【アプリ開発】オフショア開発が事業拡大にもたらすメリットとは?
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

アプリ開発について徹底解説!~アプリの種類から、外注方法(オフショア開発)について~

(更新日:2021年9月18日)

ITが発達した昨今の社会、特にスマートフォンが普及した現在では、仕事や生活のあらゆる場面で、アプリが使われています。

最近ではノーコードやローコード技術のおかげで、プログラミングの知識がなくとも、アプリ開発ができるようにもなってきています。

本コラムではアプリ開発の基本から、オフショア開発を活用した外注方法(アウトソーシング)について、解説します。

目次

アプリ開発とは?

アプリケーションソフトウェア(アプリ)とは、特定の業界・業務向けに開発されるアプリから、一般消費者向けの娯楽・効率化のアプリなど、多彩に存在します。

アプリ開発とは、企業や個人があるターゲット・市場に向けて、製品(アプリ)を開発することを指します。開発規模や方法は、開発するアプリによって異なります。

開発人材・チーム・部門をもたない企業の場合は、アプリ開発を得意とする企業へ外注するパターンが多いです。外注先は国内の企業やフリーランス、後述するオフショア開発(コストを抑えるために海外企業へ発注する方法)などがあります。

アプリには、いくつかの種類があります。アプリ開発を検討する際は、開発したいアプリがどのような種類のものかについて、把握できるといいでしょう。以下では代表的なアプリの種類を紹介します。

ネイティブアプリ

ネイティブ・アプリとは、AndoroidやiPhoneといった端末(スマートフォンやタブレット)にインストールして使用できるアプリです。

ネイティブアプリをインストールは、アプリストア(Google PlayやApp Store)などから可能です。ユーザーにインストールしてもらう手間が必要なネイティブアプリですが、一度インストールしてもらえば、通知機能など、自社のサービスをお知らせし、利用・継続してもらいやすい傾向があります。

また、インターネット環境の影響によって、動作が遅くなりにくい特徴もあります。さらにネイティブアプリでは、スマートフォンのカメラやマイク、各種センサーなどの機能を利用することができます。

Webアプリ

Webアプリとは、スマートフォンやパソコンでインターネットに接続し、Webブラウザ(SafariやGoogle Chrome)上で利用するアプリです。

先述した、「ネイティブアプリ」と違ってインストールする必要がないので、ユーザーにとって手軽に利用できるのが特徴です。

しかし、インターネット環境によっては動作が重かったり、不安定になることがあり、スマートフォンのカメラやマイクなどの機能を利用するのが難しいです。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリは、端的にいうと、ネイティブアプリとWebアプリを組み合わせたものです。

ネイティブアプリでは、Android向け・iOS向けに分けて開発をしなければなりませんが、ハイブリッドアプリでは、特定のフレームワーク(React NaviveやFlutter)を用いることによって、複数の異なる仕様の機種やOSで動作させることができるので、開発コストを抑えることができます。

もう一つ特徴的なのは、WebViewを用いてることです。WebViewとは、アプリをWebブラウザのように使用するための機能で、アプリ内でWebサイトを表示できます。

PWA(プログレッシブウェブアプリ)

PWA(プログレッシブウェブアプリ)は、WebサイトやWebアプリを、ネイティブアプリのようにスマートフォンのホーム画面にインストールすることができる新しいタイプのWebアプリと言われています。

ホーム画面にインストールすることができますが、PWAの場合、アプリストアは不要です。
そのため、企業は、アプリストアのルールやガイドラインに縛られることなく開発を進めることができ、準備でき次第すぎにリリース可能です。

ユーザーはホーム画面にインストールしたアイコンやURLから起動・利用でき、さらに、ソーシャルメディア、オンライン広告、QRコードなどで簡単に共有することができます。

アプリ開発の前に準備すべきこととは?

ここまでアプリの種類について、解説しました。ここでは、アプリ開発に着手する前の準備段階として、どのようなことをすべきなのかについて、解説します。

市場調査

Investopediaによると、新しいサービスや製品の実現可能性を、潜在的な顧客に対して調査・決定するプロセスを、「市場調査」としています。

市場調査を行うことで、企業はターゲット市場を発見し、製品やサービスに対する消費者の関心についての意見や、その他のフィードバックを得ることができます。

基本的に市場調査では、自分の製品(この場合はアプリ)にニーズがあるかどうかを仮説立て・検証することができます。また、ニーズがある場合、競合はどの程度なのか、すでに存在する主要なプレイヤーはどこなのか、これらの情報をもとに、自社のアプリを他のアプリよりも際立たせるユニークなポイントを開発することができます。

ユーザー調査

ユーザー調査とは、ターゲットとなるユーザーのニーズやペインポイントなどを調査することで、問題点や重要な情報を明らかにする調査です。ユーザーリサーチを行うことで、アプリのデザイン段階でのインスピレーションを得ることができます。

インタラクションデザインによると、これらの事実を明らかにするためには、構造化された方法でユーザーからデータを収集する必要があります。


まず、リサーチの目的に合った方法、そして最も明確な情報を得ることができる方法を選択します。
その後、必要なインサイトを得るためには、データから得られた結果を解釈します。

プロダクトリサーチ

Shopify社によると、プロダクトリサーチとは、製品のアイデアを検証し、それが成功するかどうかを確認する方法とされています。

製品開発プロセスの一環として、顧客のニーズを把握し、自社のアイデアが市場の需要を満たせるかどうかを確認するためのものです。その結果、製品の投資収益率が向上します。

プロダクトリサーチの参考として、「クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法(Creative Confidence)」という本をご紹介します。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法 | デイヴィッド ケリー, トム ケリー, 千葉 敏生 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon

本の長さ:496ページ
発売日:2018年7月2日
通販サイト(Amazon):https://amzn.to/3nLiDdH

本著の中では、最もシンプルなプロトタイプを素早く作り、テストグループのユーザーに体験してもらい、さらなる改善のためのフィードバックをしてもらうことが、有効的なプロダクトリサーチとされています。

アプリ開発における基本的な確認事項とは?

ここからは、アプリ開発において確認すべき基本事項について解説します。

プラットフォーム

アプリをリリースする際には、上述の「アプリの種類とは?」にあるように、ネイティブアプリ(iOSやAndroid)Webアプリなどがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあり、アプリの性質によって適切なプラットフォームを選択することが必要です。

デバイス

ユーザーがアプリを使って何をしようとしているのか、そしてその行動をどのようなデバイスで行うのかなど、どのデバイスにアプリを作るかは、ユーザーの属性にも影響されます。

必要な情報は、調査や分析ツールを使って得ることができます。最も重要なのは、それらのデータの背後にある「理由」を知ることです。ひとつの行動には多くの意味があり、ユーザーが解決しようとしている核心的な問題にたどり着くためには、「なぜ」を問う必要があります。

マネタイズ(課金方法)

アプリのマネタイズには数多くの戦略がありますが、そのどれもが万能ではありません。あるアプリタイプに有効なマネタイズ手法は、別のアプリには適切ではないかもしれません。

アプリのマネタイズ戦略には、4つのタイプがあると言われています。

  • サブスクリプション
  • 広告掲載
  • フリーミアム
  • 有料ダウンロード

開発を始める前に、マネタイズ戦略を決めておく必要があります。

開発手段:内製or外注

アプリの開発には、最初の開発からリリース後の、改修・保守も考えると長い時間がかかります。開発人材・チームがいる企業では、内製も可能ですが、多くの企業は開発体制がない場合が多いのではないでしょうか。

一般的な手段として、アプリ開発を専門とする企業へ外注する方法があります。

外注先として、国内の企業だけではなく、海外の企業へ外注するケースもあります。このケースを「オフショア開発」といいます。オフショア開発では、一般的に国内で開発するよりも、開発・運用コストを抑えられることが特徴です。

アプリ開発をオフショア開発するメリットとは?

以降は、オフショア開発の代表的なメリットについて、紹介していきます。

外国のエンジニアを採用し、コストを抑えることが可能

アプリを開発するときに、まず検討しなければならないことは、コストです。

オフショア開発を利用すれば、企業は日本国内でかかる開発コストよりも、25~50%ほど抑えることが可能です。オフショア開発の代表的な国としては、ベトナム、フィリピン、ラオスなどがあります。

特にベトナムは、日本とのオフショア開発関係が長く、日本語でのコミュニケーションが可能、新日国家、コストも比較的安価であり、オフショア開発においてポピュラーな国となっています。

「下流工程」をオフショア開発で行い、プロジェクトを安定稼働

アプリ開発にあたり、企画から設計ができる人材、開発(プログラミング)・テストを行う人材、リリース後の運用・保守を行う人材が必要となります。

上記の人材を一挙に採用するのは、人材不足である日本において、高いハードルです。

そこで、オフショア開発を活用した開発体制の構築があります。

例えば、自社で「上流工程」を担当するエンジニアを数名採用し、人手が必要となる「下流工程」において、オフショア開発を活用する体制です。

上流工程を自社人材、下流工程をオフショアにすれば、リリース後の運用・保守を自社がリードして行うことも特長としてあります。

アプリのリリース後は、バグ修正や新機能の追加など、多くのタスクが発生します。オフショア開発を活用すれば、コストを抑えたまま、人材を確保し続けることが可能です。

オフショア開発企業を探す流れ

オフショア開発企業を探し、検討する際の、流れを簡単に解説します。

  1. オフショア開発で得たいメリットの明確化
  2. オフショア開発企業のリストアップ
    • 同業他社からの紹介
    • インターネットで探す
    • 展示会で実際に会って相談する
  3. オフショア先の国・都市について調べる
  4. 実際に問い合わせて、打ち合わせをする

それぞれのステップについて、詳しくは下記の記事で紹介していますので、ぜひご参考にください。

アプリ開発をオフショア開発するときの注意点

オフショア開発を始めるにあたり、注意しなければならない点もいくつかあります。

コミュニケーション

オフショア開発とは、地理的に離れた国のチームと一緒に仕事をすることになるので、文化・言語、時差なども考慮に入れて、オフショア先を選ぶことが重要です。

ベトナムの場合、新日かつ日本語対応可能、時差も2時間だけなので、コミュニケーションが比較的取りやすいです。

また、昨今のコロナ禍でリモートワークが普及し、リモートを前提とした共同作業も行いやすくなったと言われています。

「丸投げ」しない

オフショア開発で失敗する原因として、オフショア先に「丸投げ」してしまうことがあります。

オフショア開発企業も開発のプロですが、基本的には依頼主の作りたいものに沿って開発を進めます。そのため、依頼主が定期的に進捗の管理や、途中の成果物に対して、フィードバックをすることが重要です。

このような開発スタイルするためには、「アジャイル開発」という手法が有効的だと言われています。

まとめ

本コラムでは、アプリの種類から、開発前に準備すべきこと、具体的な開発方法(とりわけオフショア開発を中心)に解説しました。

アプリで、既存事業の売上を伸ばしたい・新規事業を立ち上げたいなど、アプリ開発には色々な背景があるかと思います。

まずはアイデアベースでも構いませんので、ぜひ一度弊社へお気軽にご相談ください。

出典

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。