【アプリ開発】オフショア開発が事業拡大にもたらすメリットとは?
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

【アプリ開発】オフショア開発が事業拡大にもたらすメリットとは?

外部のITサービスプロバイダーを効果的に活用することは、世界中の企業にとって重要な課題です。

最近では、世界中の企業が外部のITサービスプロバイダを選ぶ傾向が高まっています。実際に、アプリケーションのアウトソーシングは、クライアント企業に大きな利益をもたらすことができる可能性があります。人件費の削減からビジネス価値の最大化まで、ITアウトソーシング(オフショア開発など)が競争の激しい市場でビジネスを成功に導く方法をご紹介します。

ガーナーIT用語集によると、アプリケーションアウトソーシング(オフショア開発)とは、新規開発、レガシーシステムの保守、オフショアプログラミング、パッケージアプリケーションの管理、スタッフの増員など、さまざまなアプリケーションサービスのためのアウトソーシングと定義されています。

目次

コストの効率化

コストの効率化

ビジネスの観点から見ると、コスト削減は常に優先順位の上位にあります。Glassdoorによると、2020年6月までにITスペシャリストの平均給与は55万円以上に達しています。

アプリケーション・アウトソーシング(オフショア開発)を利用すれば、企業はIT専門家を常駐させる必要性をなくすことができます。その代わりに、ITサービス・プロバイダーと可能な限りベストな価格で魅力的な契約を交渉することができます。これらのベンダーは、指定された短期プロジェクトのためのパッケージ契約を提供する傾向がありなコストがかかります。

さらに、ITチームをアウトソーシングすることでインフラコストを最小限に抑えることができ、開発者がオフショアで仕事をすることができるため、企業はオフィスを小型化することができます。企業はまた、この労働力の高価なトレーニングや採用に投資する必要はありません。これらのニーズは、通常、オフショアベンダーによって対応されます。

その結果、クライアント企業は、ブランドイメージ、研究開発、スケールアップ戦略などのビジネスの根幹となる部分にリソースを注ぐことができます。

エンジニアの安定確保

エンジニアの安定確保

技術を専門としない企業にとって、最適なエンジニアチームを見つけることは、簡単ではないかと思われます。一方、オフショアベンダー企業は、クライアントの要求に応えることができる総合的なスキルセットを持つ人材を探し、採用することに特化しています。また、これらのベンダーの責任は、継続的にトレーニングを行い、市場の最新技術についてメンバーのアップデートを施します。

さらに、アプリケーション開発をアウトソーシングすることで、自社の従業員の離職や欠勤を含めたパフォーマンス低下がオフショアベンダーによって解決されることになります。これにより、社内の技術チームよりも高い品質基準で一貫した継続的なサポートが可能となり、クライアントのシステムを安定運用できるようになります。

最適なオフショアモデルについて

最適なオフショアモデルについて
一般的には、企業がオフショア開発を利用することを決める際の主な選択肢として、「プロジェクトベース」と「専属チーム」の2つのモデルがあります。
 
従来のIT人材派遣とは対照的に、オフショア開発では、必要に応じて外部パートナーのサポートを受けることができ、不要になった場合には、終了することができます。昨今のトレンドでは、クライアント企業が同時に複数のプロバイダーを利用する傾向にあり、それぞれが異なる分野に特化しているため、効果的な体制を構築することができます。

まとめ

以上のことから、オフショアベンダー市場は活発になっており、クライアント企業は、自社に合ったベンダーを選定し、狙ったメリットを得ることが難しくなってきています。

まずは、自社の体制や抱えている課題を整理し、オフショア開発に求めるメリットを明確にすることをお勧めします。

※本記事はCMC Gloablの執筆内容を翻訳・一部改変したものです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan