オフショア企業
Facebook
Twitter
LinkedIn

"炎上しない"オフショア開発企業の正しい選び方とは?

目次

はじめに

ソフトウェア開発において、適切なオフショア開発企業を見つけることは、困難な作業です。

最終的な決断を出す前に、評価しなければならない変数がたくさんあるため、焦らずじっくりと検討しましょう。

この記事では、プロジェクトに最適なベンダーを見つけるために実行できる工程を、フェーズごとにご紹介いたします。

関連記事

フェーズ1:オフショア開発パートナー候補を洗い出すための3つのステップ

ソフトウェア開発のオフショアプロジェクトに成功した企業は、適切なベンダーを選ぶために、まず自分たちのニーズを理解することから始めます。

そこで、答えなければならない重要な質問が2つあります。

・何が必要か?

・誰がそれを与えてくれるのか?

これらの質問に答えるためには、プロジェクトにどのようなニーズがあり、適切なベンダーにどのような品質を期待するかを考える必要があります。

そのためには、次の3つの簡単なステップを踏むと良いでしょう。

ステップ1:自分自身のビジネス戦略と目標を明確にする

長期的な技術パートナーをお探しですか?それとも、オンデマンドの短期的なサポートをお考えですか?

まず、なぜソフトウェアのオフショア開発パートナーを探すのかを考えてみましょう。

・長期的な技術パートナーを探しているのか?

・アプリ開発プロジェクトなど、短期的なニーズでベンダーを探していのるか?

次に、最終的な目標を理解することで、それを明確にすることができます。

・プロジェクト内でのベンダーの役割は何か?

・どのように協力していくのか?

・ベンダーと協働するために、自社の誰が担当者になるのか?

ステップ2:最も可能性の高いオフショア開発企業の会社概要を調査する

ベンダーのリストは無限大なので、そこから絞り込んで、最も自分に合うものをいくつか選ぶ必要があります。

ITベンダーのスタック、プロジェクト実績、専門知識の幅を調べるまでは、表面的には同じように良く見えるかもしれません。

ここでは、最も可能性の高いベンダーを選び出す方法を紹介します。

技術的な専門性

ニーズに適した技術的専門性(特定のプログラミング言語、フレームワーク、モバイル開発能力など)を持つベンダーを探します。

技術的な習熟度

必要とする特定のタイプのソフトウェア(CRM、ERM、CMSなど)の経験を持つベンダーを見つけます。幅広い先進的なツールを使用する開発チームと協力することは有益ですが、より狭い範囲でより特定のスキルを持つベンダーと協力することは、より有利になる可能性があります。

たとえば、強力なフロントエンドチームは、あまり集中していないフルスタックグループよりも、再設計によく対応できます。そのため、特定のプログラミング言語、フレームワーク、モバイル開発能力など、ニーズに適した技術的専門性を持つベンダーとの協力がおすすめです。

実績

ドメイン固有の知識を持つベンダーを探します(例:金融テクノロジー)。

業界で経験を積んだベンダーと仕事をすると、技術的な専門知識だけでなく、過去のプロジェクトから学んだノウハウも提供してもらえるため、より簡単になります。

ステップ3:必須項目の優先順位を決める

候補業者の長いリストを手に入れたら、引き続き、必須項目の優先順位をつけて絞り込んでいく必要があります。

なぜなら、あるベンダーはほかのベンダーよりも規模が大きくても、プロジェクトにとって最も重要な分野では弱い可能性があるからです。

ここで迷わないために、MoSCoWの意思決定フレームワークを活用しましょう。

(M)Must-have:チームにとって必須の、譲れない製品ニーズ。

(S)Should-have:持つべきもの。不可欠ではないが、大きな価値をもたらす重要な取り組み。

(C)Could-have:あると嬉しいが、省いても影響が小さいもの。

(W)Will-not-have:特定の時間枠において優先されないもの。

フェーズ2:最適なオフショア開発パートナーを決定するための6つのステップ

この時点で、最適と思われるオフショア開発企業が数社に絞られたことになります。

しかし、オンラインチャネルで提供される情報だけでは、どれがベストな選択なのか分からないことも多いので、直接、コミュニケーションを取る必要があります。

徹底的な分析を行えるように、最適なソフトウェア・オフショア開発・ベンダーの選択肢を2、3社に絞ることです。

ソフトウェア・ソリューションを支えるのに重要なのは「人」です。

これからは、インターネット上での調査だけで判断するのではなく、その会社の人について理解する重要があります。実際に会ってみて、本当に合うかどうかを見極めることほど、ベンダーについて理解するのに役立つものはないでしょう。

もし、近くにオフィスがあるのなら、オフィスを訪れるのがベストな方法です。それが不可能な場合は、オンライン会議が最適な選択肢となります。

素晴らしいソフトウェア開発ベンダーに話を聞いてみましょう。ここでは、決断する前に必要なすべての情報を得るための6つのステップを紹介します。

ステップ1:オフショア開発企業の専門実績について聞く

ここでは、候補となるベンダーの経験値を調べる方法を紹介します。

事例集を研究する

過去のプロジェクトのケーススタディを読んだり、その概要を教えてもらったりしましょう。

モックアップや大手企業のロゴは、ちょうど表示されたクライアントのために、その会社がいくつかのマイナーな仕事に対応しただけだという事実を隠しているかもしれません。したがって、質問に集中してください。

より深く掘り下げる

自社が検討しているプロジェクトに類似するものを見つけたら、ベンダーに詳細を尋ねてください。

レビューを見る

口コミサイトに掲載されているお客様の声や、パートナーのYouTubeチャンネルに掲載されているビデオレビューを調べると、クライアントとどのように向き合っているのかがよくわかります。

そのオフショア開発企業が作成したコンテンツの品質

信頼できる有能なベンダーは、自分たちの専門性を証明するために、扱っている分野で役に立つ有益なコンテンツを作成する傾向があります。

このことを念頭に置きながら彼らのブログを閲覧することで、そのベンダーが本当に有能であるかどうかを確認することができます。

ステップ2:技術力を評価する

次のステップは、ベンダーの技術スタック、アーキテクチャ、インフラストラクチャへの対応能力を確認することです。

自社の社内チームとの継続的なコミュニケーションが重要な場合は、オフショア開発者にテストプロジェクトを実施させ、社内チームとの協力を評価する必要があります。

ステップ3:ソフトウェア開発プロセスの実用性を評価する

高品質な成果のためには、厳格に守られたプロセスが必要です。そのため、候補となるベンダーのソフトウェア開発のワークフローを分析し、その品質とニーズにどれだけ適しているかを判断する必要があります。

・ベンダーのいうプロセスとは何か?ソフトウェア開発工程の各ステージに正確なルールはあるか?

・プロセスは自社で使用しているものと一致しているか?たとえば、日々のコミュニケーションが必要な場合、そのプロセスはそれを保証してくれるのか?また、進捗状況やすべての成果物をモニタリングする必要がある場合、そのためのツールやレポート、その他の手段を提供してくれるか?

・ベンダーはどのような品質保証プロセス、標準、ツールを使用しているか?

ステップ4:開発プロジェクトの安定性・安全性を評価する

長期的なパートナーを探している場合は、そのベンダーが十分に信頼できるかどうかを見極めましょう。

・そのソフトウェア開発会社は、そのプロセスや方針について率直で透明性があるか? 

・担当者と連絡が取りやすいか?担当者が決まっていて、要望があればすぐに対応してくれるか?

・ソフトウェア開発業界で有名な会社か?公式サイト以外のインターネット上で彼らに関する記事を見つけることができるか?

ステップ5:自社チームとオフショアチームとの雰囲気を評価する

関係者全員が楽しんで仕事をすることが不可欠です。信頼感を共有できなければ、どんなに専門性の高いチームであっても、プロジェクトは失敗に終わる可能性があります。

オフショア開発チームを導入しようとするとき、多くのプロジェクトでは途中でトラブルが発生する可能性があります。人間関係が強ければ、両チームが何日も手を取り合って、納期を守るために努力できます。

また、相談できる相手は、営業担当者やアカウントマネージャーだけではありません。開発者、部門長、プロジェクトマネージャー、そして深刻な問題に直面した場合にはCTO(最高技術責任者)やCEO(最高経営責任者)にさえも直接話ができるベンダーを選ぶようにしましょう。

ステップ6:自社の営業プロセスを評価する

オフショア開発企業の契約交渉を観察すると、そのベンダーのビジネス能力を知ることができます。プロジェクトがどのように終了するか、また、ベンダーが契約違反を深刻に受け止めているかどうかを示すサインに常に気を配ってください。

・オフショア開発企業の営業プロセスについて、どのように感じているか?かなり非人間的で取引だと感じるか?それとも、理解を共有するビジネス関係のように感じるか?

・最初から、ベンダーが会社やプロジェクトについて知ろうとする姿勢があるか?非現実的な要求に対してアドバイスや拒否をするか?あるいは、価格設定を急がせる受け身な対応をするか?

・プロジェクトの責任者は営業に携わっているか?この段階で、PMや開発者など、会社のキーパーソン候補と話をすることは可能か?

まとめ

信頼できる有能なベンダーは、いつも顧客中心(Customer-Centric)のマインドセットでサービスを提供します。

そのため、オフショア開発企業を評価する際に重要なのは、悩みを表明し、その悩みにどう対処するかをベンダーに尋ねることです。

そうすれば、最終的にはプロジェクトに最適なベンダーを見つけられるでしょう。

CMC Japanについて

ベトナム第2位のICT企業である当社、CMCグループは、ベトナム政府主導の新型コロナウイルス対策に準拠し、ハノイおよび、ダナン・ホーチミン市の3拠点で、オフショア開発を継続して提供しています。

中長期的なリソース計画や開発コストの最適化をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社は日本のお客様に「止まらない、持続可能な開発」をベトナムオフショア開発で支援しています。

【動画】【2022年版】2分でわかる!オフショア開発とは?

ベトナムオフショア開発の活用で、コスト「60%」削減!! & 開発期間「1/2」短縮を実現できた事例をご紹介!

高品質なオフショア開発なら当社にお任せ!
【お役立ち資料】 ベトナムオフショア開発入門書
資料ダウンロード

資料は下記のフォームを送信して頂くと完了画面またはメールにてダウン口一ドできます

Previous
Next
顧客ニーズを第一に、ベトナム上場企業によるオフショア開発
Facebook
Twitter
LinkedIn
この記事を書いた人
この記事を書いた人

Hien(ヒエン)
ベトナムハノイ貿易大学のビジネス日本語学部卒。2018年に東京でインターンシップ、その後4年間マーケティング業務に従事。「マーケティングで、社会を変える奇跡を作る」ことを目標に、2020年からはB2B市場を中心に活動。趣味は自己改善、読書、座禅。