ベトナムのオフショア開発:検討すべき理由は?

目次

ベトナムのオフショア開発:検討すべき理由は?

ICT(情報通信技術)は、ベトナムで最も成長率の高い産業の1つです。 2019年の同業界の年間平均成長率は9.8%で、年間売上高は1,100億ドルに達しました。 ベトナムは、急速にソフトウェア開発の世界有数のアウトソーシング先の1つになりつつあります。 日本、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、シンガポールの多くの企業が、ますますベトナムをコスト削減の戦略的選択肢として見てきています。

ベトナムは、ビジネスに有利な改革、改善された規制環境、物流、拡大する情報技術インフラを提供しています。これらの検討に加えて、同国はITコースを促進する教育システムを開発しました。

この記事では、オフショアリングを定義し、オフショア・モデルの長所と短所を概説し、ソフトウェア開発活動をベトナムにアウトソーシングする方法について説明します。

オンショア、ニアショア、オフショア開発

プロジェクトがオフショアで開発される場合、プロジェクトはクライアントからサードパーティのソフトウェア開発ベンダーに (全体的または部分的に)移管されます。

ただし、完全な構築プロセスを外部委託したい場合は、フリーランサーではなくソフトウェア開発会社と協力する必要があります. 実際には、一人のフリーランサーは1つまたは複数の関連する課題(モバイルまたは Web 開発、バックエンドまたはフロントエンド開発など)における権威者かもしれません。たとえば、スマートフォン・アプリを作成するには、最低でも一人の資格のあるデザイナー、一人の品質保証エンジニア、および一人のソフトウェア開発者が必要です。

オンショア、ニアショア、オフショアの3つの主要なアウトソーシング・サービス提供のいずれかを選択する場合、そのような IT ベンダーを見つけることができます。詳細は、 以下の通りです。

①オンショア開発

あなたと同じ国にいるベンダーは、アウトソーシングでは「オンショア」(または「ドメスティック」)と呼ばれます。 言語、文化、およびタイム・ゾーンによって生じる障害が取り除かれるため、オンショア・アウトソーシングにとってこの緊密性は非常に重要です (オフショア ソフトウェアの開発とは対照的です)。設定しやすいライブ会議は、問題をより迅速かつ効果的に解決するのに役立ちます。また、 パートナーの開発プロセスをより簡単かつ迅速に監視できます。

ただし、この方法は、お金が問題にならない場合にのみに有効であることを理解してください。 税率と人件費が高いため、オンショア・アウトソーシングは多くの場合、費用が高くなります。 また、テクノロジーの分野では、人材が不足する可能性があります。

②ニアショア開発

このアウトソーシング戦略を採用する場合、請負業者は近隣国又は地域に位置することになり、これは「ニアショア開発」と呼ばれます。 さらに、最初に説明したアウトソーシングとほぼ同等の利点があります。時差がほとんどないか、又はないため、ベンダーの業務を簡単に監視し、発生した問題に対処できます。さらに、重要な言語的または文化的なハードルが存在する可能性はありません。これにより、あなたと外注先の会社がプロジェクトだけに集中し、可能な限り迅速に完了させることができます.

ただし、ニアショア開発は、高価な代替手段であり、予算が限られている場合にはお勧めできないことを知っておく必要があります。

③オフショア開発

オフショア開発では、委託先の本社があなたのいる場所から遠く、おそらく中央ヨーロッパや東南アジアになると予想する必要があります。 それらは、労働力と柔軟で競争力のある価格設定が故に、最も選ばれるアウトソーシング先です。

プロジェクトをオフショア開発チームにアウトソーシングする前に、次の点を考慮する必要があります。 あなたとあなたのオフショア ソフトウェア開発ベンダーとの間の地理的な隔たりにより、かなりのタイム・ゾーンの違いが開発ワークフローに悪影響を与える恐れがあります。 重大な言語的および文化的障壁も発生する可能性がありますが、これらの問題はすべて、正しく対応できればれば容易に克服できます。

この点で、お客様の所在地と協力する企業の所在地が、主にアウトソーシングモデルを決定します。

オフショア開発のメリットとデメリット

自社ソフトウェア開発のデメリット

企業がオフショア・ソフトウェア・アウトソーシングを選択する根本的な理由は、人件費が安いという利点です。 プロジェクトの品質を維持しながら、時間とお金を大幅に節約できます。 この議論は興味深く、魅力的に聞こえるかもしれません。 財政難と人材不足に対処する方法かもしれません。 ただし、オフショア開発チームを採用する前に考慮すべき欠点がまだあります。

オフショア・ソフトウェア開発のメリット

①低価格

社内のIT担当者に最新のテクノロジーに関する知識を持たせることは、困難で費用もかかります。 ソフトウェア開発を外部委託する場合、ITインフラに投資したり、従業員を探したり、雇用したり、トレーニングしたりする時間を無駄にする必要はありません。

ソフトウェア・プロジェクトを開始するときは、コストの最小化が最優先事項になる場合があります。 インド、中国、ウクライナ、ベトナムなどのオフショア国の大部分では、日本の開発者よりも人件費が低くなっています。

その結果、自国よりもオフショア・ソフトウェア会社に支払う金額を抑えることができます。 別の言い方をすれば、オフショア・ソフトウェア開発を選択すると、プロジェクトの品質や能力レベルを損なうことなく、お金を節約できます。

②知識と専門知識のある労働力へのアクセス

オフショア開発を通じて、世界中の高い基準と品質を満たすソフトウェア・アプリケーションの作成に多くの経験を持つ熟練したソフトウェア・エンジニアのかなりの数のプールにアクセスできます。さらに、オフショア・パートナーは、過去のクライアントのために国際的なオーダーメイドのソフトウェア開発プロジェクトに取り組んだ経験があるため、悩みを認識しています。

テクノロジーは常に、より高いもの、よりより広範囲なものを求めています。ただし、ITプロフェッショナルに関する需要は高いです。 データ・サイエンス、ビッグ データ、人工知能、DevOpsエンジニア、その他のさまざまな最新のプログラミング言語など、多くの技術分野で IT 専門家が不足しています。

自国で IT の専門家を見つけるのが難しくなった場合、オフショア開発チームに頼ることが素晴らしい解決策になります。 IT スペシャリストが不足している問題の解決策を見つけるのに役立ちます。さらに、プロジェクトが完了した後の社内開発チームの運営および雇用に関するプレッシャーが軽減される可能性があります。

オフショア・アウトソーシング契約に基づいて、これらの分野で一流の知識と経験を持つオフショア開発チームが、知識集約型のサービスを提供できます。

しかし、オフショア・ソフトウェア開発者の質について、人々はまだ疑問に思っています。 しかし、そのようなことはありません。 毎年、何千人もの高度な教育を受けたソフトウェア開発者が卒業しています。 ベトナム、ウクライナ、インド、中国など、ソフトウェア ライフサイクル開発で有名なオフショア国は、教育、特に IT 部門に多額の投資を行っています。 多くのカレッジや大学は、さまざまな専門コースを提供しています。 目標は、ソフトウェア・エンジニアの数と能力の両方を高めることです。

この投資の目的は、さまざまな分野で働く IT プロフェッショナルの数を増やすことです。 その結果、国の IT 不足の危機は解決されます。 その後、世界市場向けにプレミアムなものを提供します。

③時間の節約

誰もプロジェクトが納期から遅れていることを望んではいません。競争市場においては重要な要因です。プロジェクトが長引けば長引くほど、市場シェアを失うことになります。2つ目の要因は、予算的な問題をもたらすことです。予算をかければかけるほど、工程に時間がかかります。

自分一人でゼロからプロジェクトを構築するのは難しいです。人材の採用、育成、配置に時間がかかります。時間的なプレッシャーとリソースの不足から、時にはストレスを感じることもあるかもしれません。

プロジェクト経験のあるオフショアソフトウェアビジネスは、開発サイクルを迅速化し、時間通りにプロジェクトを完了させることができます。彼らは、アジャイル方法論と連動するソフトウェア開発手法を反映した素晴らしい仕事をしています。これらは、継続的な改善と変化への適応的な反応とともに、プロジェクトのオンタイムデリバリーを保証するものです。

さらに、異なるタイム・ゾーンのビジネスとコラボレーションするため、タイム・ゾーンの重複がプロジェクトにとって有利になり、市場投入までの時間を短縮できる可能性があります。

④共同責任

オフショア・ ソフトウェア企業と契約を締結すると、Win-Win の関係になります。あなたの製品の最高品質は、すべての関係者が等しく共有されます。さらに、このような方法で行うことで、あなたの会社は継続的に変化し、拡大する機会を得ることができます。

オフショア・ソフトウェア企業は数え切れないほどあり、その数は数千社にのぼります。他のビジネスと同様に、彼らは常に顧客に最高水準のサービスを提供したいと考えています。オフショアでのソフトウェア開発において、各社はソフトウェア・プロジェクトの品質を最優先します。

言い換えれば、プロジェクトの結果に関心を持つのはあなただけではありません。オフショアチームは、プロジェクトに関連するすべてのリスク、問題、および危険を軽減するためにあらゆる努力をします。その結果、より高い品質の作品を生み出すことが可能になるのです。

⑤経験

いくつかのクライアントとパートナーは、評判の良いオフショア・ソフトウェア開発企業と協力してきました。また、さまざまな業界で複数のプロジェクトに携わった経験があることも意味します。その結果、オフショア・ソフトウェア企業は、相当な業界経験を蓄積してきました。 彼らは技術的により熟練しています。

彼らはそれらの経験の結果、プロジェクトに適切で柔軟な最先端のテクノロジーを使用することに熟達していきます。 アウトソーシングのもう1つの利点は、彼らのソフトウェア・エンジニアが専門知識を向上させるための継続的なトレーニングを受けることです。 プロジェクトに知識豊富なスペシャリストを継続的に提供することは有益です。 このため、彼らは最先端の技術であなたを支援し、熾烈な市場での競争優位に立つ一流の製品を提供することができます.

⑥開発チームの拡充

会社の発展の異なる機会の中で、リソースを拡大または縮小する必要が出て来ます。会社の運営やソフトウェア・プロジェクトに、常に同じリソースが必要になるとは限りません。プロジェクトの開発のいくつかの段階では、IT スペシャリストの大規模なチームが必要になります。 ただし、プロジェクトが大きくなりすぎると、開発チームの規模を縮小する必要が生じる場合があります。

開発チームの拡大と縮小に関連するコストは高いです。さらに、ITチームの管理は、思ったほど簡単ではありません。

このすべてをオフショア開発センター (ODC)にアウトソーシングすると、開発チームの作成に費やす時間、お金、およびエネルギーを削減できます。

オフショア・ソフトウェア開発のデメリット

①文化的なハードル

文化のギャップは、あなたを不快な状況に陥らせます。これを理解することで、仕様に従ってプロジェクトを作成する方法をより適切に計画できます。

これらの違いは、性別、宗教、文化、習慣、およびその他の要因の問題に見られる場合があり、考え方や労働倫理についても示唆しています。 特に国際市場でしばらくの間そこにあったいくつかのビジネスは、あなたにとってそれほど重要ではないかもしれません。ただし、彼らのポートフォリオに目を通し、彼らと一緒に仕事をしたことのある人から詳細やコメントを得ることは、このギャップを埋めるのに役立つかもしれません。

②データセキュリティ

企業は、外国へのアウトソーシングが目的を達成するための優れたアプローチであることだと思うかもしれません。ただし、機密情報について話し合う必要がある場合は、データを保護するために技術パートナーと法的文書に署名する必要があります。 NDA (機密保持契約)、セキュリティ・プロトコル、およびその他のセキュリティ・ドキュメントのベースで対応できます。

ただし、それでも事態が悪化する場合もあります。 必要なセキュリティ文書に署名したとしても、サイバー攻撃によって機密情報が漏えいする可能性があります。両者は、このリークが発生することを予期していませんでした。

したがって、オンショア、オフショア、ニアショアのいずれであっても、ソフトウェア・アウトソーシング・プロバイダーとの契約に署名する前に、ビジネス・チームと話し合い、データを保護できる明確なガイドラインとマイルストーンを含む計画を策定することに時間をかけた方が良いです。このやり方でソフトウェア・プロバイダーと共有できる情報と、非公開にする必要がある情報を決定できます。

なぜベトナムをオフショア開発先の目的地として選ぶ?

CMCは、AI拡張開発を通じて、クロスインダストリーのクライアントのビジネス変革に大きく貢献してきました。

情報技術の人材市場は、依然として日々活況を呈しています。 テクノロジーの世界で最も有名な企業には、中国、シンガポール、インド、ベトナム、ウクライナ、ポーランド、シンガポールの企業があります。サービスの質に関して言えば、これらの国はリストの一番上にあります。さらに、手頃な価格と、常にプロジェクトに専念しているエネルギッシュで若い労働者がいます。

ベトナムは着実に地歩を固めており、オフショア・ソフトウェア開発業界での競争優位な地位を確保してきています。 若くて業界に熱心な理想的な労働力の人口により、ベトナムは世界中のクライアントに、合理的なサービスコストとオフショア開発チームからの熱心な支援により、さまざまな国際レベルのプロジェクトを提供してきました。ベトナムは日本から約6時間の距離にあるため、オフショア開発をお考えのお客様に最適です。

①本当に競争力のある価格

アウトソーシングの主な目的はコストを削減することであるため、このオプションを検討する場合、アウトソーシング価格が低い国は当然有利になります。

インドは現在、世界で最も人気のあるアウトソーシングの場所です。 ただし、同等の高品質な製品と動員力と言う観点からみて、妥当な価格帯で比較すると、ベトナムの開発者はインドの開発者よりも 30%安いです。

②安定したパンデミック状況

数百万件を超えるCOVID-19 の事例が報告されており、パンデミックは世界中で何千人もの命を奪っています。 深刻な影響と破壊を被ったフィリピンは、東南アジアを中心に地域最大の感染地域となります。 幸いなことに、ベトナムはパンデミックの封じ込めに成功した国の 1 つです。

③テクノロジーを推進する政府

ベトナム政府は、「世界のワークショップ」の機能をはるかに超えて、代わりに堅実な技術的成功の基盤を築くことで、世界規模でのソフトウェア作成のリーダーと見なされる可能性を認めています.

ベトナム政府は、すべての学生に10 歳からコーディングとロジックを学習し始めるよう求めることを重視していますが、これは、国の人口と、同国が表す機会を認識した企業の両方に大きな利益をもたらし始めている戦略です。 先進国のすべての企業が深刻なスキル不足に苦しんでいます。

④若くてダイナミックな労働力

ベトナムの2250以上の高等教育機関が情報技術を教育しており、技術が国の経済の主要な柱であることが求められていることを考えると、毎年 40,000 人を超えるベトナムのソフトウェア専門家が卒業してこの分野に参入していることは驚くべきことではありません。

これは、2018年に35億米ドル相当のソフトウェアを輸出した既存のソフトウェア業界が年間約 20% 成長し、同期間にGDPが 7.1%増加したことを反映しています。 つまり、ベトナムは単なる技術国家ではなく、技術ハブなのです。

ベトナムは、2050 年までに世界の上位 20 位の経済圏にランクインすると予想されています。

より幸せなチーム、より幸せなクライアント、より良い製品、より良いビジネスなど、生産性の向上とスケーラブルなスキルの実装に加えて、ベトナムの技術力を活用する高品質のオフショアリングオペレーターと協力することにより、「起業家、エンジニア、および技術専門家の増加する人口」に直接アクセスする機会があります。

オフショア開発ベトナム企業を雇うためのヒント

①要件検討

研究とデータに基づくと、ベトナムは、オフショア開発者を雇うのに有益な地位を持っています。すべてのプロジェクトには、ビジネス・モデルと目標に適合するためのさまざまな要件があります。したがって、どこの国を最終的な選択肢として選択する前に、何を期待するかを理解する必要があります。

②リサーチ

リサーチは、将来の専任の開発チームの質を高めるための必須のステップです。 その上、数字とデータはあなたの手の届くところにあります。調査、ジャーナルのガイドライン、コンサルタントを最大限に活用して、分析手順を検証してください。 情報リソースを多様化するために、他の人から情報、アドバイス、ガイダンスを得ることを忘れないでください。

2024年にDX導入を検討されている貴社へ

CMC Japanは、ベトナム第二位のICTグループ「CMC グループ」の日本法人です。 30年にわたりCMCグループが培ってきた技術力やノウハウをもって、お客様のプロジェクトをサポートします。 当社の成功事例はこちらにご参照ください。

詳細に関しては以下のリンクよりご確認いただき、ご相談のご予約を承っております。

▶︎専門家と無料コンサルティング