ウェブサイトの最適化
Facebook
Twitter
LinkedIn

ウェブサイトの最適化:ウェブサイトに関する9つのよくある間違い

目次

はじめに

今日のeコマースでは、顧客が購入前にブランドのウェブサイトを訪問したり、オンラインで購入したりすることが多いため、良いウェブサイトを持つことは重要です。人々がウェブサイトでしばしば犯してしまう、SEOランキングや顧客体験を損なういくつかの間違いがあります。この記事では、それらの間違いを詳しく取り上げ、デジタルプレゼンスを高めるため、どのようにそれらを避けるかを解説します。

ウェブサイトの読み込みに時間がかかりすぎる

速く進める時代で、ユーザーの忍耐力も弱くなり、ウェブサイトが数秒で読み込まれることを期待し、読み込みに時間がかかるウェブサイトから離れるはずです。これは、もし低速のウェブサイトを持っているならば、知らないうちに大量の顧客を失う可能性があります。Googleは読み込みに3秒以上かかるサイトを好まないため、高速なウェブサイトは顧客体験に優れているだけでなく、Google検索エンジンで上位に表示されます。 

では、Webサイトの読み込みが遅くなる原因は何でしょうか?もし、ウェブサイトが3秒で完全にロードされない場合は、開発チームまたは第三者に問題を診断してもらい、ウェブサイトの最適化を改善するため、問題を解決してもらいましょう。

ポップアップが多い

訪問者のリードを獲得するために、人々はサイトでポップアップを使おうとしますが、この慣習はウェブブラウザにとって迷惑なものになります。自分の体験でも、ポップアップが表示された時、まず最初に、閉じるボタンを探すと思います。その上、ポップアップはウェブサイトの読み込み速度を遅くし、検索エンジンでのランクを下げる可能性があるので、ポップアップを使えば使うほどウェブサイトのランクが下がります。 

ポップアップがすべて無駄だと言っているわけではありませんが、オンラインでの買い物の過程において、顧客にとって関連性があり、価値のあるものであれば、合理的に使用すべきです。訪問者にお役立ち資料請求を表示することは、ポップアップの使い方として有効ではないと思えますが、チェックアウトページでの割引ポップアップは非常に効果的です。

明確なCTA(コール・トゥ・アクション)がない

CTA(Call to Action)とは、マーケティング用語で、マーケティング担当者がユーザーや訪問者に取って欲しい次のステップを意味します。CTAは、販売に直接つながることもあります。例えば、購入ボタンをクリックして販売を完了するよう読者に指示することもできます。単にその企業の消費者になるように、読者をさらに動かします。

陥りがちなのが、サイトに明確なCTAを設けていないことです。CTAとは、「メッセージはこちら」「お見積もりはこちら」「製品ページはこちら」など、ウェブサイトを閲覧する際に、訪問者が必要なものを見つけるため、何をすべきかを知るようなものです。せっかく製品に興味を持ってくれたのに、問い合わせができずに離脱してしまうことは、最も避けたいことです。

デザイン規範に反している

訪問者がウェブサイトにたどり着いた時、印象づけるのは最初の数秒だけです。デザイン性の高いウェブサイトは、訪問者との信頼関係を素早く構築し、閲覧を続ける動機付けとなるため、顧客の興味を引くために、できる限り魅力的なウェブサイト作りに努力を費やすようにしましょう。 

ここでは、Webデザインに取り組む際のヒントとは:

  • どのページも、内容が明確でわかりやすいものにする
  • 訪問者が直感的に製品を操作できるような導線をサイト全体に構築する
  • 標準的でないリンクカラーの使用を避ける 
  • 製品を紹介するために、質の高い写真を撮る
  • ブランドの美意識を表す適切な色を使用する

レスポンシブインターフェースなし

レスポンシブインターフェースは、お客様が使用するあらゆるデバイスにウェブサイトを適応させます。レスポンシブでないサイトは、PCではきれいに見えるコンテンツでも、モバイル端末では見づらくなってしまうため、すぐに放棄されてしまいます。近年、スマートフォンやタブレット端末によるWeb閲覧が急増しているため、デジタル社会で成長していくためには、レスポンシブサイトの導入が不可欠です。

ウェブサイトがシンプルではない

ウェブデザインでは、洗練されたデザインよりもシンプルさが勝ります。サイトやアプリで、ある機能がどのように動作するのかがわからず、離脱してしまったことはありませんか?多くの人は、自分のウェブサイトを芸術作品のように見せれば訪問者が感動すると思っていますが、実際には、訪問者は自分の生活を楽にするウェブサイトにのみ感動するので、難しくするのを避けます。ですから、ウェブサイトに不必要な機能やページを追加したり、不必要な画像やビデオを追加し、訪問者の気を散らしたりせず、顧客の購買行動に関連するものだけを表示しましょう。

文字表示のミス

このメッセージは読めますか?

ウェブ訪問する目的は、読めて納得できるコンテンツを楽しむのですから、見た目は良くても読みにくい芸術的なフォントは使わないでください。 

訪問者に焦点を当てたコンテンツになっていない

顧客が誰であるかを知ることは一つであり、さらに、重要なことは、その顧客に関連するウェブサイトのコンテンツを作成することです。ターゲット層にとって、価値のあるコンテンツを作成したら、Google Analyticsを使って、サイト内の訪問者の流れを追跡し、どのような種類のコンテンツが最も効果的かを確認できます。このツールにより、ユーザーは好みのコンテンツを把握し、それらに関連するものを作成できます。また、訪問者が希望するアクションを取らずに、離脱しているページを確認し、改善する可能です。 

チャットボットを使わない

多くの人がウェブサイトに追加するのを忘れている重要な要素とは、チャットボットがあります。チャットボットとは、ウェブサイトの訪問者が、ウェブサイト上で直接カスタマーサポートスタッフとコミュニケーションできるソフトウェアです。チャットボットは、パーソナル化された回答を提供し、関連製品を提案し、顧客を関連ページに誘導するなどの機能があります。チャットボットを使って自動回答を設定すれば、スタッフがよく聞かれる情報を素早く顧客に提供できます。

まとめ

人々は、ブランドについて初めて耳にした時、その裏側にある自社の実力を知りません。ウェブサイトは、顧客が信頼でき、マーケティングに応えているかどうかを感じ、訪れる最初の場所なのです。良いウェブサイトは、顧客に感動を与え、リードを獲得し、ブランドを構築するのに役立ちます。 

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

ウェブサイト開発もオフショア開発がおすすめ!
【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next
顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発
Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。