CMC、ハノイ市のDXとスマートシティ実現への伴走を約束

ハノイ市人民委員会の Chu Ngoc Anh(チュー・ゴック・アイン)委員長は、ハノイ市人民委員会の代表団と一緒にCMCを訪問しました。
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

CMC、ハノイ市のDXとスマートシティ実現への伴走を約束

2021年2月20日、ハノイ市人民委員会の Chu Ngoc Anh(チュー・ゴック・アイン)委員長は、ハノイ市人民委員会の代表団と一緒にCMCを訪問しました。その目的は、CMC社の事業活動を奨励するとともに、コロナ対策を視察することでした。

当日の会議には、産業貿易省、計画投資省、保健省の指導者、ハノイ税務局とカウザイ地区人民委員会、およびCMC Corporationの取締役・役員も出席しました。

Nguyen Trung Chinh (グエン・チュン・チン)会長が情報技術能力の概要、2020年の業績を紹介、今後5年間のCMCグループ の目標、方向性、開発戦略について共有しました。 同時に、CMCの代表者は、DXとスマートシティのプロセスをハノイ市に提案。例として、監視カメラとスマートオペレーションセンター、インテリジェントオペレーションセンター(IOC)、オペレーティングドキュメント管理システム(C-eDoc)など。

ハノイ人民委員会のChu Ngoc Anh(チュー・ゴック・アイン)委員長も、CMCグループが、2025年にクラウドサービスとアジア太平洋のデジタルハブを提供するリーディングカンパニーになると信じ、CMCが去年達成した結果を高く評価しました。

ハノイ市は、ICT事業に最大限の支援の提供、情報技術と電気通信の強化、首都の経済安定だけではなく、コロナ禍に左右されず事業拡大の支援を約束。 このことは、税制や投資インセンティブ、特にICTにとって重要なインフラとなりえます。

Chu Ngoc Anh(チュー・ゴック・アイン)委員長は、CMC が確固な新型コロナウイルス対策を講じ、持続可能な経営を行っていることを高く評価。

ハノイ人民委員会の代表団は、CMCが保有するデータセンターとNextGenSOC(次世代型セキュリティオペレーションセンター)も訪問しました。

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan