オフショア開発のリスク
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

【知らないとマズい】オフショア開発のリスクと回避方法とは?

目次

はじめに

ソフトウェア開発をオフショアに任せることは、ビジネス効率の向上、アプリケーションの市場投入までの時間の短縮、運用コストの削減を実現する素晴らしい方法です。

ただ、オフショア開発のプロセスには、数多くの潜在的なリスクが存在します。

この記事では、ITオフショアロジェクトで直面する可能性のあるすべてのリスクと、その対処法について解説します。

関連記事

【リスク1】オフショア開発に対する「非現実的な期待」

「こんにちは、Amazonのアプリに似たアプリを作りたいのですが、予算は100万円です」

これが非現実的ということです。

非現実的な期待を抱くことは、2つのシナリオにつながるので、失敗を招くことになります。1つは、どのベンダーもプロジェクトを受け入れてくれないこと、もう1つは、Amazonのようなアプリを1万ドルで作ることにうなずく人にお金を盗まれてしまうことです。

良いアプリケーションを作るには、どのベンダーも同じようにそれなりの時間と費用がかかります。自分の非現実的な期待に負けてしまわないように、そのことを心に留めておく必要があります。

「非現実的な期待」のリスクを回避するには?

・ソフトウェア・アプリケーションに備えたい機能をすべてきちんとリストアップする。

・ベンダーに相談し、専門家のアドバイスを受ける。

・ベンダーに費用と時間の妥当な額を算出してもらう。

・このプロジェクトのあらゆる側面(コスト、成果物、納期など)について、彼らと腰を据えて話し合い、混乱を解消する。

・両者がすべて納得したら、開発を進めていく。

このプロセスは、一般的に多くの時間と労力を必要としますが、ソフトウェア開発のリスクを半分に減らすことができます。

もし、予算が足りず、すべての機能を実現できない場合は、プロジェクトを小さなフェーズに分割してください。

【リスク2】オフショア開発における「仕様の変更」

アプリケーションの開発は、家を建てるのに似ています。中途半端に家を建てて、窓が2つ必要になったからといって、それを取り壊して新しい家を建てるのは効率的ではありません。 

ソフトウェア開発でも同じことがいえます。プロジェクトの途中で仕様を変更すると、非常にコストがかかるし、開発の進捗も遅くなります。

「仕様の変更」のリスクを回避するには?

・プロジェクトを始める前に、市場調査を行い、アプリケーションに必要となる潜在的な機能をすべて洗い出す。  

・ベンダーと機能リストについて話し合い、すべての機能を決めていく。

・もし自信がない機能があれば、MVP(Minimum Viable Product)を開発し、ユーザーに見せ、フィードバックを得ながら変更を加えていく。 

・何はともあれ、ベンダーが機能を開発しているときに邪魔をしない。

【リスク3】オフショア開発における「ミスコミュニケーション」

オフショア開発プロジェクトが成功しない主な原因の1つは、不適切なコミュニケーションです。

結局のところ、ベンダーが担当者の伝えることを理解できなければ、適切な機能を提供することはできませんし、担当者がベンダーを理解できなければ、ベンダーができることについて、正しい期待を持つこともできません。このような理由から、同じ言語を共有し、その言語でお互いをよく理解できるベンダーと仕事をすることが非常に重要です。

すべてのソフトウェアベンダーは、個々のプロジェクトを担当するプロジェクトマネージャーを擁しています。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトに関わるすべての人の相談相手となり、彼らのチームにタスクを割り当て、明確な指示を与えて、オフショアプロジェクトを遂行する責任を負います。そのため、一緒に仕事をすることになるプロジェクトマネージャーとコミュニケーションを取りやすいかどうかを確認しましょう。

「ミスコミュニケーション」のリスクを回避するには?

・コミュニケーションしやすい相手としか組まない。

・ベンダーと頻繁にミーティングを行い、常に最新の情報を入手する。

・ベンダーとの契約や要件は、追跡可能なチャネル(電子メールやチャットツールなど)にすべて書き出し、混乱を避けるようにする。

【リスク4】オフショア開発における「成果物が求める品質に達していない」

どんなプロジェクトでも、最終的に重要なのは、完成したアプリケーションの品質です。

しかし、選択したベンダーの約束や保証をすべて信用した後で、求める基準に満たないアプリケーションができ上がるということは珍しいことではありません。

したがって、ベンダーの約束に全財産をつぎ込むことは、このリスクを回避する最善の方法ではありません。そのベンダーが本当に有能かどうかを自分たちで見極めるしかないのです。

「成果物が求める品質に達していない」のリスクを回避するには?

・徹底したテストと、早期にテストベンダーのスキルを知るためにいくつかのコーディングとテストを用意し、ベンダー評価の過程でベンダーにテストを受けるよう依頼する。

・プロジェクトを分割する。プロジェクトを小さなモジュールに分割し、1つのモジュールが完成したら、各モジュールの品質を慎重にテストする。

・ベンダーを確認するベンダーが品質保証をどのように扱っているか、詳しい説明を求める。確立されたプロセスを持っているか、ソフトウェア開発に関する認証(CMMI、ISO)を取得しているかを確認する。

・信頼できるベンダーと仕事をする。ソフトウェア開発を委託するのは、認知度の高いクライアントとの取引実績があり、可能であれば同業他社に限定する。

・レビューを検索する。Clutch.co、GoodFirms、G2.comなどの評判の良いレビューサイトで、そのベンダーに関するレビューを探す。

【リスク5】オフショア開発に対する「コスト超過」

コスト削減は、企業がIT開発をオフショアパートナーに任せる最大の理由の1つです。

しかし、悪質なベンダーと組んだ場合、コスト超過に直面する可能性があります。この種のベンダーは、初期の時間給を非常に低く設定する傾向があり、それは魅力的に思えるかもしれませんが、その後、ごく普通のタスクを完了するのに時間がかかり、より多くのエラーを起こし、最終的に、はるかに高い価格につながるのです。

「コスト超過」のリスクを回避するには?

・最初に明確な業務範囲を定義する。作業範囲の拡大は、プロジェクトコスト超過の主な原因の一つ。1つの成果物のセットを計画しても、時間が経つにつれて、そのセットにさらに追加したくなったら、それはコスト超過につながる。

・評判の良いオフショア開発会社と一緒に仕事をすること。評判の良いベンダーは、自分たちに責任があるコスト超過のためにあなたに多くを請求しないし、開発前にプロジェクトの固定費を得ることができる。

・開発費の総額が契約書に正式に記載されていることを確認する。ベンダーと締結する契約書には、開発費の総額や、コスト超過の場合の責任の取り方などの情報が記載されていることを確認する。

まとめ

オフショア開発におけるリスクとその対処法についてのヒントをご紹介しました。

オフショア開発プロジェクトを成功させるためには、潜在的な落とし穴を十分に認識し、それを回避する方法を知っておく必要があります。そうすることで、ベンダーと長期的なパートナーシップを築き、ITアウトソーシングの恩恵を受けることができるのです。

ベトナムオフショア開発を検討されている方は、ぜひ、お問い合わせフォームに必要事項を記入の上、お問い合わせください。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【動画】開発コストを60%削減?!ベトナムオフショア開発の成功事例をご紹介!

ベトナムオフショア開発の活用で、コスト「60%」削減!! & 開発期間「1/2」短縮を実現できた事例をご紹介!

 

【お役立ち資料】【2022年版】失敗しないオフショア開発ベンダー選びチェックシート

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。