技術導入
Facebook
Twitter
LinkedIn

【「技術導入」の完全ガイド】定義、利点、障害、解決策について解説!

目次

はじめに

2021年、デジタルトランスフォーメーションは、世界企業のIT目標の第1位となりました。技術革新が進んだ現代社会でデジタル機器への依存度が高まっていることを考えれば、これはきっと驚くようなニュースではないでしょう。新型コロナの流行は、すでに始まっていた考え方や慣行の転換を早めただけなのです。

企業は競争力を維持するために、新しいテクノロジーを受け入れ、業務に統合しています。

しかし、この取り組みに課題がないわけではありません。

この記事では、新しいテクノロジーの導入について知っておくべきこと、そしてその過程でよくある障害を克服する方法についてご紹介します。

技術導入とは?

新しいテクノロジーを組織にうまく取り入れることを、技術導入と呼びます。

テクノロジーを採用する際は、単に使うことだけではなく、いかにそのテクノロジーを最大限に活用して、新しいシステムのメリットを得るかについて考えるべきです。

たとえば、新しい方法でプロジェクトを監視したい場合は、新しいプロジェクトマネジメントシステムの導入を検討する必要があります。多くの場合、新しいシステムは、1つないし2つの部署に導入されます。これらの部門が独自の方法でそれを採用し、その他の部門は、スプレッドシートやその他のアドホック(暫定的)なソリューションに依存し続けているとします。この場合、会社はプログラムを活用しているが、まだ採用には至っていない状態だといえます。

採用とは、技術を統合し、社内の関連するすべてのチームが利用できるような方法論のことです。技術採用のシナリオには、革新者、初期アダプター、ラガードなど、いくつかのタイプの採用者が存在します。採用は、社内のすべての適切な採用者グループに使用されるように技術を統合する方法論なのです。

※ラガード…新たな技術や製品が広く普及しても、最後まで受け入れない人たちのこと。

新技術を導入するメリット

ビジネスにおけるテクノロジーの導入は、その規模や性質、顧客層にかかわらず、その成長に欠かせないものとなります。まず、現在のテクノロジーが自社のニーズにどのように適合しているかを検証する必要があります。もう一つ把握すべきは、現在のテクノロジーでビジネスを拡大できるかどうか、そして投資するタイミングはいつなのかということです。

ここでは、最新のテクノロジーを組織に導入する5つの利点を紹介します。

効率の向上

テクノロジーは、より柔軟な方法でタスクを完了させれば、手続きのスピードアップを支援してくれます。クラウドコンピューティング、ERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェア、CRMソリューションなどのツールは、企業や顧客の管理を向上させるのに役立ちます。

また、より効果的に目標を達成するために、パフォーマンスの追跡と分析を支援できます。このようなシステムを適切に導入できれば、業績と全体的な効率性を向上させられます。

競争優位性

ビジネスを競争で優位に進めるには、DX(デジタルトランスフォーメーション)に投資する必要があります。AI、ビッグデータ、ブロックチェーンは、起業家の間で最も人気のある技術の一つです。組織が新しいテクノロジーを採用するなら、誰もやらないことを選択することで、収入源を増やし、顧客に価値を提供できます。

また、顧客や投資家の目には、革新者や勝負師として映り、より大きな市場へのアクセスと、より多くの投資を受けられる可能性が高まります。顧客からは、優れた選択肢とみなされるようになります。さらに、企業に対して、好感度をアップする効果もあります。

リモートワークの実現

新型コロナにより、多くの企業にとって生き残りが主な動機付けとなりました。その中で、リモートワークをどのように管理するかが大きな課題となっています。IT企業の多くがリモートワークを行っているため、IT業界は世界の先進事例として注目されています。

リモートワークやコミュニケーション関連のソリューションに投資することで、リモートワークへの移行をより容易にすることができます。

企業は、コミュニケーション、協力、日常業務のデジタル化など、さまざまなリモートワークの課題に対応するために、テクノロジーを利用する必要があります。

たとえば、マイクロソフトは自社のMicrosoft Teamsを使って、社員が何千マイルも離れていても交流し、つながりを持てるようにしています。

完全なワークフロー

企業におけるワークフローは、相互に依存するプロセスの統合や業務の自動化を可能にし、時間管理と効率性を向上させます。マーケティング、オンボーディング、広告キャンペーン、購入・販売、経費精算など、さまざまな業務の自動化ワークフローを開発する上で、テクノロジーは重要な役割を担っています。

ワークフロー管理システムを導入し、ワークフローを効率化することで、困難な状況下でも業務を継続できます。このようなシステムは、手順を単純化し、振り返る時間を最小化し、最小限の人的作業を必要とするように設計されています。

将来の成長

刻々と変化するビジネス環境の中で、企業が生き残るための唯一の方法は革新です。それは、未来を定義し、企業が追求すべき行動指針を選択するプロセスです。

テクノロジーの目的は、企業が新しく改良されたシステムを採用することで、より良い製品やサービスを提供できるようにすることです。その結果、製造時間を短縮し、品質基準を高め、顧客満足度を向上させられます。

これらはすべて、ビジネスの成長に大きな効果をもたらします。しかし、それは即効性のある勝利ではなく、長期的な進歩なのです。

テクノロジー導入における障害を乗り越える方法

テクノロジーを導入する際は、次のような障害が発生するケースが多いです。

これら一つひとつについて理解を深めることで、これらの障害を乗り越える方法がわかります。

従業員やステークホルダーの賛同を得る

IT部門の管理者は、投資する技術の重要性を認識しています。しかし、従業員やその他の利害関係者(たとえば、会社の重役たち) は、それに同意しないかもしれません。人は変化を恐れるもので、新しいツールやプロセスを採用すると、それを使わなければならない場合でも、反発される可能性があります。

考え方や姿勢を変えるには時間がかかりますが、不可能なことではありません。そのためには、新しい技術のメリットについて教育することから始める必要があります。言い換えれば、「従業員や直接的なユーザーにとってのメリットは何なのか?」「なぜ、このようなツールに投資する必要があるのか?」「なぜ、このツールに投資しなければならないのか?」について、丁寧に説明するということです。ビジネスだけでなく、個人レベルでもメリットがあるとわかれば、抵抗はなくなるはずです。

ユーザーをオンボードする

新しいユーザーを獲得する能力は、賛同を得ることと直結しています。新しいテクノロジーを体験することへの不安はよくあるものなので、従業員にはツールの使用方法を理解してもらう必要があります。

システムによっては複雑なものもありますし、従業員の能力や能力もさまざまです。その結果、複雑なソフトウェアを理解するのが簡単と思う人もいれば、そうでない人もいるのです。

新しいプログラムやシステムを使いこなすために、特別なトレーニングを用意する必要があるかもしれません。さまざまな従業員が、異なる要因にアクセスする必要とする可能性があります。外部の専門家を招き、ツールのさまざまな要素について従業員の教育を支援することも検討してください。

明確な目的・目標

デジタル促進に参加したいと思いながら、そのテクノロジーで何を実現したいのかがわからないケースが非常に多く見られます。目的が明確でない場合、組織はテクノロジーの恩恵を最大化できません。

組織全体への技術導入に着手する前に、その技術で何を達成したいのか、明確な目標を設定する必要があります。全社的な目標だけでなく、企業内の各部門やユニットの目標も設定し、目標を従業員やチームメンバーに伝え、全員が同じ考えを持ってもらえるような社内活動も不可欠です。

コスト

多くの企業がDXへの参加を望んでいますが、新しいテクノロジーを購入し、統合するための資金に不安があるところもあるかもしれません。

しかし、創造的なテクノロジーを利用すれば、長期的にはコストを削減できます。古い、時代遅れのテクノロジーに頼ってビジネスを行うと、故障が頻発するため、保守やメンテナンスに多くの費用がかかることになります。さらに、効率や生産性が低下し、経済的な損失にもつながります。技術革新への投資を成功させれば、その成果を得られます。

時間

新しい技術の採用には時間がかかり、プロセスも退屈であることが多いです。努力の結果がすぐに出ないことに落胆するかもしれません。結局、「本当にやる価値があるのだろうか?」という質問で終わるでしょう。

この問題には、簡単な解決策はありません。ただ、DXには時間がかかるという事実を理解することが第一のステップです。最終的には利益を享受できますが、そこに至るまでには長い旅路が予測されます。

リスク

新しい技術をビジネスに導入することには、リスクを伴います。

「明確な投資対効果(ROI)はあるのか?」

「人々はそれを理解することができるだろうか?」

「あなたが望み、期待する変革を実現するために、純粋に役立つものなのか?」

すべてのリスクを排除することは困難ですが、リスクなくしてリターンはありません。

ソフトウェアに投資する際には、注意を払う必要があります。現在のソリューションを調査し、評価やユーザーからのフィードバックをすべて確認した上で、自社の需要に最も適していると思われるものを選択することです。また、カスタムメイドのツールを必要とする場合もあります。

十分なスキルセット

これらの技術を効率的に活用するためには、前述のようにスタッフの教育が必要ですが、多くの企業では技術を設計・実行する能力が不足しています。多くの企業は、既成の機能ではニーズに対応できないため、オーダーメイドのソリューションを求めており、それを設計できるスキルを持ったIT人材を社内に確保することに行き詰まっているのです。

このような場合、必要なスキルを持つ外部のサプライヤーに依頼するのが一般的な方法です。このような場合、オフショア開発パートナーと協力して、お客様の要件に合致した唯一のソリューションを開発できるように検討してください。

リモートでコミュニケーションが取れる現代社会では、企業は地理的な制約を受けずに、世界中の人々と接触し、新技術の設計や実行に必要な特定の資格を見出すことができます。そのためには、過去の顧客とのやり取りやポートフォリオの調査も必要です。

まとめ

DXは、2022年、そしてこれからの数年間、間違いなく最重要目標となるでしょう。しかし、簡単には成し遂げられない目標でもあります。途中で障害に直面する可能性が高いですが、障害と対面し、乗り越えることなくして、ビジネスやブランドを改革することは、ほぼ困難です。

しかし、多くの企業は、技術を徹底的に見直すことに圧倒される前に、障害を克服する努力をすれば、デジタルの野望を実現できます。多くの企業は、技術革新に伴う障害が発生する前に、その障害を克服する努力をしています。

DXを実現するのは、簡単な話ではありません。自社の経営についてさまざまな角度から理解した上で、技術研究を導入しないといけません。複雑な道でも、パートナーと一緒に進めば、安心感を生み出すでしょう。DXのための技術導入について、詳しい相談が必要と思ったら、CMC Japanにお問い合わせください。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【動画】【2022年版】2分でわかる!オフショア開発とは?

ベトナムオフショア開発の活用で、コスト「60%」削減!! & 開発期間「1/2」短縮を実現できた事例をご紹介!

高品質なオフショア開発なら当社にお任せ!
【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next
顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発
Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。