新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施(1回目)

この度、当社は「新経済連盟」主導で行われている、同連盟加盟企業及びその家族を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種を受けることとなりました。本ワクチンの対象となる 18 歳以上の従業員とその家族が任意で7月上旬からワクチン接種を開始しています。使用されるワクチンは、企業や学校、団体の予防接種で使用されている「モデルナ」です。※接種費用:無料。

 1 回目の接種後、通常、4週間の間隔で 2 回目の接種を受けることが必要です。希望者は、必ず両接種の予約をしなければなりません。接種会場は一定の混雑が想定されていますが、受付手続きや案内等は、現地のスタッフによって円滑に行われています。

ベトナム拠点のCMCグループでも、これまで全従業員数の20%にあたる約630名の従業員のワクチン接種が完了しました(2021年7月現在)。

「新経済連盟」のホームページはこちら

2回目のワクチン接種状況(2021年8月27日更新)

引き続き、「新経済連盟」が実施する新型コロナウイルスのワクチン接種で、当社の従業員とその家族(18 歳以上の方が対象)が2回目の接種を受けました。
これで、当社の従業員とその親族のほとんどが2回のワクチン接種を完了しました。

ベトナムのCMCグループでは90%以上の従業員への1回目の接種が完了、ホーチミン市支社では400人の従業員が2回目の接種を受けました。また、希望者に対して、PCR検査を受けることが可能です。

政府の方針により、ベトナムのCMCグループのほとんどの従業員は在宅勤務(テレワーク)をしています。

ベトナムの新型コロナウイルス状況及び当社の対応については下記の動画をご参考ください。※2021年8月24日現在の情報となります。

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan