知っておくべき!オフショア開発とは?概要から注意点まで
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

知っておくべき!オフショア開発とは?概要から注意点まで

目次

オフショア開発は、コスト削減や効率化のために広く知られています。このブログでは、具体的にオフショア開発はどのようにしてそのような期待を実現するのか、オフショア開発の定義など、オフショア開発について知っておくべきこと、ビジネス課題を解決するためにオフショア開発は最適な選択肢なのか、そしてオフショア開発プロジェクトを成功に導くために注意すべきことについて、解説します。

オフショア開発とは

オフショア開発(offshore development)とは、システム・アプリ開発や、システム運用・保守などの業務を海外の開発企業にアウトソースすることです。

オフショア開発の主な目的は、発注側(日本)と受注側(海外)の経済的格差によって生じるコストメリットにあります。近年注目されている受注先としては、人件費が安く労働力が豊富なベトナムやミャンマーなどが主に挙げられます。

コスト削減には効果的である一方で、言語の差によるミスコミュニケーションや、現地のエンジニアのモチベーション低下による品質などの懸念点があります。

最近では、コストの他に技術力や運用体制などといった様々な要素を考慮し、世界各地を選択対象として最適な拠点にアウトソーシングを行う「グローバルソーシング」の考え方も広がりつつあるのも特徴的です。

オフショア開発を成功させるには、課題やハードルがありますが、それでも、オフショア開発が今も注目されている理由としては、日本企業が直面している人材不足やコスト高騰の問題を解決するソリューションとして機能するからです。

ベトナムオフショア開発・IT アウトソーシング企業として、CMC Japanは「ベトナムオフショア開発入門書」を公開しています。ベトナムの政治・経済の状態、ベトナム人エンジニアの技術力や言語レベルなど、リアルなベトナムオフショア開発概要をまとめています。

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書

Previous
Next

オフショアとオンショア、ニアショアの違い

世界のIT市場が成長するにつれて、さまざまなビジネスシナリオやニーズに適したさまざまなタイプのITアウトソーシングがあります。 基本的には、「オンショア」、「ニアショア」、「オフショア」の3パターンがあります。

オンショア

自国のサービスプロバイダーと契約して、IT関連の作業をリモートまたはオンサイト(客先常駐)で行います。

ニアショア

同じタイムゾーンにある国の会社にIT作業をアウトソーシングします。これにより、両社の移動・コミュニケーションコストを抑えます。日本の場合では、関東の企業が、最低賃金の低い地方へアウトソーシングするパターンが多いです。

オフショア

冒頭でも説明したとおり、オフショアでは、タイムゾーンの異なる国の企業に、IT関連の作業をアウトソーシングします。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、オフショア開発は再び注目を集めています。

オンショアとニアショアには地理的な距離と言語の壁が低いというメリットがありますが、多くの企業がオンライン上でのリモートワークに切り替わったことにより、オフショア開発へのハードルが相対的に下がったと言えます。

オフショア開発企業は、言語の壁がさまざまな国のクライアントと協力する際のコミュニケーションの妨げになることを認識しており、より良いサービスをサポートを提供するため、英語、日本語、韓国語が扱える人材採用に注力しています。

ベトナムオフショア開発のメリット・デメリット

ベトナムはローテク製造業からサービス中心の経済へと移行しています。同国のIT市場はますます拡大しており、中国やインドのIT企業との競争が激化しています。

ベトナムはITサポートのアウトソーシング先進国として着実に成長していますが、その一方で懸念点も抱えています。

ここでは、ベトナムにおけるオフショア開発のメリットとデメリットを解説していきます。

ベトナムオフショア開発のデメリット

ガバメントイシュー

Chau Phan氏(世界のIT業界で活躍する著名人)の論文「ITアウトソーシング先としてのベトナム」によると、特にIT分野での成功と進歩は、他の分野と比較して顕著であるが、国全体として第二次近代化は多少遅れています。

またベトナム政府は、外国企業との関係においてスピーディーではないとの評価を受けており、ベトナム国内でビジネスを行う企業の透明性と法的保護が不足しているとの指摘があります。

プロジェクトのスケール

世界経済フォーラムが発表した「Global Human Capital Report 2017」の調査によると、ベトナムは130カ国中64位にランクイン。

1000人規模のオフショア開発を実行するためのインフラ整備は未だギャップがあり、インド市場との比較では、規模と能力に顕著な差があります。

ランゲージバリア(言語の壁)

ベトナムに限らず、オフショア開発の多くは、英語がメインのコミュニケーション言語となっています。そのことから、スタッフの語学力向上のために、プログラマーを対象とした語学研修が盛んに行われています。

当社の場合 では、プロジェクトマネージャーや開発者に求められる必須のスキルの1つです。

ベトナムオフショア開発のメリット

上記のような懸念点があるにもかかわらず、ベトナムはITアウトソーシング(オフショア開発)において、「理想的なオフショア開発先」とされています。その背景には以下のようなメリットがあるためです。

安い人件費

ベトナムではITスペシャリストの数が増加していますが、その多くは同地域の同業者よりも低い給与水準となっています。ベトナムの高度なスキルを持ったエンジニアの年収は約10,000ドルで、これはマレーシアの平均年収よりも5,000ドルほど低いです。

また、同じスキルを持ったエンジニアであっても、隣国のタイでは30,000ドル近く稼ぐことができています。このような競争力のある人件費は、グローバル企業がベトナムを注目する理由の1つです。

スタックオーバーフローの調査によると、太平洋地域に おいて、ベトナムの年収中央値はボトムアップ7位に位置しています。

太平洋地域の開発者の年収
スタックオーバーフロー調査:2019年

トップ5ソフトウェアサービスプロバイダー

AT Kearney が実施した調査、「2019年グローバルサービスロケーションインデックス(GSLI 2019)」によると、ベトナムはITサービスプロバイダーとしてトップ5に入っています。

経済的な魅力、人材のスキルと可用性、ビジネス環境という3つの主要な要素に基き、ベトナムはブラジルを抜いてレベル5に選定されています。

また、世界の大企業がベトナムを魅力的な投資先として選び続けていることも調査で明らかになっています。実際、日系企業はITアウトソーシングやBPOのためにベトナムのサービスを利用しています。ベトナムは高いスキルを持ったエンジニアの数が年々増加し、より良いサービスで競争するために英語力の向上にも力を注いでいます。

政治・経済の安定性

ベトナムの社会及び政治は比較的安定していて、外国企業にとって有利な条件が整っています。

また、ベトナムのGDPは年平均7.4%(CEIC)の成長を遂げ、APAC地域の中で最も成長率の高い国となっています。そのため、安定した環境でプロジェクトを進められる充分な要素があります。

政治的な観点から見ると、ベトナムは40年以上安定しています。ベトナムは1975年の南北統一後、現政権になりました。その後も国際的な協力を得て、常に統合と発展を続けています。

さらに、ベトナムは民族紛争や宗教紛争がありません。国のほぼ95%が、同一民族であり、80%以上の国民が無宗教です。そのため、他のオフショア開発先の国々に見られるような社会的・宗教的紛争が起きません。

オフショア開発パートナーを決める時のステップ

ベトナムにあるITサービスプロバイダー間の比較はしていませんが、その代わりに、ステップバイステップで適切なパートナーを選択するためのポイントを紹介します。

ステップ1:最終的な目標を明確に

意思決定は簡単ではありませんが、明確な目標を設定しないまま、オフショア開発パートナーを選択すると、プロジェクトを混乱させるリスクを生じさせます。

そうならないために「SMART」という目標設定のフレームワークを用いたアプローチが有効です。

「SMART」とは

  • Specific:十分に具体化・定義され、明確であるか
  • Measurable:目標達成に向けて、進捗状況を測る具体的な基準があるか
  • Achievable:達成可能であるか
  • Realistic:キャパシティーを超えておらず、現実的であるか
  • Timely:開始日や完了日など、明確に定義されたタイムラインがあるか

 

「SMART」もとに、具体的な問いの例を以下に示します。

  • プロジェクトやビジネスにおけるプライオリティは?(コスト削減なのか、スケーラビリティなのか、リリースまでの時間なのか、コンピテンシーなのか、ベンダーの多様化なのか、それとも他にあるのか。)
  • どのようなオフショア開発体制が現行のプロジェクトに適しているか?
  • どのようなサービスを期待しているか?
  • 何をアウトソースして、何をインハウスで取り組むか?
  • 納期計画は定まっているか?いつまでに完了させる必要があるか?

ステップ2:オフショア開発企業の比較

最終的なゴールを設定したら、できるだけ多くの情報を集めてリサーチするがあります。ベンダーリストを作成し、基準を設定し、適切なパートナーを見つけられるようにしましょう。ここでは、いくつかのアプローチ方法を紹介します。

同業他社から紹介してもらう

付き合いのある同業他社の企業で、既にオフショア開発を使っている場合は、その企業の担当者に相談することをお勧めします。もしその企業がオフショア開発で上手くいっているのであれば、そのままそのオフショア開発企業を紹介してもらうことができます。

ただし、注意点としては他社がそのオフショア開発企業と上手くいったとしても、自社で必ず上手くいくとは限らないので、いい情報だけを鵜吞みにしないようにしましょう。

逆に、オフショア開発についてネガティブな意見を聞いた場合は、その意見から検討時のチェックポイントを作成することによって、失敗する確率をさげることができます。他社が失敗したからといって、自社でも失敗するとは限りません。

インターネットで探す

「オフショア開発.com」や「発注ナビ」、「アイミツ」など、オフショア開発企業をまとめて紹介しているサイトを参考にすることも効果的です。そこで紹介されている情報だけではなく、各オフショア開発企業のウェブサイトなどを訪問し、情報収集することも大切です。

展示会で実際に会って話す

インターネットでは気軽に様々なオフショア開発企業の情報を得ることができますが、集められる情報は浅い場合が多いです。さらに1社1社問い合わせて、打合せを調整するのにも時間と手前がかかります。

「Japan IT Week」など、多くのオフショア開発企業が一度に集まる展示会を活用すれば、1~2日で、各オフショア開発企業の担当者と実際に話したり、検討したりできます。

昨今の新型コロナウイルスで、オフラインの展示会に参加することが難しい方は、オンライン展示会を活用することも有効です。

ステップ3:国・都市の選択

ベトナムで実際にオフショア開発企業を探すことになった場合、どの都市をみていく必要があるのでしょうか。

まず、誰もが知る主要都市であるハノイとホーチミン市には、オフショア開発企業が数多く存在します。

特にホーチミン市は、ベトナムのシリコンバレーとして期待されているダイナミックな都市です。国家技術プロジェクトの一つである「サイゴンハイテクパーク」を設立しました。

その背景には、政府の支援や安定した社会状況、GRDPの増加、恵まれたITインフラ、そして高い生活水準があります。

ハノイは経済発展が著しいベトナムの首都です。社会的・政治的条件は極めて安定しており、ビジネスを安全に発展させていくことが可能です。実際に、「Intel」や「Nokia」、「Samsung」のような巨大企業が、ハノイにオフィスや工場を置いています。

一方、ダナンは日本にとってメジャーなオフショア開発先として、近年台頭してきています。2017年には、ダナンのソフトウェア産業の売上高の47%を日本のIT企業が占めています。ダナンはハノイ・ホーチミン市の人件費に比べ、安い傾向にあります。これからますます多くの企業がダナンを訪れ、事業展開していくことでしょう。

CMC Japanは、上記のハノイ、ダナン、ホーチミン市にオフショア開発拠点があります。

オフショア開発パートナー選びのポイント

オフショア開発のパートナーを選ぶポイントは、コミュニケーション能力、オフショアチームのモチベーション管理やトレーニング体制、自社が依頼したいプロジェクトの開発実績があるかどうかなどがあります。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、言語スキルはもちろんのこと、プロジェクトを進めていく上で重要な「報連相」や「リスク管理」がきちんと行えるかどうかを指します。日本人同士でもコミュケーションの齟齬が生まれるので、ましてや言葉や文化の異なるオフショア開発企業とのコミュケーションでは、認識の違いなどがより発生しやすくなります。ミスコミュニケーションは、プロジェクトの品質に大きく関わってきます。

コミュニケーションについて、検討しているオフショア開発企業がどのような取り組みをしているのか、営業担当者のレスポンスは良いか、など選定時のチェックポイントとして重要です。

オフショアチームのモチベーション管理やトレーニング体制

遠く離れた海の向こうにいるオフショアチームは、自社メンバーと比べて、実感がわきにくいので、特にメンタル面などの変化に気付きにくいです。

順調に安定稼働しているプロジェクトだとしても、キーメンバーの突然の退職や異動により、プロジェクトの品質が下がることがあります。コロナ禍以前では、オフショアメンバーのモチベーションを確認・維持するため、毎月現地へ赴く日本企業の担当者もいました。

オフショアメンバーも「人間」なので、モチベーションや環境の変化が原因でチームから離れることはもちろんあります。したがって、そういった事態に迅速に対応できるよう、補充メンバーへの引き継ぎ・トレーニング体制が整っているかどうかも重要なポイントと言えます。

自社が依頼したいプロジェクトの開発実績があるか

自社がオフショア開発に切り出したい、プロジェクトに類似した経験・実績があるかどうかも大切です。オフショア開発企業といっても、それぞれの得意分野があります。

仮に開発実績がない場合でも、上記で紹介した「コミュニケーション能力」や「モチベーション管理・トレーニング体制」が整っている場合は、教育やキャッチアップを前提に、長期の視点でトライアルプロジェクトでスタートするのが望ましいです。

オフショア開発がさらにわかる本

オフショア開発を検討している方や、既にオフショア開発プロジェクトに携わる方に向けて、オフショア開発について詳しく解説されている本を紹介します。

ゼロからわかるオフショア開発入門 - 吉山慎二

ゼロからわかるオフショア開発入門
ゼロからわかるオフショア開発入門 | 吉山 慎二 |本 | 通販 | Amazon

本書では、日本国内の開発ベンダーの人材確保の手段であるオフショア開発について、その内容と現状を紹介しています。
利点や注意すべき事柄、成功例やトラブル事例などを、できるだけ公平な視点で解説していくことで、オフショア開発を利用する企業が、自社とオフショア開発の相性を冷静に検討する材料を提供しています。

本の長さ:302ページ
発売日:2020年6月1日
通販サイト(Amazon):https://amzn.to/3CIpWIf

目次

  • 第1章 エンジニアがいない! 深刻な人材不足で疲弊する現場
  • 第2章 コスト削減・優秀なエンジニアの確保・専任チームの結成
  • 第3章 人数に対するコスト、セキュリティ、働き方の違い……
  • 第4章 依頼業務の選定、社内の体制変更、日本での研修設定……
  • 第5章 海外エンジニアのマネジメントは難しい!? よくあるトラブルと解決法
  • 第6章 導入前の準備から実施後の効果まで オフショア開発の実践事例

オフショア開発に失敗する方法 - 中国オフショアのリスク管理

オフショア開発に失敗する方法―中国オフショアのリスク管理 | 幸地 司 |本 | 通販 | Amazon
オフショア開発に失敗する方法―中国オフショアのリスク管理 | 幸地 司 |本 | 通販 | Amazon

本書では、実際の中国オフショア開発プロジェクトを題材に、現場の問題、コミュニケーション方法、協業プロセス改善、マネジメントノウハウについて解説しています。中国オフショア開発は、日本におけるオフショア開発の元祖とも言えので、オフショア開発の過去事例からヒントを得たい方にお薦めです。

本の長さ:339ページ
発売日:2008年10月1日
通販サイト(Amazon):https://amzn.to/2XezR83

目次

  • 第1部 中国オフショア開発プロジェクトの現場で実際におきた様々な問題
  • 第2部 外国人技術者に向けた設計書の作成法、外国人ブリッジSEへの指示伝達の留意点
  • 第3部 異文化コミュニケーションの基礎理論とフレームワークを問題解決プロセスに適用する際の注意点
  • 第4・5部 オフショア開発コーディネータの行動特性モデルを元に、業務命令や作業 依頼ではなく信頼や促進・協調によって外国人技術者に影響力を与えるオフショア開発コーディネート業務を提案
  • 第5部 第三者的にプロジェクトの外側から事業戦略としてのオフショア開発を成功に導くPMO スタッフやシニアマネージャに欠かせない2つの行動特性を提示
  • 第6部 事業戦略としてのオフショア開発の意思決定に欠かせないマクロ的な概況を包括的に解説

標準テキスト オフショアプロジェクトマネジメント 【PM編】

標準テキスト オフショアプロジェクトマネジメント 【PM編】
標準テキスト オフショアプロジェクトマネジメント 【PM編】 | 幸地 司, 霜田 寛之, 倉田 克徳, 北島 義弘, 倉田 克徳, 北島 義弘 |本 | 通販 | Amazon

本書はオフショア開発のキーとなる実務的なノウハウをプロジェクトマネージャ向けにまとめたテキストです。これからオフショアプロジェクトの立ち上げるプロジェクトマネージャーの方や関係者の方が実務を中心に、ベストプラクティスを学習するのに最適です。

本の長さ:334ページ
発売日:2009年9月25日
通販サイト(Amazon):https://amzn.to/3g0f0fc

オフショア開発の注意点

オフショア開発のみならず、ソフトウェア開発チームの管理では、うまくいかないことがたくさんあります。コミュニケーションやスケジューリングなどの単純なことから、技術的な負債やプロセスアーキテクチャなどの大きなことまで、慎重に対処しなければ、コスト増大の結果を招いてしまいます。

実際には、問題を無視したり、放置したりすると、さらに悪い結果を招き、取り返しのつかないほどの遅延や開発者の疲弊につながります。特に、オフショア開発では、以下の点を注意する必要があります。

プロジェクトのスケジュールを一定に保つ

物事を正確に予測できる場合、スケジュールを立てるのは簡単です。しかし、ソフトウェア開発プロジェクトは、組織からの新たな要求やリソースの変更など、様々な問題によって簡単に変動してしまうものです。

そのため、すべての計画をきちんと立て、すべての小さなステップを計画し、予期せぬ変更や遅れが生じないようにしなければなりません。専任の開発者による野心的な計画は魅力的ですが、新しい調整に対応するために複数のプロジェクトを同時に処理しなければならないとなると、どんな人にとっても面倒なことになります。そして、混乱した状態のままでは、非効率、低品質、燃え尽き症候群になりやすいです。

時間を賢く管理する

 どんなプロジェクトでも、時間を賢く管理することは重要な役割を果たします。このようなダイナミックな作業環境では、PMや開発者は、1日の作業予定にバッファが必要だと感じることがあります。そのため、To Do リストに沿った明確なスケジュールを立てて、タスクの優先順位を保つようにしましょう。

優先順位の評価は慎重におこなう

プロジェクトの成功は、マネージャーがステークホルダーやビジネスニーズを理解する能力を持っているかどうかにかかっています。この知識があれば、特に時間とエネルギーの面で適切なリソースを持つ開発者にタスクを引き継ぐことができます。逆に、プロジェクトの優先順位が刻々と変化していることを知らないと、スケジューリングがうまくいかない、要求が満たされないなど、顧客の不満を募らせる原因になります。

「燃え尽き症候群」を避ける

ソフトウェア開発プロジェクトはしばしば、長期戦を強いられます。そのため、チームに常に高い生産性を強いることは、必ずしも良いことではなく、「燃え尽き症候群」を引き起こす可能性があります。疲弊したチームは、作業効率の低下やコーディングミスなど、プロジェクトの遅延・コスト増を招いてしまいます。

オフショア開発で代表的な国と特徴

ベトナム

ベトナムは、近年、世界のITアウトソーシング市場の中で勢力を伸ばしています。現在、数千のIT企業で約40万人のITエンジニアが働いており、毎年5万人以上のITエンジニアが卒業しています。

Googleで検索してみると、アジアで最も優れたITアウトソーシングの国として、ほとんどのリストにベトナムの名前が挙がっています。

現在、Samsung、Google、LGエレクトロニクスなどの世界的なハイテク企業の多くが、ITプロジェクトをベトナムにアウトソーシングしています。GoogleのITスペシャリストであるニール・フレイザーは、ロイター社のインタビューで、ベトナムの学校を訪問した際、「ベトナムには、私がこれまでに出会った中で最も成績の良いコンピュータサイエンスの学生がいる」と語っています。

競争力のある価格設定や高い技術力を持つエンジニアなど、ベトナムがオフショア開発で、クライアントに多くのメリットを提供していることが、グローバルなクライアントを大量に獲得している理由だと言えるでしょう。

ベトナム オフショア開発について知りたいという方は、ぜひ当社のお役立ち資料をご覧ください。

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書

Previous
Next

インド

インドは、ITアウトソーシング・オフショア開発業界ではベテランの域に達しています。インドは、世界で最もSTEM分野の卒業生が多い国のトップ5に常に入っており、300万人以上のエンジニアがおり、毎年約12万人がIT人材プールに加わっています。

その膨大な数のITエンジニアを擁するインドは、何千人もの人員を必要とする巨大なITプロジェクトによく利用されています。

中国

インドと並んで巨大なITプロジェクトを扱えるベテランは、中国ですが、その人口の多さには驚かされます。工業規模の生産に対応する能力という点で、中国やインドを凌ぐ人口を持つ国は他にありません。

中国は、数学と科学に重点を置いた教育システムのおかげで、最高のITサービスと人材を提供することができます。中国の欠点は、近年の生活水準の向上により給与水準が大幅に上昇しているため、IT開発のコストが他のアジア諸国と比べて相対的に高くなることです。

ミャンマー

ミャンマーは、IT産業の新たな新興市場です。ミャンマーのオフショア開発産業は、まだ始まったばかりです。この分野では法整備が依然進んでいるため、比較的新しく、急速に発展しています。

ミャンマーのソフトウェア市場は、他のアジア地域に比べて人件費が大幅に低く、未成熟であり、有能な人材が不足している傾向にあります。また、物理的・技術的なインフラも他国内に比べ発達が遅れているため、ミャンマーでのソフトウェア開発のオフショア開発は未知数な部分が多いです。

カンボジア

東南アジアの中心に位置し、若い人口と高い経済成長率を誇っています。首都のプノンペンには、オフショア開発産業をはじめ、国内の企業の大半が集まっています。カンボジアのICTインフラが特に優れているわけではないにもかかわらず、プノンペンでの品質はかなり高いと言えます。しかし、 「Transparency Internationals 2015 Corruption Perception Index」によると、汚職など政治の信用性に懸念点があると考えられています。

まとめ

オフショア開発を検討する際、オフショアの目的、メリット・デメリット、オフショア先の国、プロジェクトの立ち上げ方など、検討すべきことが多くあります。

自社の開発体制や能力など、現状をまず把握した上で、オフショア開発企業を探し、自社にフィットしたパートナーと長期的視野で、協力していくことが重要です。

オフショア開発に関することでご不明点やご質問がありましたらお問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください。

他にも、オフショア開発に役立つ資料セミナーも無料公開しています!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan