DevOps(デブオプス)
Facebook
Twitter
LinkedIn

DevOpsとは?企業の開発スピードを上げ、多くの利益を生み出すための開発手法

目次

はじめに

DevOpsが不可欠なのは、より迅速な製品作成と容易なデプロイと保守を可能にするソフトウェア開発・運用アプローチだからです。

DevOpsは、ベストプラクティス、自動化、および新しいツールの採用を通じて、開発、運用、および社内の関係者間のより強い関係を構築することで、より短く、より制御可能なイテレーションをサポートします。

DevOpsは単なる技術ではありません。組織文化からプロセス、ツールに至るまで、すべてを網羅するマインドセットとなり得ます。DevOpsがなければ、組織はロードブロックを経験するでしょう。その結果、ソフトウェアリリースの配信が遅れ、業績に悪影響を受けます。

この記事では、DevOpsとは何か、DevOpsの中核となる原則と実施工程、そして最も重要なDevOpsとクラウドの関係について説明します。

【関連記事】

DevOps(デブオプス)とは?

DevOpsは、開発チームと運用チームの間の障壁をなくすために、人、手順、ツールを結集した開発手法で、最も基本的な形態として、「反復的なソフトウェア開発、自動化、デプロイ、およびメンテナンスの使用」と定義できます。

DevOpsは、アジャイル開発とリーン生産方式という2つのアプローチから生まれました。アジャイルは、応答性の高いIT開発組織を確立するために作業の短いスプリントと迅速な反復を優先し、リーン生産方式は、無駄を排除して工場の生産性を最大化するものです。

DevOpsは、開発、IT運用、品質エンジニアリング、セキュリティなど、これまで分かれていた役割を連携・協働させ、より優れた、より信頼性の高い製品を生み出すことを可能にします。

DevOpsチームは、IT製品の開発をスピードアップし、ITインフラストラクチャ管理に対する迅速なアプローチにより、現代の市場のスピードに合わせたデプロイとアップグレードを行うことができます。

DevOpsは、文化的なコンセプト、プラクティス、テクノロジーの組み合わせで、組織が高速なアプリケーションとサービスを生み出す能力を高め、従来のソフトウェア開発よりも速い速度で製品を進化させ、改善できます。企業は、この高速化により、顧客の満足度を向上し、市場競争力を強化することが可能です。DevOpsは、チーム間のコミュニケーションと協力を促進する考え方であるため、企業文化にも貢献します。

なぜDevOps(デブオプス)が重要なのか?

DevOpsは、「Dev」と「Ops」、つまり、ソフトウェアを構築するためのコードを作成するソフトウェア開発と、プログラムを本番稼動させてエンドユーザーに提供し、保守するIT運用の間のギャップを埋めるものです。

DevOpsを採用することで、アジャイル開発におけるボトルネック問題に対処できます。従来の運用チームは、アジャイル開発者が新しいソフトウェアやコードの更新を高い頻度で作成すると、タイムリーな製品のテストとリリースで苦労し、迅速な開発の原則は失われていました。

DevOpsは、企業が業務効率を向上させ、デリバリーを迅速化し、開発工程を革新するための方法です。DevOps文化を採用した組織では、協力関係の改善、流動的な対応、リソースと時間の短縮などのメリットが得られます。

継続的な改善によってソフトウェアを速くリリースするために、本番環境を最適化する能力こそが、DevOpsのビジネス価値です。ソフトウェア開発には、業界の混乱を予測し、迅速に対応する能力が必要です。これを実現するのがアジャイル開発手法の原則であり、チームが自己完結し、仕掛かり品を減らして速く提供できるようにします。

今日、DevOpsは最も議論されているソフトウェア開発手法の1つです。Facebook、Netflix、Amazon、Etsyなどの世界をリードする企業でも採用されています。

DevOps(デブオプス)とDevSecOps(デブセックオプス)の違い

DevOps(デブオプス)とDevSecOps(デブセックオプス)には、以下のような違いがあります。

DevOps(デブオプス)

DevOpsは、デプロイの頻度を高めると同時に、製品の予測可能性と効率性を保証することを目的としています。

アプリの開発とデプロイのプロセスを通じて、DevOpsは開発チームと運用チーム間の協力を重視します。開発チームと運用チームが協力して、共有のKPIとツールを確立します。

DevOpsエンジニアは、ユーザー体験への障害を最小限に抑えながら、できるだけ早く変更をリリースする方法などを検討します。

ただ、DevOpsチームは、デリバリー速度の向上を重視するあまり、途中でセキュリティ脅威を防ぐことを必ずしも優先していないため、脆弱性が蓄積し、アプリケーション、エンドユーザーデータ、企業の専有資産が危険にさらされる可能性があります。

DevSecOps(デブセックオプス)

開発チームがDevOpsの手法ではセキュリティに適切に対処できないことに気づいたことから、DevSecOpsが生まれました。DevSecOpsは、セキュリティをビルドで修正するのではなく、開発プロセスの早い段階でセキュリティ管理を統合する手法として生まれました。

この戦略では、ソフトウェア・セキュリティは開発パイプラインの終点ではなく、ビルド・プロセスの始点で開始されます。この新しい手法では、DevSecOpsエンジニアは、プロダクトがユーザーに配信される前に、サイバー攻撃に対する安全性を検証し、アップデート中もセキュリティを確認できます。

DevSecOpsは、開発者が安全なコードを書くことの重要性を強調し、DevOpsが対応していないセキュリティ上の課題に対処しようとします。

DevOps(デブオプス)の仕組みと原則

DevOpsの手法では、もはや開発チームと運用チームが分離していることがありません。この2つのチームは時に1つにまとめられ、エンジニアは開発からテスト、デプロイ、運用まで、アプリケーションの開発工程全体にわたって働き、特定の役割にとらわれない多様な能力を身につけます。

一部のDevOpsモデルでは、品質保証チームとセキュリティチームが、開発や運用とより密接に連携するようになります。

DevOpsの特徴は、以下の原則で表すことができます。

継続的な改善

DevOpsは、アジャイルマニフェストが応答性と協力を重視するように、継続的な改善、つまり、新しく、より良い運用方法を見つけることを奨励しています。チームが常に新しい機能やアップデートに集中すべきだという考えを強調しているのです。

体系的な思考

開発者、テスター、インフラ管理者、ソフトウェア消費者を含む、より包括的なITへのアプローチであり、単一の作業や部門のパフォーマンスではなく、完全なシステムのパフォーマンスを重視します。

顧客中心主義

DevOpsの開発工程では、顧客が第一の焦点であるべきです。意思決定は、「これは顧客の利益になるか」という問いと照らし合わせる必要があります。現在の製品に関する顧客のフィードバックは、将来の改良に役立てられます。

ライブモニタリング戦略は、DevOpsチームがクライアントの懸念になる前に問題を修正するためにも使用されます。また、DevOpsの開発工程の速さにより、チームはこれらの悩みに対処することに集中し、アップデートをロールアウトします。

協力

DevOpsは、協力という基盤の上に成り立っています。開発では、共同作業のおかげで運用フェーズに適したソフトウェアを構成でき、速くプログラムをテストして、要件を満たしているかどうかを検証できます。

協力には、優れた情報共有スキルも必要です。もしプログラムが配備された後に問題が発見された場合、開発チームが将来のビルドでもその問題を発見できるように、適切に記録を取る必要があります。

自動化

DevOpsの黄金律は、開発、テスト、設定、デプロイを可能な限り自動化することです。これにより、専門家は時間のかかる反復作業ではなく、ほかの重要な活動に集中できます。

エンドツーエンドの責任

DevOpsの目的は、分離をなくし、各チームメンバーが特定の機能のみに責任を負うのではなく、成功の結果をチーム全体の焦点と義務にすることです(たとえば、開発者にはインフラの障害に対する所有権がなく、運用チームには欠陥コードに対する責任がないなど)。

DevOps(デブオプス)のメリット

どんなに新しい手法が発明されても、ソフトウェア開発のスペシャリストたちの目標は変わりません。彼らは常に、製品をより速く、より効果的に構築する方法を探しているのです。DevOpsがもたらす成果は、そのメリットから、紛れもなく注目に値します。

効率性の向上

DevOpsの採用で手作業の量が必要最低限に抑えられるため、ソフトウェアエンジニアは完全に自動化されたものに対して時間を割く必要がなくなります。

並列ワークフロー、高速化ツール、スケーラブルなインフラ、継続的インテグレーションサーバー、これらすべてが、効率的な開発とデプロイを実現するために役立ちます。

加速

より良い顧客サービスを提供し、変化する市場に適応し、より効果的にビジネス成果を上げるために、高速で活動できます。開発者と運用チームは、DevOpsマインドセットを使用して、これらの目標を達成することが可能です。

リリースの回数とそのスピードを上げることで、製品の革新とアップグレードを迅速に行えるようになります。新機能の導入や不具合の解決が早ければ早いほど、顧客の要望に適応し、競争優位を獲得できます。

より良い協力関係

DevOpsのアイデアと実践は、チームのコミュニケーション改善、生産性の向上、柔軟性の向上につながります。DevOpsを実施しているチームは生産性が高く、お互いのスキルやノウハウも学べます。チームメンバーは、開発する側と運用する側の両方が協力し合って働きます。

ただし、これらの利点は、DevOpsが単なるタスクの集合ではなく、部門を超えたチームの協力を促進する概念であることを理解している場合にのみ得られるものです。

信頼性

開発、デプロイ、その他のプロセスの信頼性が高まり、エラーが発生しにくくなります。DevOpsと継続的テストにより開発サイクルが短縮され、チームは製品の矛盾や問題を迅速に特定できるようになりました。

良好なコミュニケーションと経験の共有により、問題に迅速に対処することができます。

また、デプロイをいつでも簡単に元に戻すことができます。

顧客満足度

DevOpsの重要性を示すもう一つの大きな要因は、顧客中心のアプローチ、定期的なフィードバック、市場投入までの時間の短縮、継続的な改善のすべてが、最も充実したソフトウェア開発の結果につながることです。

DevOps(デブオプス)の開発工程

DevOpsでは、7つのステップからなるデリバリー工程と、チームメンバー間の活発な協力が必要です。

継続的な開発(Continuous Development)

継続性の概念は、継続的または反復的なソフトウェア開発を包含しています。つまり、すべての開発作業を小分けにして、より良く、より速く生産することを意味します。エンジニアは一日に何度も小さな部分でコードし、簡単にテストできるようにします。コードのビルドとユニットテストも自動化されています。

継続的インテグレーション(Continuous Integration)

DevOps開発工程の中で最も重要なフェーズは、継続的インテグレーションです。更新されたコード、および追加機能や特徴は、このフェーズで開発され、既存のコードに合併されます。

さらに、このフェーズでは、コードのエラーはユニットテストを通じて各段階で認識・特定され、それに応じてソースコードが更新されます。

この段階を経て、統合は継続的なプロセスへと変化していきます。また、このフェーズで必要なテストが計画されます。

継続的なテスト(Continuous Testing)

チームによっては、統合の前に継続的テストフェーズを完了させるところもありますが、統合の後に行う場合もあります。この段階では、品質アナリストがDockerコンテナを使用して、ソフトウェアに不具合や問題がないかどうかをテストします。バグやエラーが発生した場合、コードは統合フェーズに戻され、修正されます。

また、テスト自動化は、高品質の調査結果を得るために必要な時間と労力を削減します。さらに、継続的なテストにより、テストの評価レポートが改善され、テスト環境の提供や維持にかかるコストが削減されます。

継続的なデプロイ(Continuous Deployment)

この時点で、コードは本番使用のために公開サーバーにデプロイされます。コードは、既存の機能を壊さず、多くの人がアクセスできる方法で提供されなければなりません。頻繁にデプロイし、新機能をできるだけ早く評価・認証するため、「早目に失敗する」戦略を採用します。エンジニアは、さまざまな自動化技術を使用し、製品のリリースを支援できます。

CI/CD (Continuous Integration/ Continuous Deployment) パイプラインは、DevOpsと密接に関係しています。CI/CDパイプラインがどのようにソフトウェア開発を支援するかについては、こちらの記事を参考にしてください。

参考記事:

継続的なモニタリング(Continuous Monitoring)

モニタリングの目的は、サービスの安全性と可用性を確保することです。モニタリングは、運用面全般を含むDevOpsプロセスの一部であり、ソフトウェアの使用に関する重要な情報を記録し、慎重に分析、傾向を明らかにし、問題領域をピンポイントで特定するものです。一般的に、モニタリングはソフトウェアの運用機能に組み込まれています。

このフェーズでは、サーバーに到達できない、メモリが少ないなどのシステムの問題が修正されます。

継続的なフィードバック(Continuous Feedback)

ソフトウェアの活動結果を分析することで、アプリケーションの開発は常に改善されます。これは、運用とソフトウェアの反復開発との間に、常にフィードバックを行う重要なフェーズを確立することで実現されます。

このフェーズは、より良いバージョンのプログラムを導入できるよう、継続的なデリバリーを可能にするために不可欠です。

継続的な運用(Continuous Operations)

DevOps開発工程の最後のフェーズは、定期メンテナンスなどの計画的なダウンタイムを減少させるために重要なものです。修正を実行するには、通常、開発者はサーバーをオフラインにする必要があります。このため、ダウンタイムを避けられず、組織にとって大きな損失につながる可能性があります。

最終的には、継続的な運用によって、アプリの起動と更新のプロセスが自動化されます。

このフェーズの主な目標は、製品のアップタイムを向上させ、サービスを中断することなく継続できるようにすることです。

DevOps(デブオプス)とクラウドコンピューティングの緊密な関係

アジャイル開発の文脈では、クラウドコンピューティングとDevOpsの両方は、利点にいくつかの共通点を持っています。企業は、クラウド技術を利用すれば、無限にある機能やソリューションに自分のスピードでアクセスできます。あらゆる場面で、クラウドテクノロジーは迅速な機能のアップグレードと追加を可能にします。

一方、DevOpsは、関係者全員にとってアジャイルな職場を促進します。

スピードとアウトプットの点では、どちらのテクノロジーも独自の優位性を持っています。

しかし、クラウドとDevOpsを組み合わせることで、互いの能力を補完し合い、より魅力的なソリューションとなるのです。

クラウドとDevOpsの関係は以下の観点で表されます:

・開発工程の各フェーズを強化することで、クラウドコンピューティングはDevOpsをより簡単に採用できます。クラウドベースの製品は、いつでもさまざまなシステムで制作・テストすることが可能です。クラウド技術のオンデマンド性により、物理的な機器のチェックが不要になるため、時間の節約とコストの削減に繋がります。

・クラウドでは一元的なデプロイが可能であり、DevOpsのサポートが組み込まれている場合があります。DevOpsチームがソリューションを特定の方法で構築する必要がある場合、クラウドの強力な自動化機能がプロセスの簡略化と繰り返しを支援できます。

・DevOpsの自動化はクラウドに移行しています。ほとんどのパブリックおよびプライベートクラウドコンピューティングプロバイダーは、そのプラットフォーム上で、継続的インテグレーションと継続的開発のためのツールを含め、包括的な方法でDevOpsを実現しています。この緊密な統合により、オンプレミスのDevOps自動化技術にかかる費用を削減するとともに、DevOpsプロセスを成功させるための集中的な管理を確保できます。

より多くの企業がクラウドに移行するにつれ、DevOpsとクラウドネイティブなセキュリティとの関連性はますます強まり、ソフトウェアの開発、配信、管理の方法が変化していくことになるでしょう。

まとめ

DevOpsは、誕生以来、開発プロセスのスピードアップや品質の高い製品の高付加価値化など、さまざまなかたちで有用であることが示されています。DevOpsは、IT文化の視点の転換を反映しています。また、アジャイルとリーン生産方式を基にした、スムーズな開発と迅速なソフトウェアデリバリーに重点を置いています。

成功には、説明責任、協力の強化、ビジネス成果に対する責任の共有といった文化を構築する能力が欠かせません。

開発目標を達成するためにDevOpsを統合する方法について詳しく知りたい場合は、ITスペシャリストに連絡し、ビジネスとチームにとって重要な決定を下す前に、より良い理解と選択肢を得ることができます。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【動画】【2022年版】2分でわかる!オフショア開発とは?

本セミナーは、ベトナムオフショア開発を実際に活用している企業様から、実際のデリバリーノウハウやリアルな成果についてお伝えしています。

DevOpsなら当社にお任せ!
ベトナムオフショア開発入門書資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発

Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

出典:

Appdynamics「DevOpsが重要な理由」https://www.appdynamics.com/topics/why-devops-is-important(アクセス日時:2021年4月27日3時11分)

Techtarget「DevOpsとは:完全なガイド」https://www.techtarget.com/searchitoperations/definition/DevOps(アクセス日時:2021年4月27日3時12分)

Appdynamics「DevOps と DevSecOpsの違いとは」https://www.appdynamics.com/blog/product/devops-vs-devsecops/(アクセス日時:2021年4月27日3時13分)

Splunk「DevOps とは?」https://www.splunk.com/en_us/data-insider/what-is-devops-and-why-is-it-important.html(アクセス日時:2021年4月27日3時15分)

Amazon「DevOps とは?」https://aws.amazon.com/devops/what-is-devops/(アクセス日時:2021年4月27日3時16分)

Hubspot「成功する開発チームのためのDevOpsの7つの原則」https://blog.hubspot.com/website/devops-principles(アクセス日時:2021年4月27日3時19分)

Gitlab「DevOps とは?」https://about.gitlab.com/topics/devops/(アクセス日時:2021年4月27日3時21分)

SeasameDisk「クラウドとDevOpsの適用性」https://sesamedisk.com/cloud-and-devops-a-relationship-between-both/(アクセス日時:2021年4月27日3時23分)

BMC Blog「DevOpsにおけるクラウドの役割」https://www.bmc.com/blogs/devops-cloud/(アクセス日時:2021年4月27日3時23分)