laravelとは

PHPのLaravelとは?特徴や向いているプロジェクト、使い方を詳しく解説

Laravelは、2011年にTaylor Otwellによって開発された、PHPのWebアプリケーション開発フレームワークです。Laravelは、シンプルな構文を持つため、コードの可読性やメンテナンス性が高く、開発者の生産性を向上させるという点から、PHPフレームワークの中でも非常に高い人気を誇っています。本記事では、Lavarelとはどのようなフレームワークであり、その特徴や向いているプロジェクト、細かい機能や使い方について詳しく解説します。

目次

1.Laravel(ララベル)とは

まず初めに、Laravelの概要について簡単にご紹介します。

 

Laravelは、2011年にTaylor Otwellによって開発された、PHPのWebアプリケーション開発フレームワークです。Laravelは、シンプルな構文を持つため、コードの可読性やメンテナンス性が高く、開発者の生産性を向上させるというメリットから、PHPフレームワークの中でも非常に高い人気を誇っています。

 

Laravelは、Web開発を効率的に進めるための機能が豊富であるため、Webアプリケーション開発に良く使用されています。例えば、自社ECサイトや予約サイトなどを設計開発する際に重宝されます。また、PHPフレームワークのSymphony(シンフォニー)が基となって開発されており、こちらのフレームワークに慣れている方にとっては、扱いやすいと感じられるかもしれません。

2.Laravelの主な特徴や機能

文章次にLaravelの主な特徴や機能についてご紹介します。具体的には、以下の通りです。


・MVCアーキテクチャ
Laravelは、MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャに基づいて開発されました。MVCアーキテクチャとは、アプリケーションの構造を分離し、開発を容易にする設計思想のことを指します。具体的には、MVCアーキテクチャは、ビジネスロジックを扱うモデル、ユーザーインターフェースを扱うビュー、そしてユーザーからの入力を処理するコントローラの3つの要素に分けます。これにより、アプリケーションの拡張性やメンテナンス性を向上させることができます。


・テンプレートエンジン
Laravelは、Bladeというテンプレートエンジンを提供しています。Bladeは、シンプルで直感的な構文を持ち、PHPコードを埋め込むことができます。また、テンプレートの継承やインクルード(あるファイルの中に別のファイルに記述された内容を追加する機能)もサポートしています。


・ORM(Object-Relational Mapping:オブジェクト関係マッピング)
Laravelは、EloquentというORMを提供しています。Eloquentは、データベーステーブルをオブジェクトにマッピングし、オブジェクト指向的な方法でデータベースにアクセスすることができます。


・ミドルウェア
Laravelは、ミドルウェアを提供しています。ミドルウェアにより、アプリケーションのリクエストとレスポンスの間で処理を挟むことができ、認証、キャッシュ、ロギングなどの機能を実装することができます。


・セキュリティ
Laravelは、CSRF(Cross-Site Request Forgery)対策やXSS(Cross-Site Scripting)対策など、セキュリティに関する機能も提供しています。


・マイグレーション
Laravelは、マイグレーションというデータベースのバージョン管理機能を提供しています。マイグレーションを使用することで、データベースのスキーマの変更を追跡し、安全かつ簡単にデータベースを更新することができます。

3.Laravelが向いているプロジェクトとは

ここでは、Laravelが特に向いているプロジェクトについていくつかご紹介します。

エンタープライズレベルのWebアプリケーション

Laravelは、MVCアーキテクチャを採用しているため、タスクを分離することで、複雑なWebアプリケーションでも比較的開発しやすいです。また、PHPUnitというテストフレームワークが組み込まれているため、容易にテストし、高い品質を保証することもできます。さらに、Lavarelには、Composerと呼ばれるパッケージマネージャがあり、必要な機能を簡単に導入することができます。このような理由からLaravelは、大規模なWebアプリケーションの開発に向いていると言えます。

ソーシャルネットワークやマーケットプレイス

Laravelには機能的で使いやすいBladeテンプレートエンジンがあり、豊富なJavaScriptライブラリやフレームワークと組み合わせることで、高度なフロントエンド機能を実装することができます。さらに、LaravelにはRESTful APIのサポートが組み込まれており、API駆動開発を実現することができます。これらの理由から、Laravelはソーシャルネットワークやマーケットプレイスの開発に適したフレームワークであると言えるでしょう。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)

Laravelは、カスタマイズ性が高く、拡張性があるため、CMSの開発に向いています。Lara機能的で使いやすいBladeテンプレートエンジンがあり、これを使用することで、シンプルなHTML/CSSテンプレートを作成することができます。また、Laravelには豊富なライブラリや拡張パッケージがあり、これらを活用することで、CMSの機能を拡張することができます。これらの理由から、LaravelはCMSの開発に適したフレームワークであると言えます。

モバイルアプリのバックエンド

まず、RESTful APIを簡単に構築できるため、モバイルアプリとのデータの送受信に適しています。また、Eloquent ORMを使用することで、データベースの操作が容易になります。さらに、Laravelはセキュリティ機能が充実しており、セキュリティの高いAPIの開発が可能です。加えて、Laravelは豊富なライブラリと拡張性があり、APIの開発やテストを効率的に行うことができます。これらの理由から、Laravelはモバイルアプリのバックエンド開発に非常に適したフレームワークと言えます。

4.Laravelのルーティングとは

ここからは、Laravelの機能や仕組みについてもう少し詳しく解説していきます。まずは、Laravelにおけるルーティングについて説明します。

 

Laravelのルーティングとは、アプリケーションのURLと機能をマッピングするための仕組みであり、Webアプリケーションの開発に必須の機能の一つです。

 

Laravelのルーティングは、ルートファイル(`routes/web.php`または`routes/api.php`)に定義されます。ルーティングは、HTTPメソッド(GET、POST、PUT、DELETEなど)とURLパターンを使用して定義されます。

 

例えば、以下のようにルーティングを定義することができます。

上記の例では、GETメソッドで`/users`というURLにアクセスすると、`UserController`の`index`メソッドが呼び出されます。

 

Laravelのルーティングは、パラメーターを使用して動的にURLを生成することもできます。例えば、以下のようにルーティングを定義することができます。

上記の例では、GETメソッドで`/users/{id}`というURLにアクセスすると、`UserController`の`show`メソッドが呼び出されます。`{id}`は、URLの一部として動的に生成されるパラメーターであり、コントローラーのメソッドに渡されます。

 

Laravelのルーティングには、ミドルウェアを使用することもできます。ミドルウェアと

は、ルートにアクセスする前に特定の処理を行うことができる仕組みのことです。例えば、以下のようにルーティングを定義することができます。

上記の例では、GETメソッドで`/admin`というURLにアクセスする前に、`auth`というミドルウェアが実行されます。このミドルウェアは、ユーザーがログインしているかどうかを確認します。ログインしていない場合は、ログインページにリダイレクトされます。

 

Laravelのルーティングは、グループ化することもできます。グループ化を使用すると、同じミドルウェアやURLプレフィックスを持つ複数のルートをまとめることができます。例えば、以下のようにルーティングを定義することができます。

});

上記の例では、`auth`ミドルウェアをグループ化し、`/dashboard`と`/profile`のURLプレフィックスを共有するルートを定義しています。この例では、`/dashboard`と`/profile`にアクセスする前に、`auth`ミドルウェアが実行されます。ユーザーがログインしていない場合は、ログインページにリダイレクトされます。

 

Laravelのルーティングは、コントローラーを使用することもできます。コントローラーは、ルーティングとビューの間でデータを処理するための中間層として機能します。例えば、以下のようにルーティングを定義することができます。

上記の例では、`UserController`クラスのindexメソッドが呼び出されます。`index`メソッドは、ユーザーのリストを取得し、ビューに渡す処理を行います。ビューは、`resources/views`ディレクトリに格納されています。

 

Laravelのルーティングには、名前付きルートを使用することもできます。名前付きルートを使用すると、URLを直接記述する代わりに、ルートの名前を使用してURLを生成することができます。例えば、以下のようにルーティングを定義することができます。

上記の例では、`users.show`という名前付きルートを定義しています。この名前付きルートを使用すると、コントローラー内で`redirect()->route(‘users.show’, $user->id)`というコードを使用して、`/users/{id}`というURLを生成することができます。

 

以上のことから、Laravelのルーティングは、Webアプリケーションの開発になくてはならない機能の1つであることを理解していただけたのではないでしょうか。

5.LaravelのEloquent ORMとは

LaravelのEloquent ORM(Object-Relational Mapping:オブジェクト関係マッピング)とは、データベースとのやり取りを簡単かつ直感的に行うことができる、Laravelのモデル駆動型ORMです。Eloquentは、モデルとデータベーステーブルの関連付けを提供し、データベーステーブルの行をオブジェクトとして扱えるようにします。以下に、Eloquent ORMの主な特徴と使い方について説明します。

Eloquent ORMの特徴

・ アクティブレコードパターン
Eloquent ORMは、アクティブレコードパターンを採用しています。これは、オブジェクトを使ってデータベースの行を表現するパターンのことで、オブジェクトのプロパティをカラムに、オブジェクトのメソッドをデータベースクエリに対応させることができます。

 

・関連付け
Eloquent ORMは、モデル同士の関連付けをサポートしています。例えば、UserモデルとPostモデルを関連付けることができ、ユーザーが書いた記事を取得するための簡単な方法を提供します。

 

・ミューテタとアクセサー
Eloquent ORMは、ミューテタとアクセサーと呼ばれる機能を提供しています。ミューテタは、データベースから取得した値を加工するための機能であり、アクセサーとは、モデルのプロパティを加工して取得するための機能です。

 

・クエリビルダ
Eloquent ORMは、クエリビルダと呼ばれる、SQL文を簡単に作成するための機能を提供しています。クエリビルダを使用することで、SQLを直接書く必要がなくなり、より直感的かつ簡単にデータベースを操作することができます。

Eloquent ORMの使い方

Eloquent ORMを使用するには、モデルを定義する必要があります。モデルは、データベーステーブルと関連付けられており、データベーステーブルの行をオブジェクトとして扱うことができます。モデルは、`App¥Models`ディレクトリに格納されます。

 

以下は、`User`モデルの例です。

上記の例では、`User`モデルが定義されており、`$table`プロパティを使用して、`users`テーブルに対応することを宣言しています。

 

Eloquent ORMでは、データベーステーブルの操作を行うために、クエリビルダと呼ばれる機能を提供しています。以下は、クエリビルダを使用して、`users`テーブルからすべてのユーザーを取得する例です。

上記の例では、`User`モデルの`all()`メソッドを使用して、`users`テーブルからすべてのユーザーを取得しています。Eloquent ORMでは、複数のクエリビルダを連鎖させることで、複雑なクエリを作成することができます。

 

また、Eloquent ORMでは、関連するデータを取得するための機能も提供しています。例えば、以下のようにして、`User`モデルと`Post`モデルの関連付けを定義し、ユーザーが書いた記事を取得することができます。

上記の例では、`User`モデルと`Post`モデルを関連付けています。`User`モデルでは、`posts()`メソッドを定義して、`hasMany()`メソッドを使用して、`Post`モデルと1対多の関係を定義しています。`Post`モデルでは、`user()`メソッドを定義して、`belongsTo()`メソッドを使用して、`User`モデルと1対多の関係を定義しています。このように、Eloquent ORMでは、複数のテーブル間の関連付けを容易に定義することができます。

 

上記の関連付けを使用して、ユーザーが書いた記事を取得するには、以下のようにします。

上記の例では、`User`モデルの`find()`メソッドを使用して、IDが1のユーザーを取得しています。その後、`$user->posts`を使用して、ユーザーが書いた記事を取得しています。

 

Eloquent ORMでは、データの保存や更新も簡単に行うことができます。以下は、`User`モデルの例です。

`User`モデルの新しいインスタンスを作成して、`name`と`email`プロパティを設定しています。その後、`save()`メソッドを使用して、データベースにデータを保存しています。

 

また、既存のデータを更新する場合には、以下のようにします。

 

`User`モデルの`find()`メソッドを使用して、IDが1のユーザーを取得しています。その後、`name`と`email`プロパティを更新し、`save()`メソッドを使用して、データベースのデータを更新しています。

 

以上が、LaravelのEloquent ORMの基本的な使い方になります。Eloquent ORMを使用することで、データベース操作を簡単に行うことができるため、Laravelを使用する場合は、積極的に活用することをおすすめします。

6.LaravelのBladeとは

LaravelのBladeとは、簡単な構文を使ってHTMLを生成するためのテンプレートエンジンのことです。Bladeの主な特徴は、コードの読みやすさと、複数のテンプレートを継承して再利用することができる柔軟性にあります。

 

Bladeテンプレートは、`.blade.php`の拡張子を持ち、PHPコードを含むことができます。ただし、PHPコードは`@`記号で始まるBladeディレクティブを使用して表現されます。これにより、BladeはPHPの可読性を向上させることができます。

 

例えば、`@if`ディレクティブを使用して、条件分岐を表現することができます。

上記の例では、`$user->isAdmin`が`true`の場合には、`Welcome, Admin!`というテキストが表示されます。そうでない場合には、`Welcome, User!`というテキストが表示されます。

 

また、Bladeは変数の表示やループの処理も簡単に行うことができます。例えば、`{{}}`ディレクティブを使用して、変数を表示することができます。

上記の例では、`$user->name`が表示されます。

 

ループの場合には、`@foreach`ディレクティブを使用して、配列やコレクションをループ処理することができます。

上記の例では、`$users`という配列をループ処理し、各要素の`name`プロパティを表示しています。

 

Bladeには、レイアウトやセクションを定義して、複数のテンプレートを再利用することもできます。例えば、以下のように`@yield`ディレクティブを使用して、テンプレート内の特定の場所にコンテンツを挿入することができます。

上記の例では、`@yield(‘title’)`と`@yield(‘content’)`を使用して、テンプレート内の特定の場所にタイトルとコンテンツを挿入することができます。このように、Bladeを使用することで、テンプレートの再利用性が高くなり、コードの重複を回避することができます。また、Bladeには、コンポーネントという機能もあります。コンポーネントは、部分的なテンプレートをまとめたもので、再利用性が高く、保守性が向上するという利点があります。

 

例えば、以下のように`<x-alert>`コンポーネントを作成することができます。

上記の例では、`$slot`という変数を使用して、コンポーネントのコンテンツを表示しています。このコンポーネントを使用する場合には、以下のように記述することができます。

 

上記の例では、`<x-alert>`というタグでコンポーネントを呼び出し、`<p>Something went wrong!</p>`というコンテンツを表示しています。

 

7.LaravelのArtisanとは

Laravelには、コマンドラインツールのArtisanがあります。Artisanは、Laravelのコア機能を管理するためのコマンドラインインターフェースで、開発者が効率的に開発を行うことができるように設計されています。Artisanには、多くのビルトインコマンドが用意されており、開発者はこれらのコマンドを使用して、様々なタスクを実行することができます。 例えば、以下のようなコマンドがあります。 `php artisan make:model`:新しいモデルを作成するコマンド `php artisan make:controller`:新しいコントローラーを作成するコマンド `php artisan migrate`:データベースのマイグレーションを実行するコマンド `php artisan serve`:Laravelの開発用サーバーを起動するコマンド これらのコマンドを使用することで、開発者は簡単にLaravelアプリケーションを開発することができます。 また、Artisanでは、カスタムコマンドを作成することもできます。カスタムコマンドを作成することで、アプリケーション固有のタスクを実行することができます。カスタムコマンドは、`php artisan make:command`コマンドを使用して作成することができます。 その他にも、コマンドのヘルプ情報を表示することができる`php artisan help`コマンドや、コマンドのリストを表示することができる`php artisan list`コマンドなどがあります。これらの機能を駆使することで、開発者はより効率的に開発を進めることができることでしょう。

まとめ

本記事では、PHPのフレームワークの中でも、非常に人気のある「Laravel」というフレームワークの概要や主な特徴、向いているプロジェクトや使い方について詳しく解説しました。LaravelをWebアプリケーション開発に用いた際のメリットや、具体的な使い方について理解していただけたのではないでしょうか。

本記事の読者の中で、システムやソフトウェア、アプリの開発パートナーをお探しの企業様がいらっしゃいましたら、是非CMC Japanをご検討ください。CMC Japanはベトナム第2位のICT企業である「CMC Corporation」の日本法人であり、30年の開発ノウハウと2500人以上のIT人材を擁しております。お客様のビジネスやプロジェクトの要件を丁寧にヒアリングし、最適なフレームワークや開発言語を用いたオフショア開発をご提供いたします。お気軽にお問い合わせください。

>> オフショア開発に関する無料相談はこちら