クラウドアプリ
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

クラウドアプリとは?クラウドアプリの概要や開発手順について解説!

目次

はじめに

テクノロジー環境は、クラウドコンピューティングによって完全に変化しました。

人気を集めているアプリケーションの多くは、コンピュータやモバイルデバイス上のローカルではなく、インターネット上で動作するようになったのです。

この記事では、クラウドアプリの定義、クラウドアプリの特徴、なぜクラウドアプリが多くのビジネスにとって重要なのかを説明し、クラウドへの移行がなぜ注目されているのかを解説します。

クラウドアプリとは?

クラウドアプリとは、サーバーやデバイスのローカルなどではなく、クラウド環境で展開されるアプリケーションのことを指します。

アプリケーションのフロントエンド(ユーザーが操作する部分)は、アプリやWebブラウザでアクセスできますが、データの保存などのバックエンド(ユーザーには見えないサーバーでの処理を行うする部分)は、リモートサーバーで行われ、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)で処理されます。

クラウドアプリは、クラウドコンピューティングが持つ、低コスト、スケーラビリティ、信頼性、セキュリティなどのメリットをすべて備えています。

クラウドアプリの特徴

クラウドアプリの主な特徴は、次の5点です。

・アプリのデータはクラウドに保存され、一部はユーザーのデバイスにキャッシュされます。アプリを動作させるには、端末に一定の条件が必要です。

・情報をユーザーの端末に一時的に保持し、オフライン時にアクセスできるようにすることができます。ユーザーがインターネットに戻ったときには、アプリが更新され、オフラインで生成されたデータがクラウドストレージの場所にアップロードされます。

・スマートフォン、タブレット、ノートPCなど、インターネットに接続されたデバイスであれば、クラウドアプリにアクセスできます。デバイスに関係なく、ユーザーに同じように表示され、ブラウザの機能にも依存しません。

・データの暗号化、データの最適化、圧縮のほか、バックアップのスケジュールも選択できます。

・クラウドベースのアプリは、Webベースのアプリとは異なり、API統合によりサードパーティのクラウドサービスにアクセスでき、より簡単に変更することができます。

クラウドアプリの構成要素

クラウドアプリとは、処理ロジックとデータベースを、クライアントとサーバーの2つのシステムに分割して使用するソフトウェアです。

デスクトップやモバイル機器など、エンドユーザーのローカルハードウェア上で行われる処理もあれば、リモートサーバー上で行われる処理もあります。

クラウドアプリの最も一般的なメリットの一つは、データの大部分がリモートサーバーに保存されることです。クラウドアプリの中には、ローカルのストレージスペースをほとんど使用しない設計のものもあります。

ユーザーがクラウドアプリと通信するためには、WebブラウザやAPIが使用されます。

これらはクラウドアプリの基本原則ですが、クライアント側とサーバー側がどのように相互作用し、それがユーザーエクスペリエンスにどのように影響するかは、より複雑です。

クラウドアプリの種類

クラウドアプリには、次の3つのタイプがあります。

SaaS(Software-as-a-Service/ソフトウェア・アズ・ア・サービス)

クラウドベースのSaaSソリューションへのアクセスには、モバイルアプリとWebブラウザの両方が使用できます。ユーザーは、インストールや設定をすることなく、SaaSアプリケーションを利用することができます。インターネットのおかげで、世界中のどのデバイスからでもSaaSソリューションを利用できます。

サービスの効果率はインターネットの接続速度に左右されるため、ユーザーは高速なネットワークハードウェアに投資する必要がありますが、SaaSはソフトウェアを恒久的に購入したり、堅牢なオンプレミスのITインフラに投資したりする必要がないため、ユーザーの初期費用を削減できます。

Google DocsやMicrosoft Office 365などの消費者向けサービスはSaaSの一例であり、ほかに人事ソフトウェア、コンテンツ管理システム、顧客関係管理ツールなどの企業向けSaaSもあります。

PaaS(Platform-as-a-Service/プラットフォーム・アズ・ア・サービス)

PaaS(Platform-as-a-Service)とは、アプリケーションが必要とするインフラや環境を構築・維持することなく、アプリケーションの作成、実行、管理を行うことができるサービスです。これは、PaaSがハードウェアとアプリ・ソフトウェアのプラットフォームを第三者から提供することによるものです。

PaaSは、ハードウェアとアプリ・ソフトウェアのプラットフォームを第三者から提供するもので、プラットフォーム上のアプリケーションやデータを完全に管理することができるため、開発者にとって優れた選択肢となります。

Windows Azure、Heroku、OpenShiftなどは、PaaSのクラウドコンピューティングモデルを採用したサービスの一例です。

IaaS(Infrastructure-as-a-Service/インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)

サービスプロバイダーは、IaaSソリューションにより、パブリックまたはプライベートクラウドを介して、企業のインフラを管理します。インフラ自体は借り物で、APIやダッシュボードでアクセスすることができます。

オペレーティングシステム、アプリケーション、ミドルウェアなどはユーザーが管理し、ハードウェア、ネットワーク、ハードディスク、ストレージ、サーバー、さらには停電や修理、ハードウェアに関する懸念などは、AWSやMicrosoft Azureなどのプロバイダーが管理します。

クラウドアプリのメリット

クラウドアプリの主なメリットは、以下の5点です。

コスト削減

クラウドアプリの導入は、ITインフラへの先行投資がほとんどなく、短期間で完了します。

企業は、サーバーなどの機器を購入する費用だけでなく、その運用に伴う管理費、電力費、空調費、保守費などのコストも削減できます。

また、クラウドサービスは一般的に柔軟な料金体系を採用しており、企業は利用するストレージや容量に対してのみ料金を支払えば済みます。

利便性

クラウドサービスプロバイダーは、お客様のアプリケーションが高レベルのサービス稼働率と可用性を確保するためのインフラを備えており、予期せぬサービス停止の際には、すぐに利用可能なバックアップサーバーが用意されています。

柔軟性

オンサイトの物理的なリソースと需要が結びついていないため、ユーザーの需要に応じてクラウドサービスを拡大・縮小することが容易であり、開発者は必要のない容量に投資する必要がありません。

管理のしやすさ

クラウド・マネジメント・プラットフォーム(CMP)技術は、多数のクラウド環境におけるクラウドアプリやサービスの管理を効率化するために使用することができます。

CMPは、クラウド環境全体からデータを収集し、統合されたシステムに送り込むことで、ITスタッフが膨大なアプリケーションを使用してパフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンスを迅速に監視できるようにします。

スケーラビリティ

クラウドリソースにアクセスできるということは、オンサイトでは実用的ではない、より多くのコンピューティングパワーと帯域幅にアクセスできる可能性があることを意味します。

これは、信頼性とアップタイム(コンピューターが起動してからの連続稼働時間)の向上を意味します。

クラウドアプリ開発の手順

クラウドアプリ開発は、Webアプリケーションの開発ともモバイルアプリケーションの開発とも異なります。ただ、モバイルアプリ開発チームがクラウドソリューションを構築する際は、ユーザーが選んだサービスプロバイダーに依存します。

 

クラウドインフラストラクチャには、Amazon Web Service (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP)の3つのキープレイヤーがいます。

以下の記事で、その詳細を紹介しています。

アプリケーションやウェブの開発に中心するMobindustry社によると、クラウドアプリの開発には8つのステップがあります。そのほとんどは、通常のアプリケーション開発のプロセスと同様ですが、クラウド環境での作業については具体的な内容があります。

ステップ1:アプリのターゲット市場を調査

クラウドベースのモバイルアプリを設計する際には、まずターゲットとなるユーザーを考慮する必要があります。

ユーザーのニーズを理解することは、開発を容易にし、より質の高い最終製品を生み出すことにつながります。人口統計や行動パターンなど、潜在的なユーザーについてできる限りのことを学びましょう。

優れたモバイルアプリケーションを開発するためには、理想的なユーザー像であるユーザーペルソナを設定することをおすすめします。

ステップ2:開発チームの採用

次の段階では、協力してくれる開発チームを探すことになります。

開発の第一段階では、ビジネス分析、技術仕様書の作成、コスト見積もり、プロジェクト計画などが行われます。

開発チームは、アプリ開発の方法論を構築し、アプリの中核となる機能を選択し、アプリのコンセプトを設計してから、実際にモバイルアプリの作成に取りかかる必要があります。

 

その後、開発チームはプロジェクトのマイルストーンを設定し、POC(概念検証)またはMVP(Minimum Viable Product)の開発に着手します。

プロジェクトがパイロット段階にあるとき、長期的なプロジェクトに投資する前に、アイデアの可能性をテストするための手頃な方法を見つけることが必要です。

 

オフショアチームは、コストを削減し、効率性を実現するためのソリューションです。オフショアチームで概念検証を実行する方法については、こちらの記事で紹介しています。

ステップ3:アーキテクチャと機能の検討

アーキテクチャに関しては、高度なデータアーキテクチャを確立するのが良いでしょう。

従来のソリューションは常に信頼できるものですが、マイクロサービス・アーキテクチャは、クラウド・アプリケーションによく活用されています。

また、SaaS、PaaS、IaaSなどのサービスモデルは、構築するクラウドソリューションの種類に対応している必要があります。

ステップ4:アプリの開発に使用する技術を選択する

クラウドアプリを設計するためのツールを選択する際には、ニーズ、機能、デザインを考慮して、どの技術が製品に最適なのかという、専門家のアドバイスを受ける必要があります。

また、ソリューションを最新の状態に保つためには、アプリケーションの拡張性に注意を払う必要があります。

ステップ5:マネタイズモデルの選択

アプリケーションには、さまざまな収入源があります。ユーザーのニーズを知ることで、ユーザーが何にお金を払うのかを予測することができます。アプリをマネタイズする方法はたくさんあります。

アプリの収益化についての詳細な記事はこちらからご覧いただけます。

ステップ6:MVPの作成

クラウドベースのプログラムを開発するのは、大がかりで難しい作業です。

そのため、まずはMVP(Minimum Viable Product)を作成し、その技術的およびビジネス的なパフォーマンスを評価することをおすすめします。

MVP方式を採用すれば、人々が自分のアプリケーションの何を気に入っていて、何を嫌っているのかを把握することができるでしょう。そして、彼らの提案を考慮に入れてアプリケーションを改善できます。

ステップ7:徹底的にテストする

クラウドベースのアプリを作成する際には、テスト段階を設ける必要があります。

開発チームは、製品をリリースする前にテストを行い、製品に問題がないことを確認しなければなりません。

この段階では、アプリケーションが正しく機能しているか、ユーザーに快適な操作性を提供できているかを確認します。アプリケーションの開発は、設計、開発、テストなど多くの工程を経て完成します。

オフショアチームに開発プロセスを委託することで、社内のリソースを戦略などの立ち上げ準備に集中させることができます。ご希望のアプリケーションの構築についてのご相談は、こちらからお問い合わせください。

ステップ8:アプリを起動して最新の状態にする

開発したクラウドアプリは、App Store(iOS)とGoogle Play(Android)の両方でソフトウェアを公開することができます。

アプリストアの承認プロセスを迅速に行うため、Google Playでは自動テストを採用しています。

一方、App Storeのアプリ評価は人に委ねられており、検証者がアプリを承認しない場合は、具体的な調整が求められます。

また、著作権やプライバシーポリシーの作成には、時間と費用がかかることも念頭に置いてください。

リリースに成功することが最終ステップのように思えますが、そうではありません。ユーザーの動向を把握し、必要に応じてアプリを更新する必要があります。

クラウドアプリ開発の課題

優れたクラウドアプリを構築するためには、次の4つの要件を満たす必要があります。

深い知識

クラウドアプリを作成する際は、プログラマー、データアーキテクト、デザイナー、品質保証担当者が密接に連携する必要があります。

また、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Force.com、Apache CloudStackなど、さまざまなクラウドプラットフォームを開発者が熟知する必要があります。

さらに、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)やCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)についても考えなければなりません。

柔軟性

開発チームは、最終製品のスケーラビリティを考慮する必要があります。

企業がデータをクラウドに保管することを選択する主な理由の1つは、短期間でも拡張が容易なことだからです。

費用

クラウドアプリは、理論的にはどのような規模にも対応できますが、クラウドホスティングは無料ではありません。

開発の最優先事項は、ユーザーのリクエストを集中させ、データサイズを小さくすることです。

安全性

ユーザーにアプリを使ってもらうためには、データの安全性を確保する必要がありますが、単一のデータストアを持たないクラウド技術を使用する場合は、必ずしも容易ではありません。

そのため、アプリのコードベースはほかの情報とは別に管理する必要があります。

クラウドアプリ開発の留意点

クラウドアプリの開発をスムーズに進めるために、以下の点に注意してください。

クラウド展開に適したアプリケーションを知る

レガシーシステムは、クラウドへの移行を前提に設計されているわけではありません。

また、複雑なアプリケーションの場合、クラウドベースのアプローチに移行するためには、全面的な書き換えが必要になります。

既存のインフラのすべてが簡単にクラウドに移行できるわけではありませんが、既存のアプリケーションを再構築する労力が正当化される場合もあります。

IT部門は、アプリケーションをクラウドに展開するために、どのような変更が必要かを判断するために、調査を行う必要があります。

ニーズに合わせて最適なデプロイメントモデル※を選択

クラウドアプリを新たに導入するたびに、IT組織はそのアプリケーションをどのようにホストすべきかを決定する必要があります。

プライベートクラウド環境を利用すると、可変データ機能に関連するコスト削減効果を利用できず、企業がオンサイトでインフラをホストする必要があるため、コストが高くなります。

一方、パブリッククラウドサービスは最も費用対効果に優れていますが、最も機密性の高いデータを扱う場合には最適な選択肢ではないかもしれません。

クラウド・アプリケーションを導入する際には、プライバシー、安全性、費用のすべてが重要な検討事項となります。

※デプロイメントモデル…クラウドコンピューティングの分類方法の一種で、パブリッククラウド(Public cloud)、プライベートクラウド(Private cloud)、ハイブリッドクラウド(Hybrid cloud)、コミュニティクラウド(Community cloud)がある。

アプリケーションパフォーマンスの変化に対応

企業は、アプリケーションをクラウドに展開する前に、従来のデータセンター環境でアプリケーションのパフォーマンスをベンチマークし、最低限の許容基準を決定する必要があります。

クラウド環境はローカルサーバーとは異なるため、新たに導入したクラウドアプリのパフォーマンスを追跡し、最適化する必要があります。

クラウドアプリの新しいモニタリングツールへの投資

従来のIT環境では監視ツールがあれば十分でしたが、クラウドではそれでは効果がありません。クラウドアプリの新しいモニタリングツールに投資しましょう。

クラウド・マネジメント・プラットフォーム(CMP)は、企業がすべてのクラウドシステムにおけるセキュリティ脅威、コンプライアンスの状況、アプリケーションのパフォーマンスを把握するための専用の監視ツールです。

まとめ

クラウドアプリは、従来のアプリケーションとは異なります。

アプリケーション開発のプロセスは変わりませんが、クラウドアプリを構築するには、クラウドのインフラ、プラットフォーム、テクノロジーに関する特定の知識が必要です。

もし、自社のアイデアがクラウドアプリに適しているかどうかを知りたいのであれば、当社、CMC Japanのようなクラウドのプロに相談するのがおすすめです。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【お役立ち資料】クラウドマイグレーションを実現する6つの戦略

DXのクラウドマイグレーションを検討する方が概要と

概念・具体の方法・メリツト を知ることができます。

クラウドアプリ開発の費用削減・効率向上なら、
ベトナムオフショア開発がおすすめ!

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next

アフター/ウイズコロナの開発リソース支援なら、CMC Japan

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。

出典:

SumologicSumologic「クラウドアプリ」https://www.sumologic.com/glossary/cloud-application/(アクセス日時:2021年2月9日11時32分)

Mobindustry「クラウドベースのアプリケーションの作り方」https://www.mobindustry.net/blog/how-to-make-a-cloud-based-application-an-ultimate-guide/(アクセス日時:2021年2月9日11時35分)

Lanars「クラウド型アプリケーション開発について知っておくべきこと」https://lanars.com/blog/cloud-based-applications-development(アクセス日時:2021年2月9日11時37分)

Redhat「クラウドアプリとは」https://www.redhat.com/en/topics/cloud-native-apps/what-are-cloud-applications(アクセス日時:2021年2月9日11時38分)

Business Insider「クラウドアプリケーションとは?インターネット上のソフトウェアについて知っておくべきことをご紹介します」https://www.businessinsider.com/what-is-a-cloud-application(アクセス日時:2021年2月9日11時40分)