オフショア拠点のコロナ対策について-2021年2月16日

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

CMC Corporation およびグループ企業の新型コロナウイルス対策方針

CMC Corporation およびグループ会社 (CMC Global、CMC Japan)では、新型コロナウイルスの感染・拡大を防ぎ、従業員および家族の安全を確保し、事業を継続するために積極的な取り組みを行っています。

第6回在宅勤務・テレワークポリシー(ベトナム拠点)

2021年2月16日に「第6回在宅勤務・テレワークポリシー(WFH)」が実施されました。

  • 旧正月休暇後、ハイズオン県(全体)から帰国する従業員:完全な健康調査と内部健康調査を行うと同時に、管理者に通知し、2020年2月17日から14日間(または更なる通知があるまで)WFHフォームを申請
  • 第6回のWFH政策リストの従業員: 2020年2月23日まで、または通知があるまでWFHの実施を継続
  • 他の職員: 必要な社内健康調査を行うと、通常の働き方を適用

2月23日更新

2021年2月23日に、ハノイの疾病状況と当社の経営状況を踏まえ、緊急対策部より、2021年2月24日から第6回のWFHの終了が発表されました。WFHの終了と職場への復帰手順は以下の通りです。

  • 従業員:帰社する際には、会社にパソコンを持ち込み、IT部門が設定を確認。特に個人のパソコンの場合は、IT部門が企業情報データ(あれば)をチェックし削除、管理者が個人資産のラベルを削除
  • IT部門:抽出したリストに従ってVPN接続を解除
  • ISMS部門:WFHの手続きを完了
アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan