SamsungSDSベトナムの新取締役会長がCMC グループを訪問

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

SamsungSDSベトナムの新取締役会長がCMC グループを訪問

2021年1月27日、サムスンSDSベトナムの新新取締役会長であるLee Jay Seok(リー・ジェイ・ソク)氏がCMCグループ を初めて公式訪問しました。

同氏は、1992年からSamsung SDSに参画。最初の8年間は運用と開発を担当の後、16年間人事部門でキャリアを積みました。 ベトナムに来る前は、ITイノベーションを3年間担当し、現在はSamsung SDS Vietnamの取締役会長を務めています。

Samsung SDSとCMCグループは、CMCグループの株式の25%を投資する戦略的投資協力契約を正式に締結。 このことは、ベトナムにおける技術分野の包括的な戦略的協力を意味しています。

現在、Samsung SDSはCMCグループと協力して、スマートファクトリー、セキュリティソリューション、クラウドコンピューティング、スマートビル管理システム、IoT、デジタルストアおよびオフィスソリューションなどの主要な技術分野でビジネスを展開。人工知能(AI)、ブロックチェーン、ビッグデータに関連するビジネスを開発し続けています。また、 スマートフクトリーでは、SamsungSDSとCMCグループがベトナムの韓国工場に焦点を当て、ベトナム企業への展開を拡大しています。

Samsung SDS ベトナムの取締役会長とCMCグループのグエン・チュン・チン会長は、今後、両社の戦略的協力プロジェクトを推進する自信とコミットメントを表明しました。

参考:「Samsung SDSとCMC Corporationがベトナムでのテクノロジーに関する戦略的投資契約に調印

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan