Hoa PhatグループとCMCグループが戦略的に協力し、包括的なデジタルトランスフォーメーションを推進

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Hoa Phatグループは近年、包括的なデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを開始し、世界の鉄鋼メーカーや多業種企業のトップ50に入ることを目指しています。ベトナムでナンバーワンの鉄鋼会社である同社は、CMCを戦略的パートナーとして選び、今後5年間のロードマップについて協業していきます。

鉄鋼業界最大手のトランスフォーメーション

Hoa Phatグループは1992年8月に設立され、元は建設機械の売買を専門とする会社でした。30年近くの発展を経て、2020年には、Hoa Phatはベトナム最大の民間企業の1つとなり、4つの主要分野を取り扱っています(鉄鋼、鉄鋼製品、不動産、農業)。2021年初頭には、Hoa Phatグループは「Formosa社」を抜いて、粗鋼生産量200万トンのベトナムおよび東南アジア最大の鉄鋼メーカーとなりました。新型コロナウイルスのパンデミックにより経済が多くの困難に直面する中、Hoa Phatグループの税引後利益は2020年に13兆5,000億ドン(約5億8600万米ドル)以上に達しました。こういった成功にもかかわらず、Hoa Phatグループは第4次産業革命の課題にも直面しています。

2020年末、「Hoa Phat Dung Quat」プロジェクトの第一フェーズが始まり、工場の最大能力を発揮します。一方、Hoa Phatグループの工場では、いまだに多くの手作業が残っており、完全にデジタル化されていないため、生産ラインや製品にムラが生じています。また、情報技術(IT)システムは投資されているものの、同期化されておらず、ベトナム最大の鉄鋼工場の規模に合わせたオペレーションプロセスの最適化がなされていません。

Hoa PhatグループはDXのパートナとしてCMCと協力します
Hoa Phatグループは、将来の競争力を築くためにデジタルトランスフォーメーションを行っています。

拡大を続けるのか、縮小に向かうのか、今後どのように競争力を構築していくのか、Hoa Phatグループは選択に直面しています。ビジネスモデルの変化に対応するため、Hoa Phatグループはデジタル技術をベースにした競争力構築のための戦略を打ち出しました。

同グループは、ITガバナンスモデルをリーンで効率的なものに変え、戦略的目標を確保します。また、ビジネスを発展させるためには、プロセスを透明化し、科学とグローバルな物流サプライチェーンとを結びつけることが必要です。社内的には、データを活用する自動化と専門的なオペレーション管理に力を入れていきます。

鉄鋼業界最大手とCMCテクノロジー・グループの邂逅

2020年末、Hoa PhatグループはCMCグループと戦略的協力協定を結び、包括的なデジタルトランスフォーメーションのロードマップを構築しました。このプロジェクトは半年間続き、企業とグループの鉄鋼生産部門の生産とビジネスプロセスのデジタル化を支援することを目的としています。

Hoa Phatグループの担当者は、戦略的コンサルティングユニットとしてCMCを選択したことについて、「CMCは情報技術の分野で28年以上の経験を持ち、産業や製造業で多くのプロジェクトを実施してきました。また、CMCグループは信頼できるパートナーであり、Hoa Phatグループの多くのITプロジェクトを実施しています。」とコメント。CMCグループは、Hoa Phatグループのビジネス、オペレーション、ITシステムについて多くの時間をかけて学び、Hoa Phatグループから更なる信頼を得ています。

Hoa Phat Groupがデジタルトランスフォーメーション戦略のコンサルタントとしてCMCを選んだ
Hoa Phat グループがデジタルトランスフォーメーション戦略のコンサルタントとしてCMCを選んだのは、CMCの技術力と経験を確信していたからです。

さらにCMCグループは、インフラ、セキュリティ、アプリケーションから新技術(ビッグデータ、IoT、自動化、ERP、サプライチェーンマネジメントなど)に至るまで、様々なサービスソリューションを提供し、Hoa Phatグループの運営、管理、ビジネス面での変革ニーズに応えます。CMCグループはこれまでも、IBM、マイクロソフト、オラクル、SAPなど、多くの大手テクノロジー企業のベトナムにおけるシニアパートナーとして、クライアントが最先端のテクノロジーソリューションを利用できるようにサポートしています。

Hoa Phatグループの計画的なデジタルトランスフォーメーションのロードマップ

CMCグループの最高技術責任者(CTO)であるルオン・トゥアン・タイン氏は次のように述べています。「Hoa Phatグループの運営上の問題を解決するための、ソリューションをCMCは持っています。鉄鋼業や重工業に適した、長期的かつ実現可能で実用的なビジョンを描き、多業種の企業モデルを共に目指します。具体的には、デジタルキャパシティビルディング戦略を事業戦略および事業活動と同期させることに重点を置き、収入の増加、コストの削減、資産の最適化、リスクの抑制と言う規則に従って優先的に実施できるいくつかのイニシアチブを特定、選択、評価します。」

Hoa Phatは複数の産業を持つグループであり、包括的な変革のために、CMCは主要なステークホルダーと協力する専門チームを作り、常にグループ全体のコンセンサスを作り出すことを提案しています。

したがって、変革のロードマップは3つのフェーズに分かれています。第一フェーズでは、テクノロジーとガバナンスの基盤を構築し、第二フェーズでは、効果的なデジタル化を活用して、優れたユーザーエクスペリエンスを備えたオペレーションと生産を行うことに重点を置き、第三フェーズでは、データを使って包括的にHoa Phatグループのマネジメント層が管理・運営し、他のビジネスエリアに拡大することを支援していきます。

CMCと共にHoa Phatのデジタルトランスフォーメーション
デジタルトランスフォーメーションは、Hoa PhatのITガバナンスモデルを、合理的、効率的、安全な将来の戦略目標に向けて変更するのに役立ちます。

オペレーションのデジタルトランスフォーメーションにより、代理店と企業の間に新たな交流チャネルが生まれ、注文プロセスの自動化、商品の配送追跡、顧客体験の向上が実現します。また、Hoa Phatグループの取締役会は、情報技術ソリューションをコーポレートガバナンスに適用する方法をよりよく理解し、経営管理装置が効果的に機能するようにします。

「Hoa Phatグループは、効率改善、新しい価値の創造、顧客満足度を高め、新しい市場をより簡単に、より広く、より速く見つけるための変革を行っています。CMCのコンサルティングは、コスト削減、リスク管理、労働効率とビジネス効率の向上に役立ちます。」と、Hoa PhatグループのIT部門長でデジタルトランスフォーメーションプロジェクトの責任者であるトゥ・タイン・ハイ氏は述べています。

CMCグループの技術部長であるLuong Tuan Thanh氏
CMCグループの技術部長であるLuong Tuan Thanh氏によると、Hoa Phat社の操業問題を解決するために、CMCは科学的な方法論と計画的なロードマップを持っています。

「プロジェクトの半年間、CMCはお客様の理解と寄り添うことを優先に進めました。双方の意見が一致するまで、何度も激しい議論が交わされました。お客様へのコンサルティングのプロセスは、技術力の自己学習と自己改善のプロセスでもあるのです」とルオン・トゥアン・タイン氏 はコメント。

Hoa PhatグループのITインフラの評価では、システムの品質を直接調査するだけでなく、最も正確な結果をもたらすために、定量的な評価のための自動化ツールを使用するよう、CMCが調整・指導しました。CMCは、コンサルティングプロジェクト終了後2ヶ月以内に、「Hoa Phat Dung Quat」工場のITオペレーションの安定性と安全性を確保するために伴走することを約束しています。

関連記事

本記事で紹介されたCMCグループCTOのルオン・トゥアン・タイン氏についてはこちら

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan