「IT World Awards 2021」でCMCのCTOが「CTO of the Year」を受賞

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

2021年に開催された「第16回 IT World Awards」において、CMC Corporationの最高技術責任者であるLuong Tuan Thanh(ルオン・トゥアン・タイン)氏が、ITサービス部門の「Gold CTO of the Year Award – CTO of the Year」を受賞しました。

ITサービス部門では、4名の技術責任者が選出。同社のルオン・トゥアン・タイン氏が最高位、3名のCTOが米国、パキスタン、インドから銀賞、銅賞を受賞しました。同社は、若いリーダーが世界の権威ある組織から表彰されることを誇りに思います。

マイクロソフト、SAP、KPMG、E&Y…など、世界有数のテクノロジー企業やコンサルティング会社の専門家やリーダーである65名の審査員が、「IT分野での豊富な専門知識」「マネジメント能力」を基準に評価し、「CTO of the Year」を決定しました。同時に、CTOは、組織やビジネスが技術革新の成果を達成すること、顧客のデジタル変革を支援すること、コミュニティや社会に技術的知識をもたらすことに貢献しています。

CTO of CMC Luong Tuan Thanh氏

ルオン・トゥアン・タイン氏は1984年生まれで、CMCグループの最年少執行役員です。ナンヤン理工大学コンピュータ工学部を卒業し、シンガポール国立大学で修士号を取得しました。また、同氏は、米国プロジェクトマネジメント協会(PMI-US)からPMPプロジェクトマネジメント資格を取得しています。CMCグループの新技術開発やデジタルトランスフォーメーションのプロジェクトに重要な役割を果たしています。

「IT World Awards」の「CTO of the Year」は、人工知能、クラウド/SaaS、ハードウェア、サービス、ソフトウェア、セキュリティ、通信…など22のIT分野の最高技術責任者(CTO)を表彰するもので、「第16回IT World Awards 2021」は、2005年から毎年開催されている「Globee Awards」のシステムの一部として、世界のIT業界で権威ある賞の1つです。また、世界のIT業界の多くの分野にまたがる最も包括的なカテゴリーを持つアワードプログラムであり、世界中のIT業界で優れた功績を残した企業や個人を表彰します。

関連記事

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan