オフショア開発とオンショア開発の違いとは
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

オフショアとオンショアの違い、メリットとデメリット

目次

人気のある技術のソフトウェア開発スキルは世界中にほぼ均等に分布していますが、適切な開発者を見つけるのは難しいものです。コスト、文化的な適合性、アクセスのしやすさ、知的財産権の保護なども考慮する必要があります。効果的なアウトソーシングを行うためには、これらの問題を考慮した上で、外部のソフトウェア開発チームとパートナーシップを組む必要があります。 本記事では、オフショアとオンショアのメリット・デメリットをご紹介します。

オフショアとオンショアの違い

オフショアとは

オフショアアウトソーシングとは、地球上のまったく異なる場所にある企業と仕事をすることです。オフショアチームは、時差のある遠く離れた国に存在します。例えば、ベトナム、インド、中国などは、ソフトウェア開発の品質や人件費の安さの点で、日本の主要なオフショア先となっています。

オフショアが登場したのは、企業が海外に工場を設立したのがきっかけでした。その後、オフショアはさまざまな形に変化してきました。

オフショアのチームは、個別の専門家として活動することも、小・中規模のチームの一員として活動することも、大規模なオフィスを構成することもできます。いずれにしても、会社のブランドの下で活動することが原則となります。

IT分野でのオフショアは、通常、海外オフィスや、海外に開発専門チームを置く形で行われます。IT企業の経営者にとって、安定した成長を維持しながら経費を削減するための手段として注目されています。

オンショアとは

オンショアとは、アウトソーシング先が同じ国や地域にあることを意味します。自分の国に一番近いところで行うオプションです。

このモデルは、地元の業界ネットワークの利便性を好む会社に最適です。しかし、予算を最大限に活用したい場合、オンショアはベストな選択肢ではありません。

ニアショアとの違い

ニアショアとは、近距離にある隣国のアウトソーシング・パートナーのことです。コストやコミュニケーションの観点から、オフショアやオンショアと比べて中間的な選択肢と考えられています。

ニアショアはオフショアと似ていますが、重要な違いは、アウトソーシングパートナーがタイムゾーンが同じか類似している隣国にいることです。そのため、ニアショアでは、オフショアに比べて時差が少なく、訪問時の移動時間も大幅に短縮できるという利便性があります。

オフショアのメリット

  • コスト削減

  • 専門知識へのアクセス

  • スケーラビリティの向上

コスト削減

多くの企業が海外へのオフショアを選択する最大の理由は、コスト削減の可能性です。コスト削減は、安価な労働力、安価な材料、効率性の向上、収益につながるサービスの増加などの形で現れます。例えば、ベトナムの人件費は、日本や近隣諸国(タイ、中国…)の人件費に比べて相対的に低い傾向にあります。同じスキルを持ったパートナーを日本から雇うと、もっとコストがかかることから注目を浴びています。

専門知識へのアクセス

世界の国や地域には多くの選択肢があるため、あなたのビジネスが活用できる巨大なグローバル人材プールがあります。語学力や専門的な資格を持ち、自国と同じかそれ以上の品質基準で仕事ができる専門家や非常に優秀な人材がたくさんいることにより、プロジェクトに最適な人材を探し、見つけることができます。

また、このような技術的な業務をオフショアリングすることで、IT、ソフトウェア開発などのニッチなスキルを持つプロフェッショナルにアクセスすることができます。

スケーラビリティの向上

企業活動を海外にオフショアするもう一つのメリットは、スケーラビリティです。

社内でチームを雇用してトレーニングする代わりに、外部の企業がニーズに合った人材を提供してくれます。そうすれば、コアな業務に集中して会社を成長させるための時間とリソースを確保ができます。さらに、オフショアチームを構築することで、海外の拠点に遠隔地の従業員を配置することができます。これにより、新しい市場を開拓、ビジネスを拡大することができます。

オンショアのメリット

  • 文化的一貫性と同じタイムゾーン

  • アクセシビリティ

  • 市場を理解できる

文化的一貫性と同じタイムゾーン

同じ言葉を話し、同じまたは類似した価値観を持つことは、デリケートな仕事をする上で大きな意味を持ちます。混乱が抑えられ、効率が上がる要因のひとつです。同じ地域のチームとコミュニケーションをとることで、プロセスの委任、協力、必要な変更の修正がより簡単になります。

言うまでもなく、タイムゾーンが似ていると、効率的なコミュニケーションやアイデアの共有が容易になり、全員が同じ考えを持ち、協力し合うことが可能になります。

例えば、早急に解決しなければならない緊急事態が発生した場合、契約しているオフショア企業では、勤務時間が異なるために対応が大幅に遅れる可能性があります。

アクセシビリティ

自分の国から人材を選ぶことで、透明性の高いコミュニケーションと効果的なコントロールが可能になります。開発者とのミーティングや作業状況の確認のための定期的な出張も容易です。オンショア開発では、技術的に開発者と直接会うことができ、必要に応じて修正を要求するためのフィードバックを行うことができます。

市場を理解できる

現地のオンショア企業は、貴社の市場を熟知しているため、貴社の市場ニーズに合わせたサービスを積極的に提供してくれます。これにより、外国企業がサービスを提供していた場合には、市場のニーズを満たすために使用していた時間とリソースを節約することができます。

オフショアのデメリット

  • 言葉の壁と文化の違い
  • アクセスのしにくさ
  • 細かい部分のコントロールができない

言葉の壁と文化の違い

言語や文化の違いは、プロジェクトを成功させるための大きな障壁になるかもしれません。

オフショアチームの言語能力は日々向上していますが、お客様の母国語を理解する深さは異なり、細かな言葉遣いや一般的な表現を知らないことも。

また、ビジネスマナーやプロジェクトへの取り組み方、意思決定のスタイルなど、文化の違いがワークフローや品質管理などに影響を与えることもあります。

アクセスのしにくさ

オンショアのパートナーのところには簡単に素早く行くことができますが、オフショアのパートナーに連絡を取り、進捗を促すのはもっと難しいことです。最近では、バーチャルなコミュニケーションツールを使って、どこにいてもアウトソースパートナーと関わることができるようになりましたが、プロジェクトへのサポートが遅れると、リスクの高い段階で悩まされることになります。

細かい部分のコントロールができない

オフショアの主な懸念事項の一つに、業務の一部を外部に委託することによるコントロールの低下があります。最近では、バーチャルなコミュニケーションツールを使って、どこにいても外注先と関わることができるようになりましたが、時差や言語の違いによって、ソフトウェア開発プロジェクトの細かい部分へのコントロールが制限されてしまいます。第三者企業とのコラボレーションでは、意思決定プロセス(オフショアチームの構成など)にほとんど影響を与えることができません。毎回、新しい担当者と信頼関係を築かなければならない必要も出てきます。プロセスを追跡し、問題に対処することができないと、修正可能な問題が元のサイズの何倍にも膨れ上がってしまいます。

オンショアのデメリット

  • 高いコスト

  • 限られた人材プール

高いコスト

オンショアソフトウェア開発の最大のデメリットは価格です。オンショア開発のコストは、顧客企業の経済環境に左右されるため、オフショア開発に比べて高額になります。例えば、日本の開発者の年収は約460〜550万円、ベトナムの開発者の年収は約100万円程度となっています。

限られた人材プール

オフショアのソフトウェア開発会社や専門家はたくさんあり、その中から選ぶことができます。しかし、オンショアはオフショアに比べて人材の層が薄いため、選択肢が限られてしまいます。つまり、オンショアのソフトウェア開発会社を選んでも、世界で最も優秀な人材に出会えるとは限らないのです。

まとめ

オンショア、ニアショア、オフショアのいずれの場合でも、アウトソーシングを利用することで、より柔軟な対応が可能になります。オンショアでもニアショアでもオフショアでも、アウトソーシングを利用すれば、より柔軟に対応することができます。

アウトソーシングには、信頼できる業者がたくさんあります。今日、ベトナムはアジアで最も人気のあるソフトウェア・アウトソーシングの目的地のひとつとなっています。その上、ベトナムの開発者は新しい技術やプログラミング言語をすぐに受け入れ、国際的にも高い需要があります。

オフショアに関することでご不明点やご質問がありましたらフォームからご連絡ください。

(オフショア開発に役立つ資料セミナーも無料公開しています!)

参考GlassdoorPayscale

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan