cloud-migration-4
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

各クラウドコンピューティングサービスを比較!定義、歴史、値段、利点など

目次

はじめに

クラウドコンピューティングの成長に伴い、幅広い選択肢の中から選ぶことができるようになりましたが、AWS、マイクロソフト、グーグルなどの主要プレーヤーが依然として市場を支配しており、特にAWSは2018年の世界のIaaS(Infrastructure as a Service)クラウド市場で最大のシェアを誇っています。

では、クラウドコンピューティングとは何なのか、世界の主要プロバイダー3社の違いは何なのか。企業が自社のDX計画に適したものを選択できるよう、この記事では、Amazon、Microsoft、Googleのサービスをクローズアップします。

クラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングとは、インターネット上でITサービスをオンデマンドで提供することです。物理的なデータセンターやサーバーを購入・運用・保守する代わりに、アマゾンウェブサービス(AWS)のようなクラウドプロバイダーから、必要に応じてコンピューティングパワーやストレージ、データベースをレンタルすることができます。

クラウドコンピューティングという名称は2000年代初頭から使われていますが、日本で「Computing-as-a-Service」という概念が広まったのは、1960年代に当時の通商産業省(現:経済産業省)が、IBMのコンピュータレンタル市場拡大に対抗し、国産コンピュータ産業を育成するための措置として、企業に、メインフレームを購入するのではなく、レンタルで提供し始めたことからです。

昨今、企業は、顧客体験の向上、新たな収入源の提供、効率性と収益性の向上を実現するソリューションを求める傾向にあります。そして、あらゆる規模の企業に広く適用されている一つの可能な方法が、認定ベンダーによるクラウドコンピューティングサービスです。クラウドコンピューティングは今や、製品、サービス、技術の広範で複雑なエコシステムに発展しています。

クラウドコンピューティングサービスのトッププレイヤー3社を紹介

「Amazon Web Service」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」は、名称が違っていても、共通しているのは、世界的に有名なブランドが存在しているということです。

もちろん、AWSもMicrosoft AzureもGCPも、クラウド市場でトッププレーヤーになるための技術的な優位性を持っていますが、競争の激しい市場の中では、強力なブランド名が売上を引っ張ることは間違いありません。

また、それぞれの会社には、母体会社の発展に伴う、異なるスタートストーリーとユニークな特徴があります。

Amazon Web Service(AWS)

AWSの定義

Amazon Web Services(AWS)は、世界で最も包括的で広く採用されているクラウドプラットフォームであり、200以上のフル機能のサービスを世界中のデータセンターから提供しています。

AWSは、さまざまなクラウドコンピューティング製品とサービスで構成されています。サーバー、ストレージ、ネットワーク、リモートコンピューティング、Eメール、モバイル開発、セキュリティなど、すべてがアマゾンの非常に成功したセグメントによって提供されています。

また、オーストラリア、インド、インドネシア、イスラエル、ニュージーランド、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)に、さらに24のアベイラビリティー・ゾーンと8つのAWSリージョンを追加する計画を発表しています。

AWSリージョン*とアベイラビリティー・ゾーンのモデルは、高可用性を必要とするエンタープライズアプリケーションを実行するための推奨アプローチとして、ガートナー社に認められています。

※アベイラビリティー・ゾーン…1つのAWSリージョン内でそれぞれ切り離され、冗長的な電力源、ネットワーク、そして接続機能を備えている1つ以上のデータセンターのこと。

*AWSリージョン…AWSのデータセンターが存在している物理的な「国や地域」のこと。

AWSの歴史

シナジー・リサーチ社によると、AWSは登場以来10年間で市場の30%以上を占め、世界で最も成功したクラウドインフラストラクチャ・プロバイダーに成長しました。

AWSは、2000年に設立されました。当時のAmazon.comは、現在とはまったく異なる企業であり、規模の問題に悩まされていたEコマース企業に過ぎませんでした。そのため、同社には、急速な拡大に対応するための強固な社内の仕組みを構築する必要があり、それが後のAWSの基礎となりました。

2006年、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)は、ITインフラサービスをウェブサービスのかたちで企業に提供を開始しました。

AWSのメリット

コスト削減

AWSは、初期費用や長期契約を必要としない低コストの従量制サービスを提供しています。

グローバルなインフラを大規模に構築・運用しながら、そのコスト削減分をお客様に還元しているためです。

セキュリティ

AWSは、業界の専門家によって認定・監査された、安全で信頼できる技術プラットフォームです。

AWSは、現在の市場で最も適応性が高く、安全なクラウドコンピューティングプラットフォームとして設計されています。その中核となるインフラストラクチャは、軍やグローバル銀行、そのほかの知名度の高い企業のセキュリティニーズを満たすように設計されています。AWSは、90のセキュリティ基準とコンプライアンス認証を提供しており、顧客データを含む117のAWSサービスはすべて暗号化機能を備えています。

アジリティ

AWSは、広大なグローバルクラウドインフラストラクチャを提供し、迅速な作成、テスト、反復を可能にします。

ハードウェアの調達に何週間も何ヵ月もかけるのではなく、新しいアプリケーションを迅速に展開し、ワークロードの増加に合わせてスケールアップし、需要の減少に合わせてスケールダウンすることができます。

また、AWSは、機械学習や人工知能、データレイクやアナリティクス、IoTなどの新技術だけでなく、計算機、ストレージ、データベースなど、より多くのサービスやその中の機能を提供しています。

信頼性

AWSは、企業が自社のウェブサイトを運営したり、自社のサーバーにデータを保存したりするよりも、はるかに安全であることは間違いありません。

AWSは現在、世界各地で数十のデータセンターを運営しており、そのすべてが常に監視され、細心の注意を払って管理されています。さまざまなデータセンターがあることで、世界の一部で災害が発生しても、全世界のデータが失われることはありません。

また、データセンターとそこに保管されているすべてのデータは安全であり、アマゾンのクラウドサービスに関する専門知識により、障害や潜在的な攻撃を24時間体制で迅速に発見し、解決することができます。

現在、Amazon Web Servicesは、信頼性が高く、拡張性があり、低コストのインフラストラクチャ・プラットフォームをクラウドで提供し、世界190カ国の何十万ものビジネスを支えています。そのユニークな機能と革新性により、アマゾンはクラウド市場の3分の1以上を占めています。

当社では、ベトナムオフショア開発の特性(コスト削減&リソース調整)とAWSの素晴らしいクラウドコンピューティングサービスに加えて、日本の企業に特化した様々なクラウド関連サービスを提供しています。AWSサービスの詳細については、こちらのボタンをクリックしてください。

AWSの価格

アマゾンの価格設定で重要なのは、組織が無料でアマゾンのサービスを試すことができる「AWS Free Tier」です。Free Tierには3つのレベルがあります。

12ヶ月無料:Amazonの新規ユーザーが、最初の登録から1年間利用できるサービスのバンドルです。12ヶ月後、またはいずれかのサービスで無料レベルの制限を超えた場合、ユーザーは通常価格を支払います。 

Always free:これは、より限定されたサービスのバンドルで、すべてのAWSユーザーは、最初の12ヶ月間の期限が切れた後も、無料で利用することができます。

トライアル(Amazonのサービスを有効にした後、指定された期間だけ試用すること

AWSは5つの価格モデルを提供しており、特定のユースケースに応じてコストを最適化し、予算を計画するのに役立ちます。

オンデマンド

AWSでは、EC2コンピュートインスタンスを、時間または秒単位で支払うオンデマンド価格で利用することができます。この価格モデルでは、前払いすることなくインスタンスを起動することができます。

スポットインスタンス

スポットインスタンスとは、オンデマンド価格よりも安い価格で利用できる予備のEC2容量を使用するインスタンスのことです。スポットインスタンスは、未使用のEC2インスタンスを大幅な割引価格で要求できるため、Amazon EC2のコストを大幅に削減することができます。スポットインスタンスは、アプリケーションの実行時間やアプリケーションの中断に柔軟に対応できる場合、コスト効率の高い選択肢となります。

リザーブ(予約済)ドインスタンス

リザーブドインスタンス(RI)価格は、1年または3年の長期にわたってAWSを利用することを約束する見返りとして、大幅な割引を提供するものです。AWSでは、RIの支払い方法として、前金なし、一部前金、全額前金などがあります。

セービングプラン

リザーブドインスタンスと同様に、AWSセービングプランは、AWSリソースを長期間使用することを約束する見返りとして、大幅な割引を提供します。ただし、セービングプランでは、1時間ごとの使用量を約束すると、割引率が適用され、それがオンデマンド使用量から差し引かれます。

専用ホスト

AWSでは、Dedicated Hostsと呼ばれる物理サーバーをレンタルすることができます。このオプションは、サーバー全体を自分専用に使用できるため、安全性と信頼性が高いと考えられています。

AWS pricing calculator を使用して、カスタマイズした料金を計算することができます。

Microsoft Azure (マイクロソフト・アジュール)

Microsoft Azureの定義

マイクロソフトによると、Azureの定義は「Azureクラウドプラットフォームは、今日の課題を解決し、未来を創造するための新しいソリューションを実現するために設計された200以上の製品とクラウドサービスです。複数のクラウド、オンプレミス、エッジで、好きなツールやフレームワークを使って、アプリケーションを構築、実行、管理することができます。」

Microsoft Azureの歴史

Microsoft Azureは、2000年代半ばに「Project Red Dog」というコードネームで始まった社内構想です。当時は、アマゾンがすでにクラウドコンピューティングサービスを開始しており、マイクロソフトもそれに追いつこうと躍起になっていました。

AWSが「Simple Storage Service」を開始してから2年後の「Microsoft Professional Developers Conference 2008」で、Microsoftのシニアソフトウェアアーキテクトであるレイ・オジーは、「Windows Azure」と名付けた独自のクラウドコンピューティングサービスの開発を計画していると発表。

コンピュート、ストレージ、ネットワーキングのための「Windows Azure」、データベースのための「Microsoft SQL Services」、開発者のための「Microsoft.NET Services」、ファイル共有のための「Live Services」、そしてSaaSソリューションの「Microsoft SharePoint Services」と「Microsoft Dynamics CRM Services」などが、その戦略の一部でした。

発表後、マイクロソフトはクラウドサービスのプレビュー版の提供を開始し、2010年2月にはWindows Azure Platformが商用化されました。

Azureのメリット

セキュリティ

Azureは、データセンター、インフラ、オペレーション全体にマルチレベルのセキュリティを提供し、お客様と企業の安全を守ります。Azureは信頼できるクラウドであり、10億ドル以上を研究開発に投資し、3,500人のセキュリティスペシャリストがお客様のデータを保護しています。

信頼性

クラウドサービスプロバイダーの中で最も広範なコンプライアンスをカバーしているため、コンプライアンスを簡素化し、データを保護することができます。90以上のコンプライアンス製品を提供するアジュールは、市場をリードしています。Azureの核となるプライバシー原則は、お客様が自分のデータを所有することであり、マーケティングや広告のためにデータを使用することはありません。

ハイブリッド

Azureハイブリッドクラウドソリューションにより、オンプレミス、複数のクラウド、エッジにまたがる複雑で分散したインフラストラクチャを簡素化することができます。ITインフラ全体にアジュールの管理機能を導入し、どこにいてもAzureサービスを実行できます。クラウドベースのデスクトップとアプリケーションの仮想化により、従業員はどこにいても、どんなデバイスでも仕事ができます。コラボレーションを可能にするために、Windows 10とOfficeに完全に最適化された唯一のソリューションを数分で安全に導入し、拡張することができます。

柔軟性

選択した言語やプラットフォームを使って、アプリケーションの作成、デバッグ、デプロイ、管理を行うことができます。ハイパースケールのリレーショナルデータベースと高速なNoSQLデータベースを、あらゆる規模に対応したオープンAPIで提供する唯一のクラウドプラットフォームにより、アプリケーションに無限の拡張性を持たせることができます。

統合

2,000万人以上の開発者に信頼されている最も人気のある統合開発環境であるVisual StudioとVisual Studio CodeにAzureのサポートが組み込まれているので、それを利用することができます。また、Azure Hybrid Benefitにより、Windows ServerやSQL Serverのオンプレミス・ライセンスをAzureで使用することで、既存のライセンス投資を最大40%削減することができます。

Microsoft Azureの価格

Azureは、透明性のある競争力のある価格設定を行っているとウェブサイトに記載しています。アジュールには、企業がさまざまなサービスを1年間無料で利用できる(上限あり)無料ティアがあり、最初の30日間はより多くのサービスを利用するためのクレジットを受け取り、継続的にいくつかのサービスを無料で受けることができます。

Azureアカウントを作成してから最初の12ヶ月間、Azureは4つのサービス(コンピューティング、ストレージ、データベース、AI・アナリティクス)を無料で提供しています。各サービスには制限時間があり、例えば、Windows仮想マシンは750時間しか使用できません。

マイクロソフトでは、Azure VMやその他のクラウドリソースの支払い方法として、主に「Pay as you go」「リザーブドインスタンス」「スポットインスタンス」の3種類を用意しています。

ペイ・アズ・ユー・ゴー

Azure上のサービスは、実際の使用量に応じて1秒ごとに課金され、長期契約や前払いは不要です。このため、必要に応じてリソースを増減できる柔軟性があります。

リザーブ(予約済み)インスタンス

Azureでは、1年または3年間、特定の領域で事前に購入した仮想マシンであるRVMI(Reserved Virtual Machine Instances)を提供しています。従量制のコストと比較すると、事前にリザーブドインスタンスに導入することで、最大72%のコスト削減が可能です。

スポット・プライシング

従量課金ではなく、未使用の処理リソースを最大90%節約して取得することができます。一方、スポット・プライシングは、いつでも中断することができるため、中断しても大丈夫なワークロードにのみ推奨されます。

Azureを使用している場合は、このツールAzure pricing calculatorを使用して価格を計算することができます。

Google Cloud Platform

Google Cloud Platformの定義

Google Cloud(Google Cloud PlatformまたはGCP)は、ウェブアプリケーションを開発、展開、実行するためのコンピュータプラットフォームです。GCPは、主に独自のアプリケーションを構築・維持するためのサービスであり、その後、超大規模データセンター施設からウェブ上で公開することができます。GCPのクラウドアーキテクチャーには、Google Workplace(旧G Suite、旧Google Apps)などのアプリケーションが含まれています。

GCPは、アルファベット内の独立した事業組織であり、企業や特定の状況下では個人がWebブラウザやWebアプリでアクセスできるソフトウェアをインストールするというビジネスニーズを提供します。GCPは、ソフトウェアだけでなく、それをサポートするために必要なリソースや、開発に使用するツールを、使用した分だけ貸し出します。

Google Cloud Platformの歴史

GCPは、2008年にApp Engineという製品をリリースしてデビューしました。Googleは、2008年4月にApp Engineのプレビュー版をリリースしました。これは、クライアントがGoogleのインフラ上でWebアプリケーションを実行できるようにする開発ツールです。Googleによると、App Engineの目的は、「新しいWebアプリケーションを簡単に始められ、そのアプリケーションが相当なトラフィックを受けて何百万人ものユーザーを持つようになったときに、簡単に拡張できるようにする 」ことでした。

2011年後半には、GoogleはApp Engineをプレビューモードから外し、完全にサポートされる正式なGoogle製品としました。現在、Google Cloud Platformは、世界でもトップレベルのパブリッククラウドベンダーとなっています。

Google Cloud Platformのメリット

生産性

グーグルのシステムは、アップデートを効率的に、週単位で提供することができます。大規模で破壊的な変更ではなく、グーグルは管理可能な改善を継続的に行います。

柔軟性

Google Cloudを利用したウェブベースのアプリケーションを使えば、従業員は世界中のどこにいても、デバイス間で情報に完全にアクセスできる。データはユーザーのデバイスではなくクラウドに保存されるため、複数の人が同時にプロジェクトに参加したり、アクセスしたりすることができます。

セキュリティ

グーグルのプロセスベースのセキュリティと物理的なセキュリティの取り組みは、お客様に貢献しています。グーグルは、世界で最も優秀なセキュリティスペシャリストを採用しており、ユーザーはそのメリットを受けます。脆弱なデバイスに保存されるデータは少なく、コンピューターに保持されるデータも最小限で、ユーザーがクラウドベースのオンラインプログラムの利用を辞めた場合には、危険にさらされる可能性があります。

信頼性

何らかの理由でデータセンターが利用できなくなった場合には、ユーザーにサービスを中断させることなく、セカンダリーデータセンターに切り替えることができます。

グーグルアプリでは、ユーザーが技術をコントロールし、データの所有権を持つことができます。また、ユーザーがサービスを利用しないと決めた場合には、グーグルのクラウドからデータを取得することができます。

コスト削減

Google App Engineは、オーバーヘッドを最小限に抑え、少数のサーバー構成を集約しています。これらを人とコンピューターの効率的な比率で管理しています。

Google Cloud Platformの価格

お客様は、Google Cloud Marketplaceによる課金を管理し、使用するGoogle Cloudサービスに対してのみ支払いを行います。

無料プログラム

アカウントを作成して、Google Cloud 製品が実際のシナリオでどのように動作するかを評価することができます。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、導入のための300ドルの無料クレジットが提供されます。すべてのお客様は、毎月の使用量の上限まで、20以上の製品を無料でご利用いただけます。

ペイ・アズ・ユー・ゴー

Google Cloudの従量課金制では、利用したサービスの料金のみを支払うことになり、初期費用や契約解除料はかかりません。価格は製品や用途によって異なりますので、ご希望の製品の詳細はこちらのリンクからご確認ください。

割引

Google Cloud は、毎月の使用量に応じて自動的に節約したり、割引料金でリソースを事前に支払ったりすることで、他のプロバイダーよりもコストを削減することができます。また、予算、アラート、クォータ制限、その他の無料のコスト管理ツールを使って支出をコントロールすることもできます。

コストを見積もるには、Googleによるこの価格計算ツールを使用することができます。

CMC Cloudの紹介

当社グループでも、「CMC Cloud」という、企業がニーズに応じてカスタマイズして利用できるクラウド型の製品・サービスを提供しています。 

CMC Cloudは、Google CloudのPremier Partner、AWSのAdvanced Consulting Partnerである、CMC Telecom が開発したサービスです。CMC Cloudは、優れたサービスと優れたメリットを提供しています。

CMC Cloud は、お客様がデータセンター(Data Center)にハードウェア設備を投資することなく、CPU(Central Processing Unit)、RAM(Temporary Memory)、ストレージ(Storage)、ネットワーク(Networks)などの幅広い仮想サーバーリソースをオンデマンドで初期化することができます。

また、ISO 9001およびISO 27001に準拠した完全に安全なプラットフォームをお客様に提供しています。24時間365日のテクニカルサポートと99.99%のアップタイムにより、お客様のあらゆるビジネス活動を確実に保護します。

まとめ

利用可能なクラウドサービスを知ることは、総合的なデジタルトランスフォーメーションの第一歩です。

当社では、AWSの実際の事例を含めた実践的な資料をご用意しました。

これにより、クラウド移行がお客様のビジネスにどのように貢献するのかを全体的に理解し、他社がどのような問題を解決するためにクラウドを利用しているのかを明確にすることで、お客様のビジネスにクラウドを導入するための計画を、より簡単に立てることができます。

CMC JapanのAWSサービスの詳細や導入事例はこちらのリンクからご覧いただけます。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【ブログ】クラウドへの移行とは?意味や仕組みをわかりやすく解説!

クラウドへの移行は、コスト削減やプロセスの合理化を可能にします。この記事では、クラウドへの移行がどのように行われるのか意味や仕組みについて解説していきます。

【ブログ】SaaSの2つの種類 - ホリゾンタルSaaSとバーティカルSaaS -

本コラムでは、「ホリゾンタルSaaS」と「バーティカルSaaS」の違いやそれぞれの特徴、メリット・デメリットなどをまとめてご紹介いたします。

【動画】【3分でわかる!今さら聞けない!】オフショア開発のメリットとは?

本動画では、日本のIT開発プロジェクトと深く関係がある「オフショア開発」の概要とメリットについて、サクッとで解説しています。

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

出典:

Accenture「クラウドコンピューティング」https://www.accenture.com/us-en/insights/cloud-computing-index(アクセス日時:2021年11月12日10時54分)

AWS「スポットインスタンス」https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/using-spot-instances.html(アクセス日時:2021年11月12日10時57分)

Spot.io「AWSの価格:10の人気のあるAWSサービスの5つのモデルと価格」https://spot.io/resources/aws-pricing-5-models-pricing-for-10-popular-aws-services/(アクセス日時:2021年11月12日11時01分)

Datamation「Microsoft Azureクラウドとは?その用途は何ですか?」https://www.datamation.com/cloud/microsoft-azure-cloud/(アクセス日時:2021年11月12日11時06分)

Microsoft Azure「Microsoft Azureとは?」https://azure.microsoft.com/en-us/overview/what-is-azure/(アクセス日時:2021年11月12日11時11分)

Microsoft Azure「Microsoft Azureを選ぶ理由」https://azure.microsoft.com/en-us/overview/why-azure/(アクセス日時:2021年11月12日11時17分)

Spot.io「Azureの価格設定:完全ガイド」https://spot.io/resources/azure-pricing-the-complete-guide/(アクセス日時:2021年11月12日11時23分)

Wikipedia「Google Cloud Platform」https://en.wikipedia.org/wiki/Google_Cloud_Platform

(アクセス日時:2021年11月12日11時34分)

Net Solutions「Google Cloud Platform(GCP)とは何ですか?なぜそれを選択する必要がありますか?」https://www.netsolutions.com/insights/what-is-google-cloud-its-advantages-and-why-you-should-adopt-it/(アクセス日時:2021年11月12日11時53分)

Google Cloud「Google Cloud Marketplace」https://cloud.google.com/marketplace/docs/partners/integrated-saas/select-pricing(アクセス日時:2021年11月12日11時53分)

Zdnet「Google Cloudとは?なぜそれを選ぶ?」https://www.zdnet.com/article/what-is-google-cloud-is-and-why-would-you-choose-it/(アクセス日時:2021年11月12日12時01分)

Google Cloud「Google Cloud Free Program」https://cloud.google.com/free/docs/gcp-free-tier(アクセス日時:2021年11月12日12時09分)

Google Cloud「Google Cloud Pricing」https://cloud.google.com/pricing(アクセス日時:2021年11月12日12時09分)