Webアプリケーション開発でプログラミング言語
Facebook
Twitter
LinkedIn

Webアプリケーション開発で最も人気のあるプログラミング言語とは?

目次

はじめに

現在、何百ものプログラミング言語が誕生し、新しい言語も次々と生まれています。

このように多くのプログラミング言語が存在するため、多くの開発者は、Webアプリケーションの開発において、どのプログラミング言語を選択すれば良いのか、迷ってしまうことがあります。

Googleで「最も人気な開発言語」と検索すると、さまざまな基準で言語をランク付けしたリストが多数ヒットします。たとえば、PayPalは言語チュートリアルの検索頻度に基づいてランク付けしており、オランダのTIOBE Softwareはその言語を使用するサードパーティベンダーや開発者の数によって言語をランク付けしています。

今回は、Webアプリケーション開発において、2021年に最も人気のあるプログラミング言語をご紹介します。Webアプリケーションのベンダーに依頼する場合は、このリストを参考にしてください。

関連記事:

Webアプリケーション開発で人気のある開発言語

ここからは、2021年でポピュラーだったWebアプリケーション開発の開発言語について、それぞれ詳しく解説します。

Python

Pythonは最も急成長しているプログラミング言語ですが、それにはさまざまな理由があります。Pythonのコードは人間の思考に非常に近く見えるため、複雑な構造でも簡単にコーディングすることができます。この利点により、ソフトウェア開発者は、開発時間を数日から数時間、数時間から数分に短縮することができます。

実行速度を優先するならば、Pythonが理想的です。Pythonには、Webアプリケーション開発用のDjangoやFlaskなど、さまざまな用途のライブラリやフレームワークが豊富に揃っています。

また、Pythonは非常に長い間市場にあり、さらに人気があるため、インターネット上でそのコミュニティからサポートや指示を簡単に見つけることができます。

Java

Javaは、ほかの言語と比較して、セキュリティや機能性に優れているため、銀行やフィンテックのWebプロジェクトによく使用されています。PYPL指標によると、JavaはPythonに次いで2番目に人気の高いプログラミング言語であり、JavaScriptがそれに続いています。

また、Javaはクロスプラットフォームな言語であることも大きな特徴です。つまり、Javaアプリケーションは、主要なオペレーティング・システム(Linux、Windows、MacOS)のすべてで動作します。これは、MacOS用のアプリケーションを作るとMacOSでしか動作しないほかのプログラミング言語とは異なります。

Javaには、Spring、JSF、GWT、Grailsなど、Webアプリケーション開発のための優れたフレームワークもあります。特に、Springは複雑なWebアプリケーションを高いパフォーマンスで構築できるため、Webアプリケーション開発用の最も強力なJavaフレームワークです。

PHP

多くの人がPHPは人気ではないといいますが、そういう人は統計を無視しているに違いありません。PHPは最新の言語ではありませんが、80%近くのWebサイトでサーバーサイドプログラミングに使用されています。

PHPは、Webアプリケーション全体やそのインタラクティブな要素を構築するための万能言語です。PHPを使用して、コンテンツ管理システム(CMS)、オンラインデータベースシステム、購読型Webサイト、ゲーム用Webアプリ、豊富なコメント機能を持つブログ、登録システムなどを作成することができます。

また、カスタマイズ性に優れ、データ処理が速く、さまざまなCMSとスムーズに連携できるため、動的なWebアプリケーションを作成するのに適しています。

Laravelは、Webアプリケーションの開発速度を向上させる豊富な機能を備えているため、Webアプリケーション開発用の最も人気のあるPHPフレームワークです。Symfonyも人気のあるフレームワークで、主に数百万の接続を持つエンタープライズアプリケーションを処理するために使用されます。

Ruby

Rubyは、高水準の構文を持つ動的なスクリプト言語です。もともと、命令型プログラミングと関数型プログラミングの間のバランスを生成することによって、コードをより人間に読みやすくするために作成されました。Rubyは素直な言語で、英語のように読めるため、初心者に人気があります。

RubyはPythonと同様に汎用的な言語であり、Webアプリケーションの開発によく使われます。また、プロトタイピングやデータ分析など、ほかの用途にも使われます。Rubyには、Webアプリケーションの開発を容易にする基本的な機能を備えたツールやライブラリがあります。Rubyのアプリは拡張が容易であるため、まず基本的な Rubyの Webアプリを作成し、後にそれを数千の同時ユーザーリクエストに対応する強力なシステムに拡張することができます。 

Rubyのフレームワークの中で最も人気があるのがRuby on Rails(RoR)です。SinatraやPadrinoなどのほかのRubyフレームワークと比較して、このフレームワークが優れているのは、優れたスピードとシンプルさ、そして快適なコーディング体験を提供することです。

PythonとRubyの大きな違いの一つは、Pythonだけが十分に文書化された機械学習パッケージを持つことができることです。したがって、機械学習の要素を持つWebアプリを作ることを視野に入れている場合は、PythonとDjangoで進めてください。

JavaScript

JavaScriptは、Webアプリ開発におけるクライアントサイドのプログラミングで最も人気のある選択肢です。現在までに、すべてのWebサイトの98.9%で使用されています。JavaScript のコードは柔軟で、シンプルで、書きやすく、デバッグしやすいのが特徴です。また、ほかの言語で書かれたスクリプトの内部で使用することもできます。

JavaScriptは、Webサイトのサーバーではなくユーザーのデバイス上で実行されるため、サーバーへのリクエストを最小限に抑え、ユーザー体験を向上させることができます。このため、クライアントサイド・プログラミングによく使用されています。

また、JavaScriptは、メニュー機能、アニメーション、ホバーインタラクションを作成できるため、静的なWebサイトをWebアプリケーションに変えることができます。

JavaScriptのフレームワークの多くは、優れたレシピ本のように、全機能の説明を含む包括的なドキュメントを備えており、Webアプリケーションの開発速度を高めるのに役立つことも、人気の理由となっています。JavaScriptのフレームワークで最も使われているのは、React、Angular、Vue.jsの3つです。

Angularは本格的なフレームワークなので、それだけで最新のWebアプリ開発の側面をカバーすることができます。Google Play Store、Office 365 for web、YouTube、Netflix、PayPalなどの優れたWebアプリは、Angularをベースにしています。Angularの利点の1つは、開発者がパイプ、ディレクティブ、サービス、およびその他の要素を、交換や拡張が容易な個別のバケットに整理できるモジュール構造を持っていることです。また、Angularは頻繁にアップデートされ、パフォーマンスが改善されています。

Reactは、本格的なフレームワークではなく、機能的なユーザーインターフェースライブラリに近いです。これにより、開発者は既存の要素のコードを書き換えることなく、ユーザーインターフェースの構築や修正を行うことができます。

また、多くのJavaScriptフレームワークは検索エンジンと相性が悪く、ランキングを弱めますが、ReactのWebサイトはサーバーサイドでレンダリングされるため、読み込みが速く、SEO対策になります。

Vue.jsは、シングルページアプリ(SPA)開発でよく使われるようになり、台頭してきています。このフレームワークは、より少ない行数でコーディングすることにより、最小限の努力で良い結果を得るという考えに基づいて構築されています。Vue.jsは、ウォッチャー、計算されたプロパティ、ディレクティブなどの機能を備えており、時間のかかる開発を楽にします。

HTML/CSS

HTMLとCSSは、Webアプリケーションのフロントエンドを構築するために一緒に使われる一対のプログラミング言語です。HTMLはアプリケーションの骨格となるもので、Webページの構造と内容を決定します。HTMLの問題点は、Webアプリケーションをインタラクティブにできないことで、そのためCSSが必要になります。 

CSSでは、フォントや色、レイアウト、デザインなどを追加して、Webサイトの美観を演出することができます。この2つの言語は、インタラクティブな要素や複雑な機能(動的なコンテンツの変更など)を追加するために、JavaScriptによって補完されることがよくあります。つまり、HTMLはWebページの構造を定義し、CSSは外観を定義し、JavaScriptはページの動作を定義するのです。

まとめ

以上、Webアプリケーション開発でポピュラーな開発言語についてご紹介しました。

ご覧の通り、各言語は特定の目的のために使われることが多く、PythonやJavaScriptはスピード重視のアプリケーション構築、Javaはセキュリティと柔軟性、PHPは機能豊富なアプリに最適な選択肢といえます。

プロジェクトの要件とWebアプリケーションに必要なものを理解することで、適切な言語を選択することができるでしょう。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【動画】【2022年版】2分でわかる!オフショア開発とは?

ベトナムオフショア開発の活用で、コスト「60%」削減!! & 開発期間「1/2」短縮を実現できた事例をご紹介!

Webアプリケーション開発なら当社にお任せ!
【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next
顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発
Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。