に留意する必要があります。

ビジョンから始める

すべては製品ビジョンから始まります。ビジョンとは、この製品に関する共通の目標に向かって皆を団結させるものです。ミッションは、製品の最終的な目的、誰のための製品なのか、ユーザーが完成するため、何をするのか、ということです。そして最後に、将来の仕事の指針を示します。

製品目標は、製品のビジョンとミッションを使用し、作成でき、測定可能なKPIまたはOKRに迅速に進化させることです。

製品ロードマップの構築

そして、製品チームは、取り組むべき主要なテーマに優先順位をつけた製品ロードマップを作成します。日付ベースのマイルストーンや目標を定義しますが、日付よりも価値の提供や製品目標への対応、主要な指標に対するパフォーマンスに重点を置く必要があります。

製品のスケジュール、スプリント、イテレーションはすべて簡単に制御できます。これにより、顧客、営業、サポートの間でフィードバックループを生み出し、新しい機会を発見し、欠点を強調し、改善のための領域を明らかにします。

消費者理解への投資

製品のユーザーの態度や行動を理解することは、大きな競争の利点となります。

開発初期のアイデア検証から、開発後期の実環境でのベータテストまで、開発プロセスを通じて消費者情報を含め、製品の現状と市場適合性を維持できます。

実験に注力する

デジタル製品は、テストの理想的な候補です。製品開発のイテレーションを迅速に行い、知見に適応できます。製品で実験する際は、大胆に行う必要があります。たとえばA/Bテストは、変更がユーザーエンゲージメントや離脱率にどのように影響するかを評価するために使用されます。

まとめ

製品開発プロセスでは、ブレインストーミングで考えたアイデアを実際の製品作りに反映させることが求められます。成功すれば、顧客が求める楽しい体験を提供しながら、新しい製品を生み出し続け、価値ある戦略を開発できるのです。

新しい製品を作るには長いプロセスですが、最終的なゴールに到達するまで続けなければなりません。製品開発の遅れは、時間、資源、収益、ビジネスチャンスに多大な損失を与えることになります。そのため、製品開発を継続するためには、設計・開発・テストの各段階において、ITオフショア企業 などの第三者からの支援が必要となる可能性があります。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

開発コストを抑えるなら、
ベトナムオフショア開発がおすすめ!

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next
顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発
Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

出典:

Altexsoft「実用最小限の製品:最適なタイプ、方法を定義し、シンプルな構築段階を踏む」https://www.altexsoft.com/blog/business/minimum-viable-product-types-methods-and-building-stages/(アクセス日時:2021年4月21日3時12分)

Qualtrics「実用最小限の製品:定義、戦略、例」https://www.qualtrics.com/experience-management/product/minimum-viable-product/(アクセス日時:2021年4月21日3時14分)

Clearbridge Mobile「実用最小限の製品を計画する方法:MVPテンプレートを含め」https://clearbridgemobile.com/planning-a-minimum-viable-product-a-step-by-step-guide/(アクセス日時:2021年4月21日3時15分)

Myva360「実用最小限の製品の11の優れた例」https://myva360.com/blog/examples-of-minimum-viable-products(アクセス日時:2021年4月21日3時16分)

ProductPlan「実用最小限の製品(MVP)」https://www.productplan.com/glossary/minimum-viable-product/(アクセス日時:2021年4月21日3時16分)

ClassicInformatics「実用最小限の製品:MVPの次に来るもの」https://www.classicinformatics.com/blog/minimum-marketable-product-after-mvp(アクセス日時:2021年4月21日3時19分)

Masterclass「実用最小限の製品:ビジネスにおけるMVPの4つの特徴」https://www.masterclass.com/articles/minimum-viable-product-explained(アクセス日時:2021年4月21日3時20分)

Incora「MVPを構築する8つの主なメリット」https://incora.software/insights/the-major-advantages-of-minimum-viable-product-mvp/19(アクセス日時:2021年4月21日3時23分)

Highlight Beta「単機能の製品」https://toolkit.highlinebeta.io/single-feature-mvp(アクセス日時:2021年4月21日3時25分)

Uptech「MVPを構築する:一歩ずつのガイド」https://www.uptech.team/blog/build-an-mvp(アクセス日時:2021年4月21日3時28分)

Netsolutions「MVP(Minimum Viable Product)構築のためのガイド」https://www.netsolutions.com/insights/how-to-build-an-mvp-minimum-viable-product-a-step-by-step-guide/(アクセス日時:2021年4月21日3時31分)

The Codest「MVP製品の構築を成功させるには?ソフトウェア開発の視点から学んだ教訓」https://thecodest.co/blog/how-to-successfully-build-a-mvp-product(アクセス日時:2021年4月21日3時32分)

Ferret「USP(Unique Selling Proposition)とは〜正しく意味を知って顧客を呼び込もう」https://ferret-plus.com/1675(アクセス日時:2021年4月21日3時33分)