開発を加速させる戦略
Facebook
Twitter
LinkedIn

ソフトウェア開発を加速させる9つの戦略について解説!

目次

はじめに

競争に打ち勝つためには、高速なソフトウェア開発が不可欠です。

しかし、スピードのために品質を犠牲にしないことも同様に重要です。

ソフトウェア開発プロセスに「完璧」はありません。プロジェクトが市場投入可能であると判断されたとしても、定期的に新たな修正とリリースが行われ、継続的に保守と改善が行われます。

しかし、開発チームは、たとえ部分的に未完成であっても、ソフトウェアを迅速に構築しなければならないことに変わりはありません。ソフトウェアは変化が激しいため、技術はすぐに古くなり、時代遅れになる可能性さえあります。さらに、企業は競合他社よりも早く市場に参入することで、競争に打ち勝たなければなりません。

では、品質を維持しながら、ソフトウェア開発の速度を上げるにはどうしたら良いのでしょうか。以下でご紹介いたします。

ソフトウェア開発プロジェクトの進捗を決定する要因

ソフトウェア開発プロジェクトの進捗を決定する要因として、次の4つが挙げられます。

プロジェクトの複雑さ

これは実にわかりやすい要素です。1つのチームは2つの製品を同時には作れないでしょう。

プログラムが複雑であればあるほど、開発者はより多くの障害や問題に直面することになります。そこに至るまでが、プロジェクト全体のスピードに影響を与えるのです。

チームサイズ

プロジェクトに携わる開発者の数は、プロジェクトの複雑さと同様に、完成までにかかる時間に影響を及ぼします。

5人の経験豊富な開発者が8人の初級ソフトウェアエンジニアを凌駕することがあります。同じレベルの人材と有能な管理者がいる大規模なチームの方が、少人数のグループよりも速いペースで達成できます。

コードの品質

高品質のコードを書くには、より多くの時間がかかります。

プロジェクトが大規模な場合、コード作成に投資する時間を予期しておく必要があります。

人材

一度プログラムすれば直線的に動作する機械とは異なり、人間のチームでは同じ結果が得られない可能性があります。

もし、幸運にも優秀なチームメンバーがいるのであれば、能力の低い開発者よりも速い往復時間を達成できる可能性が高いでしょう。

ソフトウェア開発プロジェクトを加速させる9つの戦略

以下でご紹介する9つの戦略に従えば、ソフトウェア開発の速度を上げることができます。

最初から明確な要件を設定する

これはかなり単純なことですが、プロジェクトを適切に指揮するためには、早い段階で正確な基準を定義することが重要です。この目的や要求がないと、自分の進むべき道がわからなくなり、混乱や迂回を招くかもしれません。その結果、プロジェクトがさらに遅れてしまう可能性があります。目標を明確にし、後で間違いを修正することで、時間を節約できます。

基準を示すだけでなく、各チームメンバーがそれぞれの目的を把握し、理解することを確認すべきです。これもまた、混乱による遅延を防ぐためです。

戦略とロードマップを明確にする

要件は単独で存在するものではありません。また、チームがどのようにその要求を成功させるのかを明らかにしなければなりません。つまり、戦略は何かを明確にする必要があります。

ロードマップは、スケジュール通りに目標を達成するためのガイドとして機能します。ロードマップは、プロジェクトの各段階の概要と、最終的な納品に向けて達成したいベンチマークの概要を示すものです。

標準を整備する

業界のベストプラクティスは重要ですが、独自の社内基準を設けることで、これがガイドとなり、さらに達成すべき目標が設定されます。

全員が同じ考え方に立ち、作成した基準を理解してもらえるよう、これを文書化し、社内サーバーやイントラネットなど、簡単にアクセスできる場所に置くべきです。スタッフには、それを読み、理解したことを確認するよう求めます。プロジェクトは常に、可能な限り自社の基準を遵守すべきですが、ある程度の余裕を持たせる必要もあります。

プロジェクトを構成要素に分割する

どんなことでも、全体として見ると大変なことのように見えます。しかし、それを小さく分割すれば、管理が容易になります。小さな部品の集まりと考え、特定のタスクを小さなチームに割り当てて対応させましょう。

そうすることで、各チーム、各メンバーにとってプロセスがより身近なものになり、大きなプロジェクトに一度に取り組むよりも、小さな目標を早く達成する可能性が高まります。

また、「小さな」プロジェクトでも良い結果を出すことに集中するため、品質向上にもつながります。

技術的負債を適切に管理する

開発においては、より簡単で時間のかからない解決策や戦略を選択すべきです。しかし、より時間のかかる方を選んだ方が、最終的には、より質の高い仕事をもたらす可能性があります。プロジェクトに費やす時間を短縮するためには最適な戦略に見えても、長期的に見ると害になるかもしれません。技術的負債は、絆創膏のようなものだと考えてください。現在の明らかな問題を隠す一方で、根本的な、主要な理由には対処できないのです。

実際には、技術的負債があると、後で戻って問題を解決しなければならないので、一般にプロジェクトが長期化します。また、これらの問題を悪化させる可能性もあります。

残念ながら、技術的負債を完全になくす方法はありません。ですから、技術的負債を賢く扱い、絶対に必要な場合にのみ使用し、常に早い段階で返済しなければなりません。

関連記事:

仕掛かり品を最小限にとどめる

進行中の仕事をすべて排除することは困難です。しかし、可能な限り短縮できると、タイムテーブルにとって有益です。あまりに多くの部品や仕事があると、すぐに混乱してしまい、チームメンバーも不安になってしまうかもしれません。

プロジェクト管理ツールを使って進捗を測定し、効率的に仕事を進めることで、一度に多くの仕事をこなせ、プロジェクト全体をよりよく管理できます。

無駄を省く

プロジェクトには明確な焦点が必要です。したがって、目的を達成するために、可能な限り最小限のものにします。雑念を取り除き、目標に意欲と集中力を持ち、プロジェクトの基準をクリアする必要があります。時間がかかるのに効果のない作業に時間を浪費するのではなく、純粋に全体像に貢献する作業や構成要素に力を集中させるのです。

アジャイルの使用は、業務を単純化し、管理しやすくするのにも有効です。絶対に必要でない繰り返しは、避けるべきです。たとえば、テストの繰り返しは頻繁に必要ですが、物事をキャッチアップするための何十回もの直接のミーティングは、おそらく必要ないでしょう。

可能な限り自動化する

すべての作業やプロセスを自動化する必要はありませんが、開発の加速を図るには、自動化は重要なツールです。たとえば、テストでは、手動でのテスト作業を補完するために頻繁に使用されます。

自動化には、テストなどのスクリプトを作成するために有資格者の使用が必要であり、自動化は単に便利に使うためのツールではないことを覚えておくべきです。自動化は、プロジェクトやチームにとって意味のある場所とタイミングで、意図的に適用する必要があります。

チームを拡大する

ある程度の規模のプロジェクトになると、現在のスタッフでは対応し切れなくなることがあります。そのような場合は、開発者やその他のスタッフを増員して、現在のスキルを拡大することを検討してください。特に、より多くの人員を必要とする特定のプロジェクトや、現在のチームにはない専門的なスキルを求めている場合は、オフショア企業が賢明な選択となります。

オフショア企業を選択した結果、ワークフローを処理する能力が向上し、製品を迅速に提供するために必要な能力が備わるため、より速い往復時間が実現します。これらの戦術を組み合わせ、高いレベルの製品と仕事を維持しながら、開発プロセスを加速する努力を増やします。

まとめ

十分な準備がなければ、ほぼ間違いなく、道中で多くのダウンが発生します。

これは、チームの創造性に悪影響を与えるだけでなく、開発コストや製品が市場に出るまでの時間を引き上げます。

この記事の戦略を適用して、ハードルを作らず、ソフトウェア開発プロジェクトを加速させましょう。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【動画】【2022年版】2分でわかる!オフショア開発とは?

ベトナムオフショア開発の活用で、コスト「60%」削減!! & 開発期間「1/2」短縮を実現できた事例をご紹介!

高品質なソフトウェア開発なら当社にお任せ!
【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next
顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発
Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。